歴史的な名勝負に―東福岡対東海大大阪仰星、激闘の全て | ラグビージャパン365

歴史的な名勝負に―東福岡対東海大大阪仰星、激闘の全て

2021/01/04

文●編集部


1月3日、東大阪・花園ラグビー場では第100回全国高校ラグビー大会準々決勝が行われた。第4試合、東福岡(福岡)対東海大大阪仰星(大阪)の一戦は、歴史に刻まれるであろう激闘となった。試合終了のホイッスルが吹かれたのは48分。15分以上のロスタイムを戦い抜いた選手たちの全てを振り返る。

HIGHLIGHTS

MATCH

試合開始早々にWTB大畑がスピードを生かしてゲイン

試合開始早々にWTB大畑がスピードを生かしてゲイン

 

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ