リーチ マイケル、姫野和樹も始動!「2023へ挑む」 | ラグビージャパン365

リーチ マイケル、姫野和樹も始動!「2023へ挑む」

2022/09/08

文●編集部


ラグビー日本代表は5日から大分県・別府で合宿を開始。2019年を知る、リーチ マイケル(東京ブレイブルーパス)と姫野和樹(トヨタヴェルブリッツ)が初日の練習を終え、取材に応じた。リーチは夏ツアーでもフランス戦に出場し、存在感を見せた。ノンキャップで同じポジションの下川甲嗣(東京サントリーサンゴリアス)について「すごく良い選手。練習をやっても勉強熱心なので、スキル、経験を教えてあげたい。」と話した。

姫野は怪我により夏ツアーは欠場。「(コンディションは)80~90%くらい。初めてハムストリングスというナイーブな場所を怪我したので、ちょっとやりたいことを我慢している」と話していたが、試合には飢えているといい「(10月の)3試合全部出たい」と意欲は充実のようだ。

「勝って自信つけることも大事だけど、高いレベルのチームとやると得るものが大きい。ワールドカップの準備としていい」リーチ マイケル

――合宿、初日終えて


ちょっときつかったですが、どんどん上げていくと思います。オフシーズン、かなり走り込んできたので、その成果を見せられるようにやりたい。久々にラグビーをやって楽しかったけどしんどかったです。


――課題は


多くの選手がまだ復帰できなくて、新しいリーダーを育てることと、代表のスタンダードを引き上げることが課題です。


――W杯まであと1年


あと1年は本当に過ぎるのが早い。このシリーズが終わったら、リーグワン、リーグワンが終わったらW杯まで1つ1つの試合、練習、課題をクリアしていくことが大事。(個人的には)プレーの中の回数をどれだけ増やせるか。タックル、ボールタッチ、ラインアウトのジャンプなどで試合に絡む回数を増やしたい




先週、別府に来たときに、北九州で股関節の検査にいったら問題なかった。スコアを測ったら倍以上だった。完璧に治った。その影響で自信を持ってプレーできた。腸腰筋が変わっていなかったので、そこをレベルアップしたい。あとどれだけランニングできるか。ブロンコテストもクリアできたので、あとはグラウンドでどれだけできるかが大事です。


――新しく代表入りした下川について


もちろんポジション争いもあります。リーグワンでも対戦したFL下川が入ってきたがすごく良い選手。練習をやっても勉強熱心なので、スキル、経験を教えてあげたい。


――オフは?


フィジーは最高でした。ホテルステイして、前回みなさん(メディア)が行った家(母方の実家)に行った。かなりパワーもらった。地域の子どもたちと触れあって、引退したら何かできたらいいなと思います。

――秋の試合に向けて


オーストラリアAと3試合があって、一戦一戦の準備と出てくる課題をクリアすることが大事。先のオールブラックス戦、W杯を見ずに一戦一戦勝っていくことが大事。オールブラックス、イングランド、フランスは世界のトップ3くらい。W杯の準備としてはいい。
勝って自信を付けることも大事だけど、高いレベルのチームとやると得るものがたくさんある。レベルの高い試合の経験が少ないから、その経験がどれだけできるかが大事です。


「(試合には)めちゃめちゃ飢えている!」姫野和樹

――今の状態は


自分の感覚としてはすごくいいです。80%、90%まで戻ってきているなと思うんですけど、ただ初めてハムストリングっていうちょっとナイーブな場所をケガしたので、自分のフィーリングが良くても、ちょっと感覚がわからない、経験がないので、その分、ちょっと慎重にやっていこうということで、トレーナーさんの話を聞きながらやっていこうと。ちょっとやりたいことを我慢しています。1週間後にはフルに参加できたらいいな。


――10月のオーストラリアA代表戦には間に合いそう?


(10月の試合には)出るつもりです。僕は出たいです。ちょっと久しぶりの(日本)代表ですし、ゲーム勘も慣れたいという気持ちがあるので、僕としては3試合全部出たいですけど、そこはジェイミーが決める形になるかなと。。


――日本代表の練習着を着て練習した感想は?


やっぱり嬉しいですね! ワクワクするし、この代表の練習着を着ることっていうのが、やっぱラグビー選手としては、この上ない名誉なんで光栄なことですし、すごく期待とワクワク感はありますね。



――W杯1年前の心境は?


前回2019年ワールドカップは、正直、あんまり自分に余裕もなかったので、ちゃんとできるかどうか、世界の舞台で活躍できるかどうかという不安の方が多かったんですけど、この4年間でハイランダーズを経験し、海外でプレーして自信もついたし、余裕もある、28歳にもなった。そういった意味で次のワールドカップは自分に対して期待しているし、すごいワクワク感があり、楽しみという気持ちの方が大きい。


――バックローのポジション争いも熾烈です。


チームとしてはいいことだと思います。前回のシリーズは、2019年組の選手がなかなか出られなくて、ちょっと若い選手が多く台頭しましたけど、チームにとってすごくプラスなことです。競争力が上がることは自分にとって大変ですけど、すごくウェルカムというか嬉しいことだと思います。


――自分の出ていなかったフランス戦はどのようにご覧になっていますか?


自分が出ていたら「もっとこういうふうにできたな」とか、自分にあてはめながら、自分がやった時のイメージしながら観ていました。本当に若い選手が躍動していることがすごく嬉しいですし、良かったと思います。

フランス戦は、松島幸太朗、松田力也と共に会場で観戦(豊田スタジアム)

フランス戦は、松島幸太朗、松田力也と共に会場で観戦(豊田スタジアム)



―― 海外での経験を得て、この秋の強豪に勝利するためにポイントとなることは?


今回、多くの選手が(日本代表に)戻ってきて、若い選手との融合を今からしていくことで、より選手層の厚さを、前回大会よりも層が厚いと思うので、そういったところをしっかり見せられたらいい。


――ポジション争いのサバイバルレースの手応えは?


やることが多いですね。前回のシリーズに出られなかったし、僕も「はじめまして」の選手もたくさんいる。だから、これから、本当にワンチームになるために、より濃い時間を過ごしていくことが大事になっていく。チームとして、また成熟して合わせていくコミュニケーションや連携など、やることたくさんあるかな。


――坂手主将のキャプテンシーについて


すごくいいですよ。夏はあまりいなかったので、どういう風にやったか知らないですけど、今、見てる感じはすごくいいし、もともと帝京大学時代もやっていたので懐かしい感じがします。

――姫野選手もリーダーシップグループで頑張りたい?


もちろんです。28歳ですし、僕より下の選手がいつの間にかたくさん増えちゃったので、しっかりと間に入ってつなげる役割をしたい。


――実戦から遠ざかっていて、試合に飢えているという感覚は?


めちゃめちゃ飢えていますよ! 早くジャージーを着て試合をしたいです。オールブラックスの試合もあって、対戦することになって出場することになったら、おそらくハイランダーズの選手もいて、チームメイト、特にフリゼルに負けたくない。


――別府と言えば温泉。どうですか?


温泉、整っています。厳しいトレーニングの後の(温泉)、最高です。。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ