関東大学対抗戦・全勝対決は堅守が光った帝京大が明治大に勝利 | ラグビージャパン365

関東大学対抗戦・全勝対決は堅守が光った帝京大が明治大に勝利

2011/11/21

文●斉藤健仁


11月20日(日)、東京・秩父宮ラグビー場では関東大学対抗戦Aの全勝対決は、大学選手権2連覇中の帝京大が明治大を17−8で下した。帝京大が慶應義塾大、早稲田大、明治大の3校から勝利を挙げたのは初めて。

今シーズンから関東大学対抗戦は勝敗数が並んだ場合は同順位とすると明文化。そのため、筑波大が帝京大に勝ち、明治大が早稲田大に勝利した場合は同順位(6勝1敗で1位)となる(ただし大学選手権に出場するための順位付けはするという)。


先制したのは明治。前半8分、SO染山茂範(3年)がPGを決めて0-3。前半14分、帝京はゴール前ラインアウトからFL松永浩平(3年)がサイド攻撃、最後はフォローしたHO白隆尚(4年)が飛び込み、ゴールも決まって7-3。32分にSO森田佳寿(4年)がPGを決めて10-3で前半を折り返す。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ