ワールドカップの為にレベルアップする−−スーパーラグビーへ挑戦する山田章仁選手記者会見 | ラグビージャパン365

ワールドカップの為にレベルアップする−−スーパーラグビーへ挑戦する山田章仁選手記者会見

2014/12/20

文●編集部


21日、スーパーラグビーのウエスタンフォース(オーストラリア)との契約が決まった山田章仁選手(パナソニック)が、トップリーグ第4節NTTコム戦終了後に記者会見を行った。

この度、ウエスタンフォースの一員としてレベルの高いスーパーラグビーに参加できる事を非常に嬉しく思っています。お世話になった方々や、パナソニックのスタッフのためにも結果を出して、パース(本拠地の都市)で良いシーズンを過ごせるようにしたいです。

以前は、海外でプレーをしたいという気持ちが強かったですが、最近は代表やパナソニックの素晴らしいコーチングやチームメイトがいる中で、自分のレベルをあげるために毎試合集中してきました。今回決まった時は本当に嬉しく思いました。ただ、ジャージの袖を通すまではまだ実感もないので今までやってきたパフォーマンスを発揮したいという想いです。

 

−−新しいチームなので、早く行きたいという気持ちがあるのではないですか?

山田 パナソニックもスーパーラグビーのレベルに匹敵するくらい素晴らしいチームですので、どちらにいても自分がレベルアップできるのは変わらないのでいつ行くかについては自分次第です。


−−ワールドカップイヤーにスーパーラグビーでプレーしたいという気持ちが強かったのですか?
山田 ワールドカップまでに自分のレベルを上げて、舞台でしっかり活躍できるように良い経験を積みたかったです。


−−ウエスタンフォースでどんな存在の選手になりたいですか?
山田 『かゆいところに手が届くような選手』になりたいです。ポジションはウィングですが、自分の特色を活かせるよう、自分の立ち位置とか、信頼を勝ち取るためにみんなとコミュニケーションをとっていきたいです。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ