「明治を選んで良かった」1点及ばず、大学選手権準優勝・明治大LO古川満キャプテン | Rugby Japan 365

「明治を選んで良かった」1点及ばず、大学選手権準優勝・明治大LO古川満キャプテン

2018/01/07

文●編集部


20−21。19シーズンぶりに大学選手権ファイナルに進出した明治大は帝京大の9連覇を阻止することはできなかった。LO古川満主将は試合後、あふれる涙と時折見せる笑顔で最後までチームのメンバーをまとめあげた。

セットプレーとディフェンスとブレイクダウン、この3つにフォーカスをしてゲームに臨んだのですが、セットプレーのところでミスがあったり、ブレイクダウンは良かった部分もありましたがペナルティーを取られてしまったところもありました。

自分たちが決めたことを80分間できなかったことが、今日の敗因だと思います。届かなかった1点を後輩たちに託して、必ず勝てるように、僕らまだ卒業しないので、部に残って後輩たちに出来ることがあれば、しっかりと残せるものがあれば残して、いい文化を続けていきたい。

後半、2人目のサポートが少し甘くなった。ただ、積極的にいくことが勝利の近道だと思っていた。

バックスタンドに深く礼をする明大の古川主将

バックスタンドに深く礼をする明大の古川主将

(一番足りなかったことは?)

気持ちも良かったですし、そういうところでは全く引けを取らなかったと思います。ゲームのポイントとなる場面でのミスが中々流れに乗れなかった原因かなと思います。


(ハーフタイムでの指示)

後半の入りは帝京大学さんはどのチームに対しても狙ってくるところなので、リードはしているけど「0−0」という思いで、固く、メイジのラグビーをしていこうという話をしました。


(後半ペナルティーが多くなった)

自分たちの2人目のサポートが少し甘くなってしまいました。あと一つはボールキャリーが倒れた後、ワンアクションで自分たちの方にボールをコントロールしなければいけないのですが、そういうところが帝京大学さんの2人目のファイトによって、中々できずに絡まれてしまった。そこはプレーの質が落ちたのかなと思います。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ