「復帰のタイミングはかなり良かった。ワールドカップまでエネルギー、もっていける」2017代表ツアーを振り返る・リーチマイケルキャプテン | Rugby Japan 365

「復帰のタイミングはかなり良かった。ワールドカップまでエネルギー、もっていける」2017代表ツアーを振り返る・リーチマイケルキャプテン

2017/11/28

文●編集部


欧州遠征を終えた、ラグビー日本代表は27日帰国した。ジェイミー・ジョセフヘッドコーチとリーチ マイケルキャプテンが、10月の世界選抜戦からスタートした代表ツアーを総括した。

チームに一体感。ノンメンバーが分析「for the team 」


――ツアーを振り返って。


チームがより一体感持って、成長できた遠征でした。チームのカルチャーが見えてきて、戦術理解や理解する努力も高まってきて、ノンメンバーが相手のディフェンスを分析したり、一生懸命練習したりして自分たちのやりやすいイメージを作ってくれた。成長した感じがします。

試合に勝ったし、プロセスが結果につながって、みんな(やっているラグビーを)信じはじめている。

――ノンメンバーでは誰が分析したりしてくれたのか? キャプテンが言い出したのか。


僕が言い出したのではなく、日野がノンメンバーが多かったが、彼が先頭にいろいろ動いたり、谷田部さんと徳永だったり。ずっと前からフォー・ザ・チーム(for the team)でいろいろやってくれていたが、今回、ずっといっしょにいる時間が長かったので(そういうことをしてくれた)。


プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ