関東協会100周年記念試合・女子セブンズ対抗戦選抜 vs リーグ戦選抜 | ラグビージャパン365

関東協会100周年記念試合・女子セブンズ対抗戦選抜 vs リーグ戦選抜

2024/07/02

文●大友信彦


6月30日、関東ラグビーフットボール協会創立100周年記念試合として、女子の対抗戦選抜とリーグ戦選抜による交流試合が行われた。

2017年の関東大学オールスターで実施された女子セブンズは対抗戦が日体大、リーグ戦がグレースの単独チームによる対戦、2018年の関東大学オールスターで実施された女子セブンズは「リーグ戦対抗戦選抜対日体大B」だったが、今回は各選手の所属チームではなく所属大学によって振り分け。

筑波大在学で流通経済大グレース所属の城遥花が対抗戦選抜に入ってグレースのチームメイトと、東京山九フェニックス所属で立大に通う塩谷結と野澤友歩、帝京大に通う山本侑衣菜は対抗戦選抜に、法大に通う石田茉央と中島涼香はリーグ戦選抜に分かれ、普段は敵として戦う相手と仲間となり、普段はともに練習するチームメイトを相手に、この日だけのスペシャルチームを作って戦った。


メンバーリストは以下の通り。

対抗戦選抜

対抗戦選抜

対抗戦選抜



1塩谷結(立大4年/東京山九フェニックス)
2寺谷芽生(早大3年/早大ラグビー部女子)
3城遥花(筑波大3年/龍ケ崎グレース)
4水野小暖(日体大2年/日体大ラグビー部女子)
5上野花珠(筑波大1年/横河武蔵野アルテミ・スターズ)
6岡本美優(早大2年/早大ラグビー部女子)
7西舞衣子(筑波大3年/横河武蔵野アルテミ・スターズ)
8橋本佳乃(日体大1年/日体大ラグビー部女子)
9大内田夏月(日体大4年/日体大ラグビー部女子)
10山本侑衣菜(帝京大2年/東京山九フェニックス)
11唯野文香(明学大2年/湘南ベルマーレ)
12野澤友歩(立大1年/東京山九フェニックス)


リーグ戦選抜

リーグ戦選抜

リーグ戦選抜



1冨岡日和(流経大2年/龍ケ崎グレース)
2上田芽生(中大4年/ブレイブルーヴ)
3安井ノエル(流経大4年/龍ケ崎グレース)
4内山華蓮(流経大3年/龍ケ崎グレース
5麻田瑞月(流経大4年/龍ケ崎グレース)
6石田茉央(法大4年/東京山九フェニックス)
7中島涼香(法大4年/東京山九フェニックス)
8加藤璃子(立正大1年/アルカス熊谷)
9農山紗叶(立正大3年/アルカス熊谷)
10堀尾結愛(流経大4年/龍ケ崎グレース)
11土井美咲(順天堂大4年/龍ケ崎グレース)
12宮本和(流経大2年/龍ケ崎グレース)

試合は前半、リーグ戦選抜が対抗戦選抜のゴール前に攻め込むが、リーグ戦選抜の冨岡日和(流経大)が相手のパスに手を出した際にデリバレートノックオンと判定されイエローカード。このPKでスクラムを選択した対抗戦選抜は、自陣深くから岡本美優―大内田夏月で仕掛け、フリーでボールをもらった日体大1年生の橋本佳乃が左サイドを約70m独走して先制トライ。

対抗戦・塩谷とリーグ戦・石田の両主将を先頭に入場

対抗戦・塩谷とリーグ戦・石田の両主将を先頭に入場


対抗戦の大内田(左)が自陣からアタック

対抗戦の大内田(左)が自陣からアタック


対抗戦の橋本が左を独走して先制トライ

対抗戦の橋本が左を独走して先制トライ



5分にも対抗戦選抜は岡本のキャリーを起点に大内田がタックルに耐えて前進し、右サイドでパスを受けた野澤友歩がトライ。


対抗戦の岡本がゴール前へ

対抗戦の岡本がゴール前へ


野澤友歩がトライ

野澤友歩がトライ




勢いに乗った対抗戦選抜は7分にも大内田の仕掛けから橋本がトライ。15-0とリードすると、8分にも相手ゴール前に攻め込み、PKから大内田が仕掛け、⑧橋本から再びパスを受けた大内田がトライ。

再三トライチャンスを作った対抗戦の大内田

再三トライチャンスを作った対抗戦の大内田


橋本がトライ

橋本がトライ


前半9分、対抗戦大内田がトライ

前半9分、対抗戦大内田がトライ


リードして折り返し笑顔の対抗戦

リードして折り返し笑顔の対抗戦




前半は対抗戦選抜が20-0と大きくリードした。


後半、反撃したいリーグ戦選抜だったが、対抗戦選抜が厳しいディフェンスでボールを奪っては攻め込み、敵陣ステイに成功。6分にリーグ戦選抜のゴール前ラインアウトでFKをもらうとクイックスタートし、⑧橋本がハットトリックとなる3トライ目。25-0と対抗戦が大きくリードする。

リーグ戦は自陣をなかなか脱出できず

リーグ戦は自陣をなかなか脱出できず



対抗戦③城はグレースのチームメイト相手に奮闘

対抗戦③城はグレースのチームメイト相手に奮闘



零封は逃れたいリーグ戦選抜は後半ロスタイム、自陣ゴール前に攻め込まれながら必死に反撃を試み、石田茉央が果敢にアタックに出ると加藤璃子が大きくゲイン。さらに上田芽生、麻田瑞月がパスを繋ぎ、左サイドハーフウェー付近でパスを受けた安井ノエルが約50mを快走して中央にトライ。

後半ロスタイム、リーグ戦は自陣深くから石田茉央がアタック

後半ロスタイム、リーグ戦は自陣深くから石田茉央がアタック


リーグ戦麻田瑞月が前進

リーグ戦麻田瑞月が前進


リーグ戦 加藤璃子が大きくゲイン

リーグ戦 加藤璃子が大きくゲイン


リーグ戦 麻田瑞月の仕掛けから

リーグ戦 麻田瑞月の仕掛けから


左サイドを安井ノエルが疾走

左サイドを安井ノエルが疾走



安井がそのまま回り込んでトライ

安井がそのまま回り込んでトライ



麻田がコンバージョンキックを決める

麻田がコンバージョンキックを決める



完封負けを免れると、麻田がコンバージョンを成功。リーグ戦選抜が7点を返したところで牧野円レフリーはノーサイドを宣告。対抗戦選抜が25-7で勝利し、試合は終わった。


互いの健闘をたたえ合う

互いの健闘をたたえ合う


対抗戦選抜集合

対抗戦選抜集合


リーグ戦選抜集合

リーグ戦選抜集合



シャッフル!

シャッフル!


グレース集合

グレース集合


ルーヴ、アルテミ集合

ルーヴ、アルテミ集合


フェニックス集合

フェニックス集合


早稲田

早稲田



トライをあげた日体大・橋本

トライをあげた日体大・橋本



大友信彦
(おおとものぶひこ)

1962年宮城県気仙沼市生まれ。気仙沼高校から早稲田大学第二文学部卒業。1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』(文藝春秋)で活動。’87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

プロフィールページへ


 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ