ベン・ガンター、スーパーラグビーデビュー「夢のような日」 | ラグビージャパン365

ベン・ガンター、スーパーラグビーデビュー「夢のような日」

2019/03/15

文●斉藤健仁


明日のレッズ戦にむけ、秩父宮ラグビー場でキャプテンズラン(前日練習)を行った、スーパーラグビー・ヒトコムサンウルブズ。オーストラリア出身の21歳、ベン・ガンター(パナソニック)は念願のスーパーラグビーデビューを果たす。

強みは「フィジカリティ(当たりの強さ)」自分にもゆかりのあるレッズと秩父宮でデビュー戦を飾るのは特別な思い。

――スーパーラグビーデビュー戦です


ガンター 今日の日が来るとは思っていませんでした。夢のような日を21歳で迎えられたことはとても喜ばしいことです。家族から連絡ももらいましたし、家族、チームの誇りになれるように明日、頑張りたいと思います。


――オーストラリアのチームがデビュー戦となりました。


レッズには知り合いの選手たくさんいますし、高校のときに戦ったり、一緒にプレーしたりした選手がいます。ブリスベンと自分にもゆかりのあるチームと、秩父宮でデビュー戦を飾ることは、どんなデビュー戦も特別だが、今回はさらに特別だと思います。


――個人の強みは?


フィジカリティー(当たりの強さ)がポイントになると思います。ディフェンスでは相手の勢いを止めること、アタックではチームに勢いをつけることができたらと思います。(レッズサイドもフィジカルが鍵と言っていますが)こっちが彼らを倒します!


――レッズは開幕から3戦全敗です。勝ちたい相手では?


レッズのソーンHCが明日の試合で並べている選手を見ると若くタレントを持っている選手、中には経験を持っている選手もいます。若い選手はアピールしたいとプレーするので注意したい。勝つことができたらハッピーです。


――先週のブルーズ戦はフィジカリティーより規律が問題で(敗戦)した。明日は若いSO先発します。バックローとしてはどうプレッシャーをかける?


非常に若い10が出ると聞いているので、彼が選択しないプレーを選択させることが鍵になってくると思います。規律の部分ではディフェンスシステムを信じて、余計なリスクを取らないことが大事。しっかりディフェンスできるチームだと思いますので、そういったことは先週の試合も全然違ったものになったし、明日もしっかりできると思っています。


――明日は6番でプレーします。トップリーグでは8番です。


特に好みのポジションないが番も8番も両方しっかりプレーできると思います。チームが14番やれと言われれば喜んでやります。微妙に求められている役割は違いますが、ほとんどいっしょです。パナソニックで6番を何度もプレーしていますし、やらないといけないことはわかっているので、明日6番でやることに自信があります。

Ben GUNTER(ベン・ガンター)
1997年10月24日、タイ生まれ。178cm/92kg。パナソニックワイルドナイツ所属。ブリスベンボーイズ高校(オーストラリア)出身。18歳で来日しトップリーグ最年少記録ホルダーを持つ。タックルも強く、ボールキャリアとしてもパワフルで満を持してスーパーラグビーデビューを迎える。


斉藤健仁
スポーツライター。1975年4月27日生まれ、千葉県柏市育ち。印刷会社の営業を経て独立。サッカーやラグビー等フットボールを中心に執筆する。現在はタグラグビーを少しプレー。過去にトップリーグ2チームのWEBサイトの執筆を担当するなどトップリーグ、日本代表を中心に取材。

プロフィールページへ



 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ