桐蔭学園が接戦を制し6年連続の花園へ | ラグビージャパン365

桐蔭学園が接戦を制し6年連続の花園へ

2020/11/15

文●編集部


11月15日、ニッパツ三ツ沢競技場で第100回全国高校ラグビー・神奈川県予選決勝、桐蔭学園対東海大相模の試合が行われた。コロナ禍の状況を考慮し、決勝戦は無観客で行われた。

NO8佐藤主将が豪快にゲイン

NO8佐藤主将が豪快にゲイン

前半リズムを掴んだのは桐蔭学園。前半3分、東海大相模の攻撃を粘り強いディフェンスでしのいでボールを奪うと、No8佐藤健次キャプテンが相手ディフェンダーを弾き飛ばすランでゲインし、WTB矢崎由高(1年)が先制のトライ。

パスを受けた1年生WTB矢崎が電光石火の先制トライ

パスを受けた1年生WTB矢崎が電光石火の先制トライ

さらに10分、相手のミスに乗じて、チャンスを迎えると相手22m付近からFWでフェイズを重ね、LO青木恵斗(3年)がトライ。12−0とリードする。

桐蔭はチーム最長身のLO青木をラインアウトに入れずランナーで使うオプションも

桐蔭はチーム最長身のLO青木をラインアウトに入れずランナーで使うオプションも

 

東海大相模CTB吉田輝雅とNO8佐藤健次

東海大相模CTB吉田輝雅とNO8佐藤健次

東海大相模は14分、ブレイクダウンからボールを奪うと、CTB吉田輝雅(3年)がショートパントで前に出てきたディフェンスの裏をつくとボールはCTB奥耀大(3年)の手中に。

東海大相模CTB奥耀大がタックルを受けながらもボールをつなぐ

東海大相模CTB奥耀大がタックルを受けながらもボールをつなぐ

 

前半14分FB河野吏玖がトライ

前半14分FB河野吏玖がトライ

さらにSO柏原慶太(2年)、FB河野吏玖(3年)とつながりそのままトライ。12−7とした。

SO柏原慶太のコンバージョンも成功し7-12とする。

SO柏原慶太のコンバージョンも成功し7-12とする。

 

桐蔭学園・LO青木恵斗は序盤足首を痛そうだったが2トライで貢献。

桐蔭学園・LO青木恵斗は序盤足首を痛そうだったが2トライで貢献。

 

東海大相模は低い姿勢でアタック

東海大相模は低い姿勢でアタック

24分、東海大相模は敵陣10mラインアウトからアタック。桐蔭学園はたまらずオフサイド。東海大相模はショットを選択。柏原慶太(2年)が落ち着いて決め12−10として前半を終了。

前半25分、東海大相模は柏原がPGを決める

前半25分、東海大相模は柏原がPGを決める

 

桐蔭学園NO8佐藤v東海大相模SO柏原

桐蔭学園NO8佐藤v東海大相模SO柏原

後半開始早々桐蔭学園にチャンス。後半2分、敵陣22m付近のラインアウトでゴールに迫るも、オーバー・ザ・トップのペナルティでチャンスをいかせない。東海大相模のボールに絡むディフェンスに苦しむ桐蔭学園は、ペナルティーからリズムを掴みきれない。

東海大相模はチョークディフェンスでボールに絡んだ

東海大相模はチョークディフェンスでボールに絡んだ

 

ダブルタックルを受けながらも突進するLO青木

ダブルタックルを受けながらも突進するLO青木

後半自陣から脱出できない東海大相模だったが、FWの粘り強いディフェンスでトライを許さない。桐蔭学園はようやく後半16分、相手ゴール前のスクラムから、FW戦で体をぶつけ、LO青木がゴール中央にこの試合2本目のトライ。19−10とリードを広げる。

後半20分、桐蔭学園はLO青木がゴール前で突進しトライ

後半20分、桐蔭学園はLO青木がゴール前で突進しトライ

 

 

桐蔭学園SO今野のコンバージョンも決まって19-10とリードを広げた

桐蔭学園SO今野のコンバージョンも決まって19-10とリードを広げた

後半残り10分をきり、桐蔭学園が引き続き相手陣で試合を展開。あと1本トライを奪えるとだいぶ優位に展開されるところだったが、ここは東海大相模がトライを許さない。

後半32分、東海大相模SO柏原のトライ

後半32分、東海大相模SO柏原のトライ

なかなかチャンスが訪れなかった東海大相模は、29分、ゴール前ラインアウトのチャンス。桐蔭学園がコラプシングでゴール前へ。この場面で東海大相模はアドバンテージがある状態でSO柏原がショートパント。インゴールに転がるボールを自らおさえトライ。

トライ後すぐさまドロップキックするも残り時間はなかった。

トライ後すぐさまドロップキックするも残り時間はなかった。

コンバージョンも成功するが、時間は残っておらず試合終了。19−17で桐蔭学園が東海大相模に勝利し、6年連続19度目の花園出場を決めた。

 

負けた東海大相模は、21日から開幕する関東ブロック大会に出場する。埼玉県を除く1都6県 の準優勝チームによるトナメント戦で、優勝した1校が記念枠として花園出場することができる。昨年全国優勝を果たした桐蔭学園と接戦に持ち込んだ自信を最後の挑戦にかける。

第100回全国高校ラグビー・神奈川県代表決勝 2020.11.15

  • TRY(3)
  • G(2)
  • PG(0)
  •  
  • 前半4分 T 14. 矢崎由高
  • 前半4分 G 10. 今野椋平
  • 前半12分 T 5. 青木恵斗
  • 前半12分 G× 10. 今野椋平
  • 後半20分 T 5. 青木恵斗
  • 後半20分 G 10. 今野椋平
  •  
  • PENALTY
  • PK(12)
  • FK(0)
  • TRY(2)
  • G(2)
  • PG(1)
  •  
  • 前半14分 T 15. 河野吏玖
  • 前半14分 G 10. 柏原慶太
  • 前半25分 PG 10. 柏原慶太
  • 後半32分 T 10. 柏原慶太
  • 後半33分 G 10. 柏原慶太
  •  
  •  
  •  
  • PENALTY
  • PK(3)
  • FK(0)
  • 桐蔭学園 藤原秀之監督


    クロスゲームになることはわかっていたので、最後までどちらが勝ってもおかしくない試合でした。全体的に動きが遅かったので、青木、佐藤両選手が目立ってしまった。こういう状況の中で大会を開催していただいたことに感謝しています。

    4ヶ月間くらいチームとしては動くことができなかったので、その期間はとにかく個々(の選手たち)に任せるしかない。1年間通して、これまでと準備の仕方を変えたことはありません。選手たちは体が大きくなりましたし、自分の人生についても考えることが多くあったんじゃないかなと思います。

    まず開催の可否が発表されていないですから、開催されるのであればそのための準備をしっかりしたい。いつもどおりの準備をしたい。

    桐蔭学園・NO8佐藤健次キャプテン


    まずは神奈川県大会で優勝できたことでほっとしています。自分たちのミスから、トライを奪われたり内容としてはよくなかった試合でした。花園まで1か月あるので、そこを修正してまた一から作り直したい。(苦しい時間帯)しんどい時こそ、笑って楽しもうとみんなで話していましたが、相模におされていたときにあまりできてなかったです。そこは修正したい。コロナ対策については、家族やまわりの方、様々な方にサポートをしていただいたので花園で恩返ししていきたいです。(全国大会について)個人の力だけでは勝利できる大会ではないと思っています。チームで同じ方向にベクトルをあわせてチームで一つのことを貫いていきたい。

    MEMBER_桐蔭学園

  • 1 倉島昂大(3年)
  • 2 中山大暉(3年)
  • 3 田中諒汰(3年)
  • 4 小椋儺介(2年)
  • 5 青木恵斗(3年)→後半21分OUT→18 麻生尚宏
  • 6 中島潤一郎(2年)
  • 7 大竹智也(3年)
  • 8 佐藤健次(3年)
  • 9 伊藤光希(3年)
  • 10 今野椋平(2年)
  • 11 原小太郎(2年)→後半23分OUT→24 松田怜大
  • 12 中優人(3年)→後半28分OUT→23 矢崎幹太
  • 13 榎本拓真(3年)
  • 14 矢崎由高(1年)
  • 15 秋濱悠太(3年)
  • 16 門脇浩志(3年)
  • 17 松下稜(2年)
  • 18 麻生尚宏(3年)
  • 19 菅澤克磨(2年)
  • 20 小池隆仁(3年)
  • 21 小山田裕悟(2年)
  • 22 北川直宏(3年)
  • 23 矢崎幹太(3年)
  • 24 松田怜大(1年)
  • 25 堂薗昂修(2年)
  • MEMBER_東海大相模

  • 1 岩岡孝明(3年)後半20分OUT→16 黒川寛太
  • 2 吉田蓮(3年)
  • 3 佐藤出帆(3年)
  • 4 今井郁太(3年)
  • 5 飯泉輝(3年)
  • 6 米元悠翔(3年)
  • 7 米山大地(3年)
  • 8 丹治好晴(3年)
  • 9 小林純岳(2年)
  • 10 柏原慶太(2年)
  • 11 ボンド洋平(3年)
  • 12 吉田輝雅(3年)
  • 13 奥耀大(3年)
  • 14 樋川蔵人(3年)
  • 15 河野吏玖(3年)
  • 16 黒川寛太(3年)
  • 17 波潟出帆(3年)
  • 18 伊波大地(3年)
  • 19 栗崎和樹(2年)
  • 20 森天(2年)
  • 21 上林虎太郎(2年)
  • 22 大野啓太郎(3年)
  • 23 岡本有生(3年)
  • 24 小池椋太(2年)
  • 25 有本一空(3年)

  • 記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ