桐蔭学園が連覇へあと1勝!大阪朝鮮に勝利。決勝に向け、京都成章は「相当強い」 | ラグビージャパン365

桐蔭学園が連覇へあと1勝!大阪朝鮮に勝利。決勝に向け、京都成章は「相当強い」

2021/01/05

文●編集部


1月5日、東大阪・花園ラグビー場では第100回全国高校ラグビー大会準決勝・桐蔭学園対大阪朝鮮の試合が行われた。

HIGHLIGHT

昨年初の単独優勝を果たした桐蔭学園。準々決勝の御所実戦では、8トライを奪い。攻撃力のある御所実業を1トライに抑え込み快勝し準決勝進出。


大阪朝鮮は3度目の準決勝進出。準々決勝の流経大柏戦では後半、自陣に貼り付けの状態でディフェンスする時間帯が長く続いたが、少ないチャンスを確実にスコアにつなげ、接戦を制した。

前半8分、桐蔭学園は自陣10mラインアウトからハイパント、素早いプレッシャーからボールを奪いフェイズを重ねる、11分、16フェイズ目にLO青木恵斗がトライ。

SH李錦寿のトライで大阪朝鮮が逆転

SH李錦寿のトライで大阪朝鮮が逆転

大阪朝鮮は14分、FL姜征勲のゲインから攻め込むと桐蔭学園はペナルティー。15分、ゴール前のラインアウトからモール。桐蔭学園のしっかりとモールディフェンスで対応するも、ゴール前ラックサイドから大阪朝鮮SH李錦寿がトライ。7-5と逆転に成功する。

22分、桐蔭学園はCTB13秋濱副将が鋭いステップでディフェンスを突破しトライ

22分、桐蔭学園はCTB13秋濱副将が鋭いステップでディフェンスを突破しトライ

それでも19分、ハーフウェイ付近のスクラムから桐蔭学園はボールを継続。19フェイズまで積み上げ、22分、CTB秋濱悠太がトライを決めて12-7。

WTB今野が左隅の難しいゴールを成功

WTB今野が左隅の難しいゴールを成功

 

大阪朝鮮は前半終了間際、敵陣22m手前でカウンターラックでボールを奪うと、SO金侑悟が右隅にトライを決め12-12と同点にして前半を終えた。

リード許した大阪朝鮮が前半終了間際にトライを決め12-12で前半を終えた

リード許した大阪朝鮮が前半終了間際にトライを決め12-12で前半を終えた

 

前半は12-12の同点で折り返す

前半は12-12の同点で折り返す

 

後半3分、桐蔭学園は自陣からパスを細かくつなぎ1年生FB矢崎がトライ

後半3分、桐蔭学園は自陣からパスを細かくつなぎ1年生FB矢崎がトライ

後半、最初にトライを決めたのは桐蔭学園。敵陣10m手前の左サイドから大きく展開。右隅までボールをつなぎ最後はFB矢崎がトライ。19-12とリードを広げる。

WTB今野がコンバージョンを決め桐蔭学園が19-12とリード

WTB今野がコンバージョンを決め桐蔭学園が19-12とリード

 

直後のキックオフからハイパントを交えてアタック。敵陣に入った桐蔭学園はFL7小池が右サイドを豪快に突破する。

5分、自陣10m付近で桐蔭学園がカウンターラック。FL小池隆仁、SH伊藤光希、LO青木恵斗と連続オフロードでトライ。26-12とする。

見事な連続オフロードで青木がトライ、リードを広げた桐蔭学園

見事な連続オフロードで青木がトライ、リードを広げた桐蔭学園

 

ここまで激戦を勝ち進んできた大阪朝鮮。接点の部分で桐蔭学園のプレッシャーを受けマイボールキープが難しくなっていく。後半23分、自陣でボールを奪われ、前に出てくるディフェンスの裏のスペースにボールを蹴り込まれ、FB矢崎にこの試合2本目のトライを決め込まれ33-12と厳しい展開に追い込まれる。

桐蔭学園は31分、キャプテンのNO8佐藤健次のゲインから敵陣に攻め込むと、一時はボールを奪われるが再び奪い返し、最後は1年生FB矢崎がハットトリックとなるトライを決め試合終了。

FB矢崎は1年生、ハットトリックの活躍。

FB矢崎は1年生、ハットトリックの活躍。

 

連覇を狙う桐蔭学園が、後半、大阪朝鮮を引き離し終わって見れた40-12で快勝。3年連続の決勝進出を果たした。


桐蔭学園 藤原秀之監督

試合前から想像していましたけど、1対1で想像以上に相手が強くて全く勝てなかったですね。最後の10分くらいですかね。50分過ぎくらいからうちが前にでることができたのは。前半終わって、1対1のところで負けている部分を修正できないうちはしんどいぞ、という話をしていました。

ディフェンスが随分、前に出ていたので前半からもう少し裏へ蹴ってもいいかなという話をしていましたが、実際に蹴り始めたのはラスト10分くらいでしたね。自分たちのスキル、信じろよという話をしましたが。

チームをまとめるNO8佐藤健次キャプテン。周りを活かすプレーは最上級生としての成長を感じさせた。

チームをまとめるNO8佐藤健次キャプテン。周りを活かすプレーは最上級生としての成長を感じさせた。

――前半からフェイズを重ねてアタックできていました


自分たちがアタックできるかどうか、とりあえずやってみたかった。それが通用するということがわかったのでそれをあとどうスコアにつなげていくかという部分を考えていました。ブレイクダウンのところ、後半孤立してくる部分が多くなっていくと思うから、自分たちが負けている1対1の部分をサポートしてあげないとしんどくなるよという指示。それから前に出てくるので、裏のスペース、それから横のスペースはだいぶ空いているので、どちらのスペースを使うのかは明確にしなさいという指示をしました。

横のスペースについては立ち位置を変えたりしてみましたがゲインはできなかったですね。後ろに下げられてしまいました。

――あと1つですが


予選が始まってからはるか遠くにあったものですから、ここまでよく来たなと言う感じです


――決勝戦について


とにかく休んで、選手もスタッフもリフレッシュして、まずはケアすることが大事だと思います。

これまでの経験を経て、花園で活躍しているCTB秋濱

これまでの経験を経て、花園で活躍しているCTB秋濱

――CTB秋濱選手もいいゲインがありました。


基本的には3年経験してきて、3年生になってある程度活躍する選手は決まってきますね。うちは必ずミーティングの後に荷物チェックをするんですが、1年生には「明日活躍する選手は誰か見ておくように」と話をしていました。



――昨年の準決勝終了後と比べて今年は


今日は相当苦戦するだろうと思っていたので、前半見て、想定どおりだなと思っていました。1点を争うゲームになるかなと。後半どこで優位性を出すことができるか。



――京都成章の印象


あの強いヒガシにしっかり勝ってきたんですから、相当強いなと思いますし、サイズがある子もいますし。宮尾くんと辻野くんには昨年の選抜ですごい苦しめられたので。たまたうちがキック蹴って転がして勝ったんですけど、いつもそんな勝ち方しているんで、昔もそうです。選抜の予選プールで、外狙わないでくれたんで勝ったという記憶しています。うちにとっては分が悪いと思います。


――休めるのは大きい?

大きいですね。体休めることができますし、サニックスワールドユースだと最低でも6試合、外国のチーム相手に。それに匹敵する感じ。


今回は100%できないだろうと思って始めています。エラーはどこのチームでもありますし、試合を進めていく内に100%に近づけていこうという話をしています。どこのチームも完成できていないので。


どうにか苦しみながら来ているので、もう1試合できるんで、楽しみは楽しみですね。公式戦17試合目です。本来は36試合なんですが、ちょうど半分くらいですね。だからまだ仕上がっていなくても仕方ないと。


大阪朝鮮 権晶秀監督

選手たちは最後までチャレンジして頑張ってくれた。胸張ってほしい。最後までいいゲームができた。先手を取られて後半もはやい時間に2トライを取られて主導権を握られた。特に(桐蔭学園の)後半の2つ目のトライ、こうやってトライ取ると明確だった。(桐蔭学園との差は)個々のスキル、判断、判断スピード。足がつっても(金)昴平を止めたりと執念も感じました。

(疲れは)5試合目だったので、その疲れもありましたし、5試合やった割にはケガ人も少なく、選手は頑張ってくれた。FW出ずっぱりの子は、疲れは出てきますよね。1年間、スローガンは使命でした。朝高でラグビーする子に夢と希望を与えるのは使命で、それを果たそうと全力を果たしてくれた。初の決勝進出、優勝はとどかなかったが、学校を取り巻く環境も厳しいですが、たった17歳、18歳の子どもたちが自分たちのことだけでなく、在日コリアンを取り巻く環境を変えようとやってくれた。立派な子でした。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ