ジャパンの課題が明確に・リーチマイケルキャプテン「やりたいラグビーとフィジカルがマッチしていない。」 | Rugby Japan 365

ジャパンの課題が明確に・リーチマイケルキャプテン「やりたいラグビーとフィジカルがマッチしていない。」

2017/11/05

文●編集部


30−63、トップ8入りをゴールとするジャパンと優勝をゴールとするオーストラリア。その差は大きなものだった。ジャパンを牽引するリーチマイケルキャプテンが試合後に感じたこととは。

ディシプリンとエリアマネジメント、トップ4と戦うための最低限必要なこと

世界トップ4のチームと試合をして体をぶつけてみて、大きな差があることがはっきりわかりました。そして自分たちのレベルも明確になった。(失点が多かった)一番の要因は1対1のタックル。

そしてもう一つはディシプリン(規律)の部分。規律の部分はすぐ調整できますが、タックルはもっと練習をしなければならない。ジャパンはまだ成長している状況。今日の試合は2つのキーワードがあります。「勢い」「モメンタム」をどうコントロールしていくかということです。トップ4の相手に対して自分たちのラグビーがどれだけできるか。

前回のアイルランドとの試合でも同様の課題がでました。さらに新しいチームで、この経験ができたことで非常にいい準備がワールドカップに向けてできると思います。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ