桐蔭学園単独優勝へ王手―東福岡を1トライに抑え勝利。御所実との決戦に挑む | ラグビージャパン365

桐蔭学園単独優勝へ王手―東福岡を1トライに抑え勝利。御所実との決戦に挑む

2020/01/06

文●編集部


準決勝第2試合は、春の選抜大会優勝の桐蔭学園(神奈川)と東福岡(福岡)が対戦した。両校ともにメンバー入りする選手のパフォーマンスは素晴らしくベスト4まで勝ち進んだ。桐蔭学園は昨年覇者の大阪桐蔭にも相手の強みを出させない圧巻の戦いぶりで勝利。

東福岡は、準々決勝で流経大柏に9トライ。今年強化に取り組んだディフェンスで1トライに封じこめた。選抜大会では東福岡が、準々決勝で桐蔭学園に敗れている。また昨年も準決勝で対戦し、東福岡が敗れている。試合前日のインタビューで、東福岡・廣瀬雄也キャプテンは「同じ準決勝で同じ時間のキックオフ。先輩たちの思いも背負って戦いたい」と意気込みを語っていた。

先制したのは桐蔭学園。前半5分、WTB飯塚稜介(3年)が相手ボールのパスをインターセプトしそのままトライ。16分には今大会に入って調子をあげているCTB渡邉誠人(3年)がゴール前のラックからパスをうけるとフルスピードで突進。相手ディフェンダーをなぎ倒しゴール中央にトライ。14-0と桐蔭学園がリードを広げた。

21分、東福岡は12フェイズボールをつないで最後はNO8西濱悠太(3年)がゴール左ポストへトライ。25分、桐蔭学園は自陣からのカウンターアタックでNO8佐藤健次(2年)がゲイン。敵陣22m付近までボールを運ぶと東福岡がホールディングのペナルティ。桐蔭学園はショットではなく、トライを狙いにいく。ラインアウトモールからゴール前まで押し込み、FWにこだわりフェイズを重ねる。最後はLO青木恵斗がトライ。21-7とリードを広げて前半を終える。

後半8分にCTB桑田敬士郎のPGで24-7とリードを広げた桐蔭学園。後半14分、東福岡は相手のペナルティから敵陣22m付近でのラインアウト。ボールをキープし前進。FL井上風雅がボールをキャリー。桐蔭NO8佐藤がボールを剥ぎ取りノックオンを誘い難を逃れた。

その後も東福岡がボールポゼッションを増やし攻撃の時間帯が続く。17分、再び自陣22m側まで攻め込まれた桐蔭学園だったがブレイクダウンでカウンターラックが成功し、東福岡がノットリリースザボールのペナルティー。桐蔭FWが雄叫びをあげる。

残り10分、ようやく敵陣に入りこんだ桐蔭学園は一つギアをあげディフェンスで果敢に前進しプレッシャーをかける。21分、敵陣ゴール前で相手パスをインターセプトした桐蔭はこのチャンスを逃さない。LO青木がこの試合2本目となるトライを決め31-7と勝利にむけ大きく前進する。

勝利をほぼ手中に収めた桐蔭学園は29分、敵陣ゴール前のマイボールスクラムからSO伊藤大祐キャプテンがドロップゴールを決め試合終了。桐蔭学園が34-7で東福岡に勝利し、昨年に続き決勝進出を果たした。


桐蔭学園 藤原秀之監督


いろいろと準備されているものもあって、かなりブレイクされている。大きなゲインもされた。しんどい 選手 その中でも頑張った。対応するの ミーティング 時間かけていた ミーティング は結構長く選手たちでやっていました。大阪桐蔭 2時間 昨日 2時間 夜も2時間 6時間かけていた なんとなくフワっとしていたので僕からも一つ提議したところ今日の朝、ピシッと決まったのがよかったですね。

立ち位置の確認とか。誰が立つとか、FWのパックのところで話しているイメージとの違いがあったようなのでそこをもう一度確認させました。

――ディフェンス、ラインブレイクされてもいいフォローが入っていました。


ここまでくると、東福岡さんも準備しているものがあるので多少はしょうがない。それは覚悟でやりました。大きなキズにならないようにしっかりボールをスローダウンさせて。FWも近場頑張っていました。


――今日のディフェンスのテーマ


1対1とコミュニケーション。と選手たちも決めていました。練習でもそうですし試合へのターゲットも決めていたので最後までやり通してくれました。

――東福岡のワイドなアタックに対しても対応できていました


大阪桐蔭さんは強いコンタクトでFWが前に出てくるチームでしたが、ワイドに攻めてくるチームは日本でもないチームだと思います。夏合宿と選抜でしかやったことないので、難しいですよね。守るのが。


――アタックについては


今日は取れるところで取るということができていました。ランブレイクもできました。何人か強いランナーもいますし、ここにきてFWのサポートも良くなってきているのでその辺がとれた要因だと思います。

――カウンターラックについて


選手の意識としてブレイクダウンについては相手も早くくるのであったと思います。もう一つ肩を低く入れるということができていました。


本当は、ここまでは何度もきているので、もう一つの壁を破れていないので。もう一回準備をして今日、明日と準備をしたい。


――御所実の印象は


今日(トライを)取られたんですか。1トライだけですか。すごいですね。現代ラグビーでトライを取られないってどうやってやるんだろうと思います。今大会に入ってまだ1回もビデオ見ていないです。生徒と見て、御所の分析はスタッフがやっていると思います。きっと話をすると思います。

――春の選抜大会では苦戦しました


強かったですよね。リードして勝ち試合だったのが、たまたまミスをしてうちが勝利しただけですから。本当に完敗なゲームだったんです。難しい相手ですし、花園で1回も勝てていないので。難しい試合になると思います。


――決勝で一番勝つには


ミスした方が負ける。いかにチャンスでスコアをするかだと思います。御所実さんはミスを誘うのがうまいチーム。ポゼッションでも守るにしてもそうですし。一つ一つに隙がない。ディフェンス力があるというところで勝負にいくということじゃないですかね。

「明日はチャレンジャーとして」桐蔭学園SO伊藤大祐キャプテン

花園準決勝で中学時代スクール一緒だった選手もいたので、楽しかったし、負けたヒガシの分まで戦うのが大事だし、決勝はチャレンジャーとしてやっていきたい。

ヒガシさんのアタックをチャレンジャーとして止めようとしたところが上手くいってペースをつかめた。花園は別大会とずっと言ってきたので、次の一戦にすべてを賭けて高校3冠になればいい。決勝戦という舞台に立てることは光栄ですし、チームで何をやるか決めて自分たちのことを100%出したい。

思っていたと少し違うゲームなったが最初のところでディフェンスでいけるという判断があった。そこでしっかりアタックは敵陣からでいいのではと話し合って、蹴っていこうとなった。その判断が上手くいったのが良かった。ミーティングで継続するのか、ポゼッションとなるのか、リスクマネジメントやいいことデメリットなど考えてやっていて、こうなったらどうしようという意識が高い。プランと違ったことがおきても対応できたことが一番よかった。

(後半最初のPGは)相手は3トライ以上とらないと勝てないというのは精神的なダメージが大きいと思って、みんなもショットと言っていた。ゲームが少し落ち着いたと思う。 (DGを蹴ったのは)僕の判断だったんですが、勝負はついていたので、御所戦では使うときもあるかもしれないので、想定して(蹴った)。入らなくてもドロップアウトでのスタートなので、しっかりチャレンジした。

(ディフェンスは)まだタックルミスやコネクション切れたりしたので、決勝戦ではそこの厳しさ(が必要です)。高校ラグビーはあと1試合しかないので、しっかりミーティングして準備したい。7点取られたことは反省して、明日の練習で体現したい。(御所実業とは選抜決勝でも対戦したが)相手の攻め方、守り方を意識して、自分たちにベクトル向けてやればいいラグビーができると思う。

東福岡 藤田雄一郎監督


ベスト4に居続けないと日本一を目指すという公言できない。また365日やるんで。よく頑張ってくれました。本当に痛い、きつい練習をしてきたので。相当けが人はでましたし、きつい練習だったと思います。

桐蔭さんに力負けです。完敗です。アタックもディフェンスも素晴らしかった。あそこまで練習やって、何もできなかったので気持ちよく敗戦を認めます。




東福岡 CTB廣瀬雄也キャプテン


今日も(昨年の主将)福井さんにリベンジしてくれとメッセージもらったり、いろんな先輩の声もらったが、負けて悔しいです。4月にケガしてリハビリで7ヶ月プレーできなかったがが(共同キャプテンのFL永嶋)仁には助けてもらった。プレーで返そうと思ったができなかったが、仁には感謝したい。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ