創部100周年の節目に王座奪還を!早稲田 チームの中心選手に成長した3選手に訊く―SO岸岡、SH齋藤、CTB中野 | Rugby Japan 365

創部100周年の節目に王座奪還を!早稲田 チームの中心選手に成長した3選手に訊く―SO岸岡、SH齋藤、CTB中野

2018/09/11

文●編集部


創部100周年の早稲田大学は対抗戦の初戦で筑波大に快勝。最高のスタートを切った。1年生からレギュラーとして試合に出場している、SO岸岡智樹、SH齋藤直人、そしてCTB中野将伍。トップリーグ・サントリーに「国内留学」をしていた齋藤と中野。齋藤は、NDS、サンウルブズに招集され、世界のトップレベルを経験し、日本代表校選手としても名を連ねている。初戦を終え、この3選手に話を訊いた。

「キックオプションの判断はチームも自分も間違っていなかった。あとはスキルの部分」SO岸岡智樹

前半蹴りすぎて怒られました。蹴るのはいいけど、飛ばしすぎたと。キックを蹴るまでの流れのオプションや判断はチームとしても自分としても間違っていなかった。あとは個人スキルの部分と、環境に合わせるだけかなと思います。

(齋藤、中野と)2年間、実績のある選手が戻ってくれた。(春は)あいつらが戻って来たら……という思いもみんなの心にあったと思います。ただ彼らが戻ってきても夏合宿の初戦は敗戦しましたし、まだまだだなという気持ちもありました。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ