サンウルブズ合流・SR初キャップなるか、SO山沢拓也「ゲーム理解力、そこをあげる」 | ラグビージャパン365

サンウルブズ合流・SR初キャップなるか、SO山沢拓也「ゲーム理解力、そこをあげる」

2019/03/20

文●斉藤健仁


RWCTS(ラグビーワールドカップトレーニングスコッド)から、サンウルブズへ合流したSO山沢拓也(パナソニック)。自身は怪我から実戦から離れているが、コンディションは上々のようだ。田村優、松田力也とポジション争いは熾烈だ。ワールドカップスコッド入りを果たすためにパフォーマンスでアピールしたい。

SOとして、ゲームマネジメント。冷静な判断。そこをあげていきたい

山沢拓也 選手の関連記事を読む



――今の状態は


この1ヶ月の合宿で、しっかり基礎体力つけてきたのでコンディションいい方だと思います。


――自分の強みは?


ランすること、ランで抜きに行くところが強みなのでスーパーラグビーでも出していきたい。


――あと半年でワールドカップです


個人的な課題はゲームの理解力というか、ラグビーを知ることなので、このスーパーラグビーでいろんなレベル高い選手がいる中で、いろんなことを学んで、自分ができる精一杯のことをして アピールしていきたい。SOなのでゲームの司令塔として、こういうときこういうゲームマネジメントするとか、どうした方がいいとか、自分だけでなく他の人と話し合いながら自分の中でいろんな引き出しが持てればパニックにならないでいける。そういうところ、いろんなことを聞きながら話し合いながら上げていきたい。(ジョセフHCにもそのあたりを求められている?)はい。

――ポジション争いは熾烈です。立ち位置は?


今は間違いなく一番下の位置にいると思うので、他のメンバーからいろいろ聞いたり、自分でいろいろ考えたり、いろんなことを学びながら自分の色に合わせていけばレベルアップできるかなと思います。


――W杯に対する思いは?


自分の国でワールドカップができることは、すごく嬉しいことで、一生ないと思うので、このチャンスをものにできるように、今からできることを精一杯やっていきたい。(あと半年ですが)自分にとっては、去年はケガあったので、短いと思います。その中で濃い生活をしていきたい。

――出場すればスーパーラグビー初出場となります。


もし出られれば嬉しいことですし、それ以上に(昨年の)10月くらいからプレーしていないので、いきなりスーパーラグビーなので、そこで置いておかれないようにしっかりコンディション上げていきたい。


――SOとして誰に聞いたりしている?


特に誰かのプレーを見たりというのはないですがバンジーに聞いたり、パナソニックでは堀江さんに聞いてFWにこういうとき、どうしてほしいとか言ってくれるのでためになりました。(日本代表合宿では)わからないことだらけだったので、(田村)優さんにいっぱい聞いて教えてもらいました。本当に細かいことで、こういうときこういう立ち位置やこう考えた方がいいとか教えてもらいました


――ジョセフHCには何を言われている?


ゲーム理解力、これがまず第一で、そこを言われていたので、そこを上げていきたい。
(サンウルズブズ行きは?)先々週の終わり、沖縄に行く手前くらいに、ジェイミーから直接言われました。


――2019年出場してほしいと期待されていましたが、ご自身ではどのように捉えていた?


昔は周りの人にそういわれても全然考えてもなかったし、実感が湧いていかなかったですが、ここ1~2年はワールドカップを意識して練習とかするようになった。


――新しいチームに入ることになります。何か意識していることは?


なかなか日本語が通じないので、なおかつしゃべらないといけないポジションなので、最初はすごく戸惑っていましたが、少しずつ慣れていっていっぱいしゃべらないといけないと思います。サンウルブズがどういうラグビーをするか、どういうムーブやコールがあってということを、知ることから始まるので、早く知って言えるようになれば、どうしたらいいかという話し合いができると思うので、ベースの部分を埋めていきたいと思います。


山沢拓也 選手の関連記事を読む

斉藤健仁
スポーツライター。1975年4月27日生まれ、千葉県柏市育ち。印刷会社の営業を経て独立。サッカーやラグビー等フットボールを中心に執筆する。現在はタグラグビーを少しプレー。過去にトップリーグ2チームのWEBサイトの執筆を担当するなどトップリーグ、日本代表を中心に取材。

プロフィールページへ



 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ