イタリア代表戦前日練習後コメント・リーチ マイケルキャプテン「一発目に勝つ!」 | Rugby Japan 365

イタリア代表戦前日練習後コメント・リーチ マイケルキャプテン「一発目に勝つ!」

2018/06/08

文●斉藤健仁


8日、翌日のイタリア代表戦を前にキャプテンズランを行ったラグビー日本代表。リーチ マイケルキャプテンはテストマッチの1試合目の重要性を改めて語った。


――キャプテンズランは、走りながらの全体練習ではなく、歩きながらの確認でした。


先週はかなりハイインテンシティで練習して、選手の中で疲労がたまっていたので(走っての練習から歩いての戦術確認へ)変えました。リーダー陣に伝えて、みんな「ウォークにしましょう」となりました。週のはじめはコーチ陣が指導して、後半になると選手がリードします。


――温泉には入りましたか?


来てから4回入りました! みんな疲労がたまっているから温泉入ってリカバリーしてあとはやるだけ。宮崎からここまで同じことやっているから、目をつぶってできるくらいです(笑)。理解してあとはやるだけ。体もフレッシュな状態です。


プラムツリーDFコーチと話すリーチ(写真は府中での合宿)

プラムツリーDFコーチと話すリーチ(写真は府中での合宿)

――イタリア代表戦のゲームプランは?


テストマッチはいつも自分たちよりでかい(相手と対戦します)。ディフェンス時間を長くするゲームプランです。チームディフェンスをしっかりやって、相手のモール、スクラムをしっかり止める。


――ディフェンスといえば昨秋に続いて、DFコーチにプラムツリーが招聘されました。


良くなって来ました。あとは堀江さんがFWには細かいところを指示しています。練習の中ではボールスピードが速く出るのでゲームライクではないです。明日は(試合なので)ボールが速く出ないからディフェンスは上がれると思います。(そうなると)相手はやることがなくなる。個人技か、キックになるので、もらったボールをどうするか。


――暑くてボールが滑るとスクラムの回数が多くなる?


蒸し暑いくらいだったら大丈夫。でもセットプレーが増えれば相手が有利になる。ノックオンが多くなるとスクラムが多くなる。そこは、しっかり対応しています。イタリア代表はスクラムにプライドを持って臨んでくる。

でも相手が何をしてくるかわかっているので自信があります。あとはグラウンドでどう対応するか。(大分銀行ドームのスタジアムの)芝は今まで、国内でプレーした中で一番いい。いつもは(スパイクのポイントは)18mmですが、16mmのポイントでも刺さる。



――NO8アマナキ・レレィ・マフィとは半年ぶりにいっしょに試合に出ます。


彼が来るとチームにインパクトを与えてくれる。いつものメンバーじゃない選手が入ってくると違うチームになる。日本代表になるとより責任感が強くなる。


――合宿を経てコンビネーションができた状態でテストマッチに入れることは、キャプテンとしてどう考えていますか?


かなりやりやすい。JJ(ジェイミー・ジョセフHC)のプランニングが本当に素晴らしい。大事なところで休んで 選手の状態を良くしてキャンプに臨んでいる。3試合にピークを持っていく。


――イタリア代表との初戦に向けての意気込みを


相当、(初戦は)重要です。負けて立て直して(次に)勝つという流れにしたくない。負けて(その次には)いい試合して勝つのがテストマッチは厳しい。先週から、一発目に勝つと言っています。そのためも(今年は)サンウルブズの準備もあって、(テストマッチに向けた)プランニングしているから言い訳できない。

斉藤健仁
スポーツライター。1975年4月27日生まれ、千葉県柏市育ち。印刷会社の営業を経て独立。サッカーやラグビー等フットボールを中心に執筆する。現在はタグラグビーを少しプレー。過去にトップリーグ2チームのWEBサイトの執筆を担当するなどトップリーグ、日本代表を中心に取材。

プロフィールページへ



 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ