「前回より準備ができている」リーチ・マイケル 日本代表候補選手総勢27名でキャンプが始動 | ラグビージャパン365

「前回より準備ができている」リーチ・マイケル 日本代表候補選手総勢27名でキャンプが始動

2019/02/04

文●斉藤健仁


2月4日(月)、9月に開幕するラグビーワールドカップを控えて、東京都町田市でラグビー日本代表候補選手であるRWCTS(ラグビーワールドカップ・トレーニング・スコッド)がキャンプを本格的にスタートさせた。

参加したのは昨年12月の第3次RWCTSのメンバー、さらにカップ戦などのパフォーマンスで追加されたNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)の合計27名で、ケガのためリハビリ中のHO堀江翔太、CTBラファエレ ティモシー、WTBレメキ ロマノ ラヴァの3名も急遽、参加した。

 

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ