「リジリエンスが一番試される試合」ロシア戦を前に―FLリーチ マイケルキャプテン | Rugby Japan 365

「リジリエンスが一番試される試合」ロシア戦を前に―FLリーチ マイケルキャプテン

2018/11/24

文●編集部


いよいよ秋のテストマッチ4連戦も最終戦のロシア代表との戦いを残すばかり。ラグビー日本代表は試合会場となる、グロスター・キングズフォルムスタジアムで前日練習を行った。2015年ラグビーワールドカップではアメリカ代表との最終戦を戦った場所だ。リーチ マイケルキャプテンがロシア戦の位置づけとこの6週間を振り返った。

梶村や堀越など新しいメンバーがチームにエナジーを与えてくれている

2015年、キングスホルム、エディージャパン集大成のアメリカ戦。田中史朗と健闘を称えるルーク・トンプソン

2015年、キングスホルム、エディージャパン集大成のアメリカ戦。田中史朗と健闘を称えるルーク・トンプソン

――ワールドカップから3年ぶりにこのスタジアムにきました。


懐かしい感じですね。ここで3試合やりましたし、ワールドカップ最後の試合もここでした。ロッカールームにいったら前回いた、ルーク・トンプソンがいたり(ホラニ龍)コリニアシがいたり、(廣瀬)俊朗がいたことを思い出しました。今のメンバーは全く違うメンバーですね。


――ロシア戦は「一番大切な試合」と言い続けてきました。


新しい選手がメンバーに入ってきて、初キャップの選手がいて、梶村とホリ(堀越)。彼らが入ってきてチームに元気を与えてくれています。準備はいい準備ができています。疲労が溜まっている中でもやるべきことをやってきたし、ブレイクダウンも、モールもモールディフェンスもしっかりやってきました。


――ロシア戦で、日本チームが求められるものとは

スピードですね。ロシア戦の大事なことは相手のスピードに付き合わないこと。遅いチームとやると自分たちも遅くなって、日本の強みが出せなくなることがある。相手に付き合わず、どんどんスピードをあげていくことが大事です。


――2019年にむけてこの試合が重要だという理由は?

先週、80,000人を超える大きなスタジアムで、イングランドというティア1の強豪と試合をしました。そしてロシアはティア2のチームでかつ、小さなスタジアムでの試合です。環境が大きく変わる中で、メンタルの準備が必要になる。この試合に結果を残すことが2019年のワールドカップにおいても大切です。


――ちなみに日本での観客数はどのくらい?(外国人記者からの質問)

こちらの試合の半分くらい(笑)。オールブラックスとの試合では最も多くの観客がスタジアムに訪れました。日本でもワールドカップ開催を控え、ラグビーが徐々に盛り上がってきています。

――ロシアは体格が大きいチームです。


相手の強みはスクラム、モール、ブレイクダウンまわり。でかいFW。それさえ止めれば、なんとかなると思います。とてもフィジカルな勝負になると思います。


――いろんな位置づけのある試合ですが、個人的にはロシア戦はどんな意味のある試合ですか?


前の合宿から「レジリエンス(Resilience)→気持ちを切らせない」という言葉がありました。(ロシアは)今まで勝ってきたチームですし、トゥイッケナムからこのスタジアムに来て、疲労が溜まって新しい選手が出場したり、ここで一番、リジリエンスを見せなくてはならない状況ですし、それを試せる試合だと思います。

――イングランド戦では地元紙で高い評価を受けていました。今、好調の理由は? またさきほど疲労が溜まっていると言われました。ジョセフHCは「そんなものはない」と言っていましたけど。


自然と疲労はたまりますよ(笑)。好調な理由は…。S&C(ストレングス&コンディショニング)とはよくコミュニケーションしていますし、すごく高いレベルで練習しています。あとは責任感が強くなってきました。ワールドカップが近づいてくるにあたり、日本代表が強くなるために何をしたらいいのか。まずはキャプテンが強くならなければならないと思ってやってます。


――宮崎から6週間、チームとして成長した部分は。


チームとして成長したことは、ゲームのコントロールの意識が変わってきたこと。スキルとフィットネスとフィジカルで負けているわけではない中で、試合中の判断、動き出しの一番最初の(プレー)判断の部分が、一番成長できたかなと思います。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ