シックスネーションズ2019展望・スペシャル対談ージェフ・パーリング✕大西将太郎 | Rugby Japan 365

シックスネーションズ2019展望・スペシャル対談ージェフ・パーリング✕大西将太郎

2019/01/27

文●WOWOW


シックス・ネーションズ開幕を前に、WOWOWは元日本代表の大西将太郎と、シックス・ネーションズの戦いを肌で知る、日本で唯一の選手ジェフ・パーリングによるスペシャル対談を行った。
ジェフ・パーリング、35歳。イングランド代表LO(ロック)として29キャップを持ち、シックス・ネーションズ、2015年ワールドカップ、さらに2013年にはブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズに、2017年には世界選抜にも選ばれた名手であり、2017年からはトップリーグの宗像サニックスブルースで、さらにスーパーラグビーのメルボルン・レベルズでプレー。ホームユニオン、それも最も保守的なカルチャーを持つといわれるイングランドから国外に飛び出した、探究心旺盛で、インテリジェンス溢れるラガーマンである。
まもなく開幕するシックス・ネーションズについて、母国イングランドについて、そして8ヵ月後に迫ったワールドカップ日本大会について、大西将太郎が訊いた。

大西:ジェフさんに伺います。まず、シックス・ネーションズの魅力とは。


ジェフ:素晴らしい大会だよ。まず、どの試合でも国をあげてのライバル意識が激突する。特に、私の国、イングランドに対してはどの国も、絶対に倒してやろうと向かってくる。本当にすごい大会だ。
会場も素晴らしい。パリやカーディフ、ダブリン、ローマなど華やかな都のスタジアムでプレーするのは最高だし、スタジアムも素晴らしい。


大西:シックス・ネーションズはどの会場の、どの試合も常に満員ですよね。何か思い出に残っている出来事はありますか。


ジェフ:そうだね、よく覚えているのは初めてカーディフに行ってウェールズと戦ったときだ。ミレニアム・スタジアムの屋根は閉まっていて、ファンの歌声がガンガン反響して、スタジアムはイングランドへの敵意で満ちていた。その中で私たちはボロ負けしたんだ(笑)。 ウェールズのファンはイングランドの負けを熱望していた。サッカーみたいな雰囲気だった。それは多分、イングランド対ウェールズだからだったと思う。それも含めて、ライバル国で試合するのは素晴らしい体験だった。

大西:僕も2007年ワールドカップの時、あの場所でウェールズ戦を経験しました。


ジェフ:屋根は閉まってた?


大西:はい、閉まっていました。凄い歓声でした。


ジェフ:そうだろ(笑)。あのスタジアムは町の中心にあるから、 みんな試合の直前まで周りのパブでビールを飲んでいて、そのままスタジアムに来る。だから余計盛り上がるんだ。最高のスタジアムだ。


大西:僕もそう思います。では今年のシックス・ネーションズに向けて、各国の印象を伺います。まず、イングランドが初戦で戦うアイルランドから。


ジェフ:アイルランドは今、とても強いよ。まず、イングランドと違って、選手が試合するペースをコントロールできている。彼らはシーズン中、国内リーグの試合がイングランドの選手の半分以下なんだ。だから 代表の試合に集中しやすい。いいコンディションで試合に臨めるんだ。もともとアイルランドはいい選手が多いし、ヘッドコーチのジョー・シュミットもいいし、代表戦に備えていい準備をしている。2019年の日本でのワールドカップでもすごく面白い存在になるだろうね。


大西:ワールドカップで日本はそのアイルランド、スコットランドと同組になります。スコットランドにはどんな印象を持っていますか?


ジェフ:スコットランドはここ数年、チームがすごく改善されて、プレーが良くなっている。ただ、それがまだ安定していない。ホームで戦う日本の方が有利だと思う。


大西:実際にジェフさんが対戦して感じた、スコットランドやアイルランドのチームカルチャーは何かありますか?


ジェフ:そうだね、まず、スコットランドもアイルランドもウェールズも私たちイングランドが大嫌いなんだ。(スコットランドの)マレーフィールドに行った時は私たちの乗ったバスの前を楽隊が行進してて、 会場入りに30分もかかったんだ。きっと会場入りを遅らせ、ウォームアップの時間を減らそうとしたんだと思うな。
チームカルチャー自体は、チームの中にいた訳じゃないから分からないけど、どのチームも選手たちは基本的にいい人たちだよ。もちろん、皆イングランドには勝ちたいと思っているけどね。


大西:ウェールズは今、世界ランク3位です。


ジェフ:ウェールズもいいチームだ。秋のテストマッチでは4戦中 3勝してる。前回のワールドカップでは思ったほど活躍できなかったが、ウェールズを過小評価すべきじゃない。大型チームだし、個々に素晴らしい能力を持った選手が多い。ただ彼らは過小評価された方がやりやすいだろう。


大西:2015年ワールドカップではジェフさんのいたイングランドは予選プールでウェールズと対戦しましたね。


ジェフ:ひどい試合だったよ。我々は12点リードしていて 残り時間が30分ちょっとだった。でも 負傷者も多く出て、最終的には負けてしまった。彼らは粘り強かった。自国開催のワールドカップだったし、皆の期待も大きかったから、もっといい試合をしたかったけどね。勝ち試合だっただけに、あれは忘れられない試合だ。


大西:フランスについての印象はいかがですか?


ジェフ:フランスは予測不能だ。すごく強いか、すごく弱いか。この前も、フィジーに負けたばかりだ。別にフィジーが弱いわけじゃなく、彼らも強い時があるけれど、それ以上にフランスには波があるんだ。すごいトライをして勝ったかと思えば、次の試合じゃ 全然だめだったりする。


大西:まさに、それがフレンチ・スタイル(笑)


ジェフ:その通り。それがフレンチ・スタイルだ。つまり予測不能なんだ。


大西:イタリアについてはどのように見ていますか?


ジェフ:イタリアはここ数年、元アイルランド代表のコナー・オシェイがヘッドコーチになって少しずつ強くなっているが…ワールドカップで衝撃を与えるほどではないね。でも、彼らの成長はシックス・ネーションズにとって重要な要素だ。選手たちは皆、温かいローマに行きたがるし、イタリアの選手は情熱的だ。ただ、全部の試合で実力を出し切れていない。スクラムにしても、いい時も悪い時もある。


大西:では、ジェフさんの母国であるイングランドについては?


ジェフ:活躍を期待しているよ。前回のワールドカップでは期待に応えられなかったけど、イングランドにはいい選手がいるし、日本に詳しいコーチもいる。ワールドカップでは多くの選手が前回大会の屈辱を胸に戦うだろうし、決勝トーナメントに進出して活躍するだろう。


大西:今のイングランド代表について教えてください。もし秘密でなければ。


ジェフ:秘密なんてないよ(笑)。選手はみんないいヤツだ。その中でも、イングランドを引っ張っているのはSO/CTB(スタンドオフ/センター)のオーウェン・ファレルだね。彼は精神力がとても強い。若い頃から猛練習してきて、勝利への執念が強く、練習でも毎セッション勝とうとして、周囲に大きな影響を与える。イングランド代表の大黒柱だ。


大西:昨年、(ヘッドコーチの)エディー・ジョーンズに会った時「ファレルはまだ若いから、キッカーもキャプテンも任せるのは負担が大きいのでは」と質問したんです。でもエディーは「確かに仕事は多くなるが、彼はイングランドにとってとても大事な選手だ」と言ってました。


ジェフ:彼は責任の重さを楽しんでるね。若いけれど、20歳の頃から成熟して見えた。ラグビーリーグのウィガンでプレーを始め、主将になったが あそこで成長したんだろう。


大西:ジェフさんの後にレギュラーとして活躍しているマロ・イトジェはどうですか?


ジェフ:とてもいい選手だ。彼が19歳の時に私は対戦した。彼がサラセンズで試合に出始めた頃だ。当時から才能があったよ。サラセンズのコーチに「あれは誰だ?すごくいい選手だね」と尋ねたんだ。タックルもいいし、ボールを取るのも ラインアウトもいい。素晴らしいアスリートだ。イングランド代表入りして最初のシーズンは、本当に抜きんでていた。


大西:シックス・ネーションズに向けて、イングランドのカギを握る選手は?


ジェフ:多分、中心になるのはビリー・ヴニポラだ。パワーがすごい。PR(プロップ)のマコ・ヴニポラもとてもいい選手だが No.8(ナンバーエイト)のビリー・ヴニポラが一番重要なフォワードだ。彼の突進力がチームのカギを握っている。彼はここ数年負傷が多いから、イングランドにとって彼が無傷で好調であることが大事だ。


大西:エディー・ジョーンズが来てイングランドが変わった点は何でしょう?


ジェフ:エディーは勝利に対する執念の強いコーチだ。イングランドは前回のワールドカップで結果を出せなかったが、彼が来る前に基礎を築いていた。前コーチのアンディ・ファレルは今アイルランドで、前ヘッドコーチのスチュアート・ランカスターは今レンスターでいい仕事をしているように、彼らも優れたコーチだ。ワールドカップではダメだったが、彼らが築いたのものは今に活きている。エディーはそこに鋼鉄のような勝利への執念を持ち込んだんだ。この1年は少し低迷したが、ワールドカップでは盛り返すはずだ。


大西:ジェフさんはラインアウトのリーダーをしていましたが今のラインアウトコーチのボーズウィックをどう思いますか?


ジェフ:彼に教わったことはないが、彼のチームとは何度も対戦した。とても賢いラインアウトのブレーンだし、人間的にもとてもいい人だ。サラセンズの主将を務め、多くのトロフィーを獲得したね。コーチとしても素晴らしい実績を出している。


大西:もうひとつ、イングランド人にとってイングランド代表になることの意味はどういうものなのでしょう?


ジェフ:イングランド代表としてプレーすることはとても誇らしいことだ。私が選ばれたのは28歳の時だけど、とても誇らしかったよ。
代表選手は多くの人の代表だから、勝った時はすごく嬉しいし、前回のワールドカップのように負けたときはすごく悔しい。皆を失望させた責任を感じるからね。本当は、全力を尽くしたんだし、そう感じるべきじゃないんだけどね。勝利の後はすごく誇らしいが、負けたときは本当に悲しい。


大西:以前のイングランドはオックスフォードやケンブリッジなどの大学を出た選手がよくいましたが、最近は大学を経由せずにプロになる人が増えていますね。ジェフさんはニューカッスル大学を出ていますが、この傾向をどう思いますか?


ジェフ:ここ数年、イングランドのプレミアシップでは選手のサラリーが非常に高くなっているからね。今の選手たちは若いうちにプロ入りして、100%ラグビーに専念できる環境があって、これはラッキーなことだと思う。ただ、プロ選手として長年活躍できるかどうかはわからないし、ケガすることもある。それを考えると大学には行った方がいいと思うな。勉強が嫌いならビジネスや貿易を学ぶとかね。プロでも、サラセンズのようなチームは、選手に休日にスポンサーの所に行って仕事を学ぶことを奨励しているよ。


大西:しかし、大学も出てプロ選手になった後で、あなたは日本に来ました。そしてオーストラリアにも行ってスーパーラグビーのレベルズでもプレーした。あまり例がないと思いますが…いったい、なぜ日本やオーストラリアでプレーしようと思ったのですか?


ジェフ:冒険がしたかったんだ。自分と家族のためにね。そこで、 スーパーラグビーに行く手配をして、レベルズに行けることになった。 スーパーラグビーが始まるまでは日本のトップリーグでプレーすることにした。日本でコーチをしていたベン・ヘリングとジェイミー・ジョセフが勧めてくれたし、家族も賛成してくれた。実際、日本に来て本当に良かったよ。そりゃあ、最初は大変だったよ。3人の子供のうち、一番下の子は生後3ヵ月だった。赤ん坊と一緒に日本まで来るのは大変だった。でも日本での生活は家族全員にとって、素晴らしい体験だったよ。


大西:家族は喜んだのですね?


ジェフ:イエス。家族のためにも良かった。息子はとてもシャイだったけど、日本に来てシャイじゃなくなった。ここの地元の少年ラグビーチーム(玄海ジュニア)に連れて行ったら、初日から、日本語もできないのに、夢中になって一緒にプレーしていた。子供たちにとってもいい経験だった。


大西:ラグビーに話を戻すと、ジェフさんはイングランドのプレミアシップと日本のトップリーグとスーパーラグビーのレベルズでプレーしました。それぞれの違いをどう感じましたか。


ジェフ:スーパーラグビーは少しルースな感じだね。相手ディフェンスをブレイクしたら、まだフィフティ・フィフティの状況でもトライしようとチャレンジする。北半球ならもっとボールをキープするところだ。だからスーパーラグビーでは、ターンオーバーした直後に、またターンオーバーされたりするんだ。
気候も影響しているね。英国では12月〜2月はとても寒くて雨が多いから、スクラムやモールやキックが多い。でもスーパーラグビーでは乾燥した状態が多いからハンドリングもしやすいし走りやすい。そういう天候の差もプレースタイルに影響しているね。


大西:ところで、日本に行く、スーパーラグビーでプレーする、と決めたとき、ジェフさんの周りの人たちの反応はどうでしたか?


ジェフ:「日本とオーストラリアに行くぞ」と言ったら、家族は「冗談だろ」と思ってた。本気だと知ったら皆、驚いてたよ。他の選手も驚いていたけど、多くは「すごいな」とか「冒険だな」とポジティブに反応してくれた。


大西:イングランドの他の選手たちに日本を勧めますか?


ジェフ:もちろんさ。ただ、その人のタイプにもよるけどね。母国から遠いし日本に合わない人もいる。日本や外国に行くなら文化も知る必要がある。私の日本語は大したことないが 、ここの食べ物が好きだし、とても美味しい。冒険心のある人で異文化を体験したい人には、ぜひ勧めるよ。


大西:日本で、サニックスでプレーしてみて、どんな発見がありましたか?


ジェフ:私は元々ピッチでよく喋る方だが、ここでは言葉の壁があるから難しい。別の方法で意思疎通する必要があった。だから、言葉以外の最良のコミュニケーション法を学べて良かった。


大西:外国から来た選手たちは「日本のラグビーはスピーディーだ」と言います。特にサニックスはそうだと思いますが、ジェフさんはどう思いましたか?


ジェフ:たしかに速いね。そしてルースな感じだ。イングランドよりスーパーラグビーに近い。それもチームによっても違うが…たとえばヤマハは、スクラムで押し込んでいくタイプだ。でも、そういうチームもあるが、多くのチームはもっとルースで速い。


大西:2019年、いよいよ日本でワールドカップが開催されますが、どんな大会になると予想しますか?


ジェフ:どんなワールドカップになるかって?日本のファンは最高のラグビーを見られるし、全く違う文化も体験できるから、素晴らしい経験だ。大勢の人が母国の応援に来るから、多くのバーはビールの在庫を増やしてる、って聞いてるよ(笑)。お互いにとって素晴らしい経験になる。チケットも売れるだろうし素晴らしいワールドカップになるさ。


大西:優勝はどこと予想しますか?


ジェフ:ニュージーランドとアイルランドが強いね。でも 私はイングランド人だからイングランドに優勝してほしい…いや、ここでは日本って言うべきだね!日本だ!


大西:ありがとうございます、嬉しいです(笑)。ところで、ワールドカップの年のシックス・ネーションズは普段のシックス・ネーションズと違うのでしょうか。2015年はどうでしたか?


ジェフ:シックス・ネーションズは常に重要だが、ワールドカップイヤーのシックス・ネーションズはより重要だ。ワールドカップ前にトロフィーを獲得すれば、ワールドカップで自信を持って戦える。シックス・ネーションズで何試合か負ければ、コーチも選手も「プランを変えなきゃダメかな?」と思う。だから、自信を持つ意味で重要さがより増す大会になる。


大西:今年のシックス・ネーションズの優勝は?


ジェフ:イングランドだ!


大西:半年後にワールドカップがあることを考えると、手の内を隠したいところかな?という気もしますが、それよりも、勝って自信をつけることの方が大事なのでしょうか?


ジェフ:その通り。勝つためのプレーをして、勝って自信をつけること。それがすべてだね。


大西:素晴らしい答えですね。最後に、これからのジェフさんのキャリアプランを聞かせてください。


ジェフ:選手としてはもう引退だ。これからはコーチになる。今もラグビーをプレーすること、試合でプレーすることが好きだし、選手を続けたい気持ちはあるけれど、肩を負傷したからね。でもコーチになれば、これからもラグビーに関わり続けられる。2019年はまず、レベルズでコーチを始めることが決まっている。その後は……その時になったらまた考えるよ(笑)。


大西:いろいろな国でプレーしてきた経験がコーチするときに活かせるでしょうね。


ジェフ:うん、それを活かしたいということも、私がコーチをしたい理由の一つだ。日本でコミュニケーション術を学んだのは私にとって大きな経験だし、スーパーラグビーで速さを学んだことも大きい。


大西:日本にコーチとして帰ってくるのを待っています。


ジェフ:オーケー。未来のことはわからないけど、その機会がくることを願っているよ。

ジェフ・パーリング(Geoff PARLING)
1983年10月28日、イングランド生まれ。35歳。198㎝、116㎏12歳のときストックトン・クラブでラグビーを始める。ニューカッスル大を経てイングランド・プレミアシップのニューカッスル・ファルコンズ、レスター・タイガース、エクセター・チーフスでプレー。2012年、28歳でイングランド代表に初選出され、シックス・ネーションズのスコットランド戦でテストマッチデビュー。2015年までの4シーズン、ロックとして29キャップを得る。2015年ワールドカップでは予選プール4試合すべてに先発出場した。他に2013年、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズのオーストラリア遠征メンバーに選ばれ3試合に出場。2017年、トップリーグの宗像サニックスブルースに加入。同年10月には福岡で行われた世界選抜-日本代表XV戦に世界選抜で出場。2018年、スーパーラグビーのレベルズでプレー。



WOWOW番組情報

★「生中継!ラグビー欧州6カ国対抗戦 シックス・ネーションズ」
130年以上の歴史と伝統を誇る「シックス・ネーションズ」。ヨーロッパのラグビー強豪6カ国が参加して行なわれる大会の模様を全15試合生中継でお届けする!
【放送日】2/2(土)〜3/16(土)※開幕戦無料放送

(第1節)
フランスvsウェールズ 2/2(土)午前4:45〜[WOWOWライブ]※無料放送
スコットランドvsイタリア 2/2(土)夜11:00〜[WOWOWライブ]
アイルランドvsイングランド 2/2(土)深夜1:30〜[WOWOWライブ]

(第2節)
スコットランドvsアイルランド 2/9(土)夜11:00〜[WOWOWライブ]
イタリアvsウェールズ 2/9(土)深夜1:30〜[WOWOWライブ]
イングランドvsフランス 2/10(日)夜11:50〜[WOWOWプライム]

■その他の放送予定は、WOWOWラグビーオフィシャルサイトをチェック!

http://www.wowow.co.jp/sports/rugby/

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ