高校ラグビーが開幕!異例のシーズン日本一を掴む高校は | ラグビージャパン365

高校ラグビーが開幕!異例のシーズン日本一を掴む高校は

2020/12/29

文●編集部


12月27日、東大阪・花園ラグビー場で第100回全国高等学校ラグビーフットボール選手権大会が開幕した。今年は記念すべき100回大会だが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、開会式は行われず、全試合無観客で行われる。春、夏と公式戦が全く行われずチームづくりも本来のスケジュールどおりには行えない異例のシーズン。いつも以上にタフさが求められる。史上最多の63校が出場し日本一をかけた勝負が始まった。

1回戦に登場したシード校7校はすべて大勝。力の違いを見せた

京都成章 129−0 米子工
東福岡 55−0 長崎南山
桐蔭学園 36−7 茗渓学園
大阪朝鮮 34−8 朝明
御所実業 24−5 報徳学園
目黒学院 57−0 玉島
関西学院 43−0 盛岡工業


*東海大大阪仰星は30日に佐賀工業と対戦する。
*その他の日程・結果はこちら

1回戦最大の注目カードだった、御所実業v報徳学園。

1回戦最大の注目カードだった、御所実業v報徳学園。

30日に初戦を迎える東海大大阪仰星以外のすべてのシード校が勝利。さらに3試合が完封勝利。他3試合も1トライずつしか与えておらず、力の違いを見せた。中でも大きな注目された、御所実業と報徳学園の関西対決。前半こそ緊張感ある接戦だったが、時間が立つにつれ御所実がリードを広げ報徳を1トライに抑え完勝した。

連覇を狙う桐蔭学園。

連覇を狙う桐蔭学園。

また昨年覇者の桐蔭学園は前半、キャプテンであるNo8佐藤のトライで流れを掴むと茗渓学園のアタックをしっかりととめ着実にスコアを重ねこちらも完勝した。

東福岡は2回戦で筑紫との「福岡対決」。

東福岡は2回戦で筑紫との「福岡対決」。

30日のシード校の試合日程は以下のとおり。

09:30 関西学院v流経大柏
10:45 目黒学院v大分東明
10:45 御所実業v國學院栃木
12:00 大阪朝鮮v昌平
12:00 桐蔭学園v日本航空石川
13:15 東福岡v筑紫
14:30 京都成章v早稲田実業
15:45 東海大大阪仰星v佐賀工業


その他の日程・結果はこちら

早稲田実業はシード校京都成章と対戦する

早稲田実業はシード校京都成章と対戦する

シード校では連覇を狙う桐蔭学園は昨年シード校だった日本航空石川と対戦。関西学院、御所実に対して流経大柏、國學院栃木が挑む。初優勝を狙う京都成章は早稲田実業と対戦。果たして順調に駒を進めることができるのか、はたまた「シードバック」がありえるのか。

関西学院は2回戦で流経大柏と対戦。

関西学院は2回戦で流経大柏と対戦。

 

今大会で唯一1回戦がなかった東海大大阪仰星は30日最後の試合に登場。相手は佐賀工。初戦のプレッシャーがある中でどんな戦いを見せるのかこちらも注目だ。

GALLARY

仙台育英は2回戦で青森山田との「東北対決」に挑む

仙台育英は2回戦で青森山田との「東北対決」に挑む

 

春日丘は新潟工業と2回戦で対戦

春日丘は新潟工業と2回戦で対戦

 

大阪朝鮮は2回戦で昌平と対戦

大阪朝鮮は2回戦で昌平と対戦

 

1回戦完封勝利の常翔学園は鹿児島実と2回戦で激突

1回戦完封勝利の常翔学園は鹿児島実と2回戦で激突

 

関東ブロックを制した東海大相模は1回戦で光泉カトリックに快勝。2回戦は山形中央と対戦する。

関東ブロックを制した東海大相模は1回戦で光泉カトリックに快勝。2回戦は山形中央と対戦する。

 

高知中央は西陵との接戦に破れ1回戦敗退

高知中央は西陵との接戦に破れ1回戦敗退

 

2回戦進出を果たした西陵は2回戦は秋田工と対戦

2回戦進出を果たした西陵は2回戦は秋田工と対戦

 

昌平高校のモール

昌平高校のモール

 

名護高は國學院栃木の猛攻の前に1回戦敗退

名護高は國學院栃木の猛攻の前に1回戦敗退

 

1回戦大勝した國學院栃木は2回戦で御所実業に挑む。

1回戦大勝した國學院栃木は2回戦で御所実業に挑む。

 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ