12月3日、2015年ラグビーワールドカップ予選プール抽選会 日本の対戦相手が決定する! | ラグビージャパン365

12月3日、2015年ラグビーワールドカップ予選プール抽選会 日本の対戦相手が決定する!

2012/11/30

文●斉藤健仁


本番まで1000日を切ろうとしている12月3日、日本時間24時頃から、2015年ラグビーワールドカップ(以下W杯)イングランド大会の予選プール(予選リーグ)の抽選会がロンドンで行われる。

日本からもラグビー日本協会の矢部達三専務理事、エディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)が参加する予定だ。2015年大会も20チームが参加し、2011年大会の各プール3位以上の12チームはシードされ、すでに出場が決定、残りの8チームは各大陸予選の優勝チームなどが出場する。

予選プール抽選の方法は下記の通り。

まず24時6分に12月3日時点の世界ランキングを発表し、出場がすでに決定している上位12チームをランキングによって下記のように3つのバンド(band)に振り分ける(現在のものは11月26日現在の世界ランキングによるが、大きな変更はないと推測される)。

Band 1: ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア、フランス(1位~4位)
Band 2: イングランド、アイルランド、ウェールズ、サモア(5位~8位)
Band 3: アルゼンチン、イタリア、トンガ、スコットランド(9位~12位)

※12月2日夜、IRBから最新世界ランキングが先行発表され、アルゼンチンがBadn2に上昇、ウエールズがBand3に下降することが決まった。

出場がまだ決まっていない、アジアやアフリカ、アメリカなど各大陸予選の勝者などの8チームは世界ランキングなどにより、下記のようにバンド4と5に振り分けられた。日本代表は11月の欧州遠征においてテストマッチで2連勝したこともあり、アジア1位はバンド4に入った(ちなみに日本代表は2014年のアジア5カ国で優勝すれば、2015年W杯に出場の切符を獲得することができる)。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ