サクラフィフティーン・11位決定戦 香港戦(20170826) | Rugby Japan 365

サクラフィフティーン・11位決定戦 香港戦(20170826)

2017/08/27

構成●編集部


女子ラグビーワールドカップ2017・アイルランド大会。ここまでまだ勝利のないサクラフィフティーンこと女子ラグビー日本代表は、最終戦となる11位決定戦で同じく未勝利の香港代表と対戦し44−5で、今大会初勝利を飾り、11位で大会を終えた。

HIGHLIGHTS

SCOREBOARD

Women's Rugby World Cup 2017, 11th Place Play-Off, 20170826
  • TRY 2'' 15 清水 麻有
  • TRY 12'' 11 堤 ほの花
  • TRY 36'' 14 加藤 あかり
  • TRY 43'' 15 清水 麻有
  • TRY 61'' 5 櫻井 綾乃
  • TRY 66'' 12 冨田 真紀子
  • CON 68'' 15 清水 麻有
  • TRY 79'' 5 櫻井 綾乃
  • TRY 81'' 7 鈴木 彩夏
  • CON 82'' 23 田坂 藍
  •  
  • 52'' 2 鈴木 実沙紀 → 16 小林 ちひろ
  • 52'' 9 津久井 萌 → 21 野田 夢乃
  • 55'' 3 南 早紀 → 18 江渕 まこと
  • 59'' 4 三村 亜生 → 19 日向寺 亜依
  • 68'' 6 末 結希 → 20 塩崎 優衣
  • 70'' 15 清水 麻有 →23 田坂 藍
  • 70'' 13 長田 いろは → 22 井上 愛美
  • 75'' 16 小林 ちひろ → 17 片岡 瑞帆
  • TRY 53'' 17 Karen So

  • MEMBER

  • 1 齊藤 聖奈(Cap)
  • 2 鈴木 実沙紀
  • 3 南 早紀
  • 4 三村 亜生
  • 5 櫻井 綾乃
  • 6 末 結希
  • 7 鈴木 彩夏
  • 8 高野 眞希
  • 9 津久井 萌
  • 10 山本 実
  • 11 堤 ほの花
  • 12 冨田 真紀子
  • 13 長田 いろは
  • 14 加藤 あかり
  • 15 清水 麻有
  • 16 小林 ちひろ
  • 17 片岡 瑞帆
  • 18 江渕 まこと
  • 19 日向寺 亜依
  • 20 塩崎 優衣
  • 21 野田 夢乃
  • 22 井上 愛美
  • 23 田坂 藍
  • 1 Lau Nga Wun
  • 2 Roycle Chan
  • 3 Lee Ka Shun
  • 4 Chow Mei Nam
  • 5 Chan Ka Yan
  • 6 Christy Cheng
  • 7 Chan Tsz Ching
  • 8 Christine Gordon
  • 9 Mak Ho Yee
  • 10 Rose Hopewell-Fong
  • 11 Chong Ka Yan
  • 12 Kelsie Bouttle
  • 13 Natasha Olson-Thorne
  • 14 Kwong Sau Yan
  • 15 Adrienne Garvey
  • 16 Winnie Siu
  • 17 Karen So
  • 18 Pun Wai Yan
  • 19 Tsang Sin Yan
  • 20 Amelie Seure
  • 21 Jessica Ho
  • 22 Lee Tsz Ting
  • 23 Colleen Tjosvold
  • COMMENT

    有水剛志 ヘッドコーチ

    前半は相手(香港代表)に合わせてしまうところがあったが、ハーフタイムでそこを修正して、後半はサクラフィフティーンのゲームができた。ゲームの中で勝負のポイントをどうやって自分たちのものにするかどうかだが、後半はものにできたと思う。相手の流れがあったり自分たちの流れがあったりと、80分間様々な場面があるので、そういった時に駆け引きがしっかりできて、ゲームをコントロールすることが重要。今回のワールドカップではそれを経験することができたので、今後も継続してできるようにしたい。チームとして、次のワールドカップにつなげていきたいと思う。

     

    齊藤聖奈キャプテン


    最後に勝てたことは素直に嬉しいが、試合内容はボールキャリーなど、まだ課題が残った。後半は出来ていた継続アタックが、前半はできなかった。私たちの目標はワールドカップでベスト8に入ることであり、次のワールドカップまでには修正して目標を達成したい。

    予選リーグから中3日というタイトなスケジュールの中で戦ってきて、選手たちで話し合い、修正しながらチームを作ってきた。コーチ陣に言われる前に選手だけで修正できたことは、成長できたし収穫でもある。

    今までの4試合、チャンスでトライをとれず、接戦で負けてしまったので、今日はチャンスで必ずトライをとることに集中し、それが出来たので最後にひとつレベルアップしたと思う。ワールドカップという大きな舞台では、チャンスでトライをとれるかどうかが勝敗のターニングポイントだと分かった。今回の経験を次のワールドカップに活かして欲しい。これからも常にベストな力が出せるように頑張りたい。

     

    記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ