常翔学園が劇的な逆転勝利!優勝候補・京都成章に勝利し4強入り | ラグビージャパン365

常翔学園が劇的な逆転勝利!優勝候補・京都成章に勝利し4強入り

2020/01/03

文●編集部


第99回全国高校ラグビー大会は8強同士の戦い。第4試合は、Aシード、優勝候補の京都成章(京都)と常翔学園(大阪第2)の一戦が行われた。

試合は前半5分、常翔学園がFB吉本匠希(3年)のPGで先制。京都成章は10分、FB大島泰真(1年)のゲインで敵陣22m内側ゴール前まで前進。FWでフェイズを重ね、最後はLO本橋拓馬(2年)がトライ。CTB松澤駿平(2年)のコンバージョンも決まって7-3とする。

 

LO本橋拓馬(2年)のトライで京都成章が逆転

LO本橋拓馬(2年)のトライで京都成章が逆転

 

鮮やかなつなぎで松澤がトライ

鮮やかなつなぎで松澤がトライ

さらに直後のキックオフボールから、FB大島、CTB下村滉志郎(3年)とつなぎ、下村がステップをきってCTB松澤駿平(2年)にラストパス。松澤が走りきりそのままノーホイッスルトライ。鮮やかなつなぎで京都成章が連続トライ。14-3とリードを広げた。


悪い流れを切りたい常翔学園は15分、自陣10m付近でボールを持ったトライゲッターのFB吉本が魅せる。京都成章のディフェンスが乱れたところ走り抜け一気にトライ。14-8。京都成章ペースになりそうな展開をもう一度引き戻した。

身長191cmLO本橋がフィールドプレーを見せトライ

身長191cmLO本橋がフィールドプレーを見せトライ

この先、互いに拮抗した展開。膠着状態が続く。28分、京都成章は敵陣10m内側で相手ボールをターンオーバー。CTB下村からフラットで速いパスがLO本橋へ供給される。いい角度に入ってきた本橋はそのままインゴールへトライ。19-8とリードを広げて前半を終えた。

常翔学園、後半の追い上げは岡野のトライからはじまった

常翔学園、後半の追い上げは岡野のトライからはじまった

リードを許した常翔学園は後半の入りから怒涛の攻撃をみせる。後半7分、WTB家村壮麻(3年)のゲインから、CTB岡野喬吾(3年)バイスキャプテンのトライで追撃を開始。

 

FB吉本が逆転のトライ!

FB吉本が逆転のトライ!

6分、敵陣22m手前のラックから一本のフラットなパスで京都成章ディフェンスを抜き去ると、HO寺西翔生(2年)がゴール前までボールをキャリー。クリーンアウトでFB吉本へボールが繋がれてそのまま左中間へトライ。吉本がコンバージョンも決め20-19と常翔学園が逆転に成功する。

ドライビングモールで再び逆転した京都成章

ドライビングモールで再び逆転した京都成章

追い詰められた京都成章は23分、常翔学園が自陣10m付近でモールコラプシング。京都成章はゴール前ラインアウトでトライを狙う。ラインアウトをしっかりキープしBKも入ってドライビングモール。SH宮尾昌典(2年)がグラウディングしトライ。コンバージョンは決まらず24-20。1トライで逆転できる点差。

直後のキックオフから常翔学園が連続攻撃で敵陣ゴール前に迫る。それでも京都成章はゴール前ラックでLO山本がボールに絡みペナルティ。マイボールラインアウトからボールを繋いで敵陣まで攻め込むもノックオン。常翔学園はマイボールスクラムから逆転を狙う。

常翔学園・WTB生駒が右手を突き上げトライ

常翔学園・WTB生駒が右手を突き上げトライ

京都成章がスクラムペナルティで常翔学園はクイックスタート。ロスタイム0分、残り時間なし、敵陣22mと10mラインの中間付近でのラック。右サイドはディフェンス7人、対する左サイドは3人。ただ1人はラックサイドに立っているため、常翔学園アタック3人に対し、ほぼ2人という状況だった。左サイドへ展開したボールは大外のWTB生駒創大郎(3年)まで繋がれる。生駒がゴール前で内にステップを切ってディフェンス2人を抜き去り、インゴールへ。右手を突き上げ劇的な逆転トライを決めた。

常翔学園が27-24で京都成章に勝利し、準決勝進出を果たした。準決勝の相手は御所実業。「Aシードキラー」となるか。

常翔学園 野上友一監督


行くな…という感じは思っていた。シンプルなミスがないように、最後まで集中力を保ってくれていた。このチームはギリギリまで頑張ってやってくれる。本当に嬉しい。京都成章が強かったので、それを乗り越えるために必死で頑張った。相手が強かったので喜び、感動が大きい。

前半、辛抱して辛抱して大きなFWを食い止めて、後半勝負とやっていました。(全員で取ったトライ?)最初のゲームがから全員でやっていた。選手層の厚さが最後良かったですね。FWがスクラムも含めて前に出られて、いいボールがでてきたので、(後半は)練習通り回せた。

春負けて、人のせいにしたりチームが一つになれなかったが、ここに来てみんなで一つになってきた。無責任なプレーがなかった。近畿大会の選抜への(第5代表)決定戦で御所実に0-7で負けて、選抜の出場もなくなって、あのゲームはチームにとったら教訓になった。もっとラグビーを勉強せなあかん、僕も含めて過信していた。そこからやってきた。あのゲームがチームのスタートになったと思う。


STATS

1 上野聡大 30'OUT
2 山本敦輝
3 為房慶次朗
4 木戸大士郎
5 寺北亘佑
6 渡辺海斗 30'OUT
7 原透和
8 知念優来
9 高岸尚正 30'OUT
10 仲間航太
11 生駒創大郎 61'TRY
12 岡野喬吾 37'TRY
13 池田翔太
14 家村壮麻
15 吉本匠希 15'46'TRY 5'PG 46' 61'G
16 玉永仁一郎
17 藤廣我仁
18 岩本圭伸
19 辻時羽 30'IN
20 佐々木開
21 竹内駿
22 寺西翔生 30'IN
23 中道海斗
24 福本航平 30'IN
25 土井康暉


京都成章 湯浅泰正監督


いいゲームでしたね。トライを取りに行ったし守り切るのもプランにあったと思います。ミスがちょっと多かったですね。初めから自分たちのやろうとしていたことに挑戦していて、それができなかった。これがラグビーですよね。(相手の印象は)うちも気迫が入っていたし、高校生がお互いいいゲームをした。

STATS

1 西村優希 38'OUT
2 門恒介
3 西野拓真 42'OUT
4 本橋拓馬 11' 27'TRY
5 山本嶺二郎
6 三木皓正
7 村田陣悟
8 延原秀飛
9 宮尾昌典 54'TRY
10 徳永司也 38'OUT
11 太田匠海 8'OUT
12 松澤駿平 12'TRY 11' 12'G
13 山田歩季
14 西川彪馬
15 大島泰真
16 松本直明 42'IN
17 中野裕翔 38'IN
18 宮城雄真
19 小林憲伸
20 村田和志
21 四宮勇斗
22 西村建哉
23 辻野隼大 38'IN
24 下村滉志郎 8'IN 38'OUT
25 森本蒼 38'IN

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ