ジャパンXV・世界選抜XVフォトギャラリー「ポジティブに捉えオールブラックス戦に挑む」 | Rugby Japan 365

ジャパンXV・世界選抜XVフォトギャラリー「ポジティブに捉えオールブラックス戦に挑む」

2018/10/27

写真・構成●大友信彦


ラグビー日本代表はジャパンXVとしてロビー・ディーンズ、パナソニックヘッドコーチ率いる世界選抜XVと対戦した。一時は30点近く引き離されたものの、後半疲れの見えた相手に対しフレッシュレッグスが躍動。80分間攻め続け、3点差まで追い詰めるも勝利することはできなかった。ワールドカップ2019に向け新しくなった花園ラグビー場を舞台に行われた80分を写真で振り返る。

世界選抜を率いたアンディ・エリス主将

世界選抜を率いたアンディ・エリス主将

 

抜群の存在感を放った世界選抜のCTBノヌー

抜群の存在感を放った世界選抜のCTBノヌー

 

ゲームメークにランに絶好調だった世界選抜のSOクロニエ

ゲームメークにランに絶好調だった世界選抜のSOクロニエ

 

2人のタックルを鮮やかに抜いてトライを決めた日本WTB福岡

2人のタックルを鮮やかに抜いてトライを決めた日本WTB福岡

 

リーチとファンデルヴァルトのダブルタックル

リーチとファンデルヴァルトのダブルタックル

 

稲垣と山下のダブルタックル

稲垣と山下のダブルタックル

 

後半、ラファエレがインターセプトからトライを返す

後半、ラファエレがインターセプトからトライを返す

 

日本WTB福岡に世界選抜FWブリッツがタックル

日本WTB福岡に世界選抜FWブリッツがタックル

 

福岡と森谷がキックを競り合う

福岡と森谷がキックを競り合う

 

後半20分、日本WTBレメキが世界選抜CTBノヌーのタックルを振り切りトライ

後半20分、日本WTBレメキが世界選抜CTBノヌーのタックルを振り切りトライ

 

後半28分、トライ体勢に入った日本CTB中村に世界選抜FWブリッツが執念のタックルでノックオンさせる

後半28分、トライ体勢に入った日本CTB中村に世界選抜FWブリッツが執念のタックルでノックオンさせる

 

後半から出場したSH田中。視野の広さと、絶妙な間合いでチームに勢いを蘇らせた。競った展開での投入はジャパンの武器になる予感を感じさせた。

後半から出場したSH田中。視野の広さと、絶妙な間合いでチームに勢いを蘇らせた。競った展開での投入はジャパンの武器になる予感を感じさせた。

 

終盤、果敢にボールを動かしたSO松田

終盤、果敢にボールを動かしたSO松田

 

後半34分、松田のキックを追った中村がデッドボールラインギリギリで押さえトライ

後半34分、松田のキックを追った中村がデッドボールラインギリギリで押さえトライ

 

終了直前、3点差に迫った日本代表はなお猛攻をしかけたが…

終了直前、3点差に迫った日本代表はなお猛攻をしかけたが…

 

81分50秒、11次攻撃でツイが落球、3点及ばず敗れた

81分50秒、11次攻撃でツイが落球、3点及ばず敗れた

 

ノーサイド、健闘をたたえ合う両軍選手。握手を交わす福岡と森谷

ノーサイド、健闘をたたえ合う両軍選手。握手を交わす福岡と森谷

 

大友信彦
(おおとものぶひこ)

1962年宮城県気仙沼市生まれ。気仙沼高校から早稲田大学第二文学部卒業。1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』(文藝春秋)で活動。’87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

プロフィールページへ


 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ