明治新体制の初陣勝利で春季3連勝―東海大に逆転勝利 | ラグビージャパン365

明治新体制の初陣勝利で春季3連勝―東海大に逆転勝利

2021/06/06

文●編集部


6月6日(日)、13時から関東大学ラグビー春季大会Aグループ、昨年の対抗戦王者の明治大とリーグ戦覇者の東海大の一戦が東京・八幡山にある明治大グラウンドで行われた。明治大が後半最後に逆転し28-26で勝利し神鳥裕之新監督の初陣を飾り、春季大会で3連勝を達成した。東海大は1勝1敗(慶應義塾大戦は中止)で終えた。

試合の流れをつかんだのはFWで優勢だった東海大だった。前半2分、12分と相手ゴール前のモールからPR土一海人(4年)、LO小池隆成(4年)がトライを挙げて0-14とリードする。明治大もゲームキャプテンのNO8大石康太(4年)1トライを返したが、東海大が前半終了間際にNO8ノア・トビオ(4年)が押さえて19-7で前半を折り返した。

桐蔭学園のBKの要だった明治大WTB秋濱(1年)

桐蔭学園のBKの要だった明治大WTB秋濱(1年)

後半、15分までに互いにトライを取り合い14-26となってから、なかなか試合は動かなかった。だが、フィットネス、フィジカルと鍛えてきた明治大がボールを動かし続けて相手の反則を誘い、敵陣でアタックを続けた。そして36分にはPR中山律希(2年)が、続くロスタイムにはゲームキャプテンNO8大石が押さえてトライ、最後のゴールを途中出場のSO池戸将太郎(2年)が決めて28-26で勝利を収めた。

飯沼に替わって出場した明治大SH丸尾

飯沼に替わって出場した明治大SH丸尾

 

明治大学 神鳥裕之監督

初陣を飾った明治大の神鳥監督

初陣を飾った明治大の神鳥監督

春から作り上げてきたフィットネス、ストレングス、基本的なところが、フィジカルの強い東海大にどれだけ通用するかチャレンジして、前半から後半半ばまで少し点数離されたが、諦めずに最後、ひっくり返したのはチームとして粘り強さが出てきたかなと思います。

試合を見守る明治大のコーチ陣

試合を見守る明治大のコーチ陣

(東海大さんは)試合をしてみてもトライはセットプレーからラインアウトからモールだったので、力強い印象です。これからチーム作りのディテールなどもやっていかないといけないし、反則からトライを奪われるなどピンチを迎えていた。ディテールや細かいところの落とし込みは秋に向けてやっていきたい。

ゲームキャプテンNO8大石康太(4年)

ゲームキャプテンの明治大NO8大石

ゲームキャプテンの明治大NO8大石

最後の最後にチーム全体で走り勝つことできて、チームとして良かったと思います。東海大さんの激しいモールでやられてしまったので修正したい。モールにこだわってくることがわかったが、守れていなかったところがあったのでFWは課題としてやっていきたい。今日、相手に走り勝てたのはチームが春やってきたことが自信になった。そこにディフェンスやアタックの細かいところの精度にこだわって最後、優勝できるように頑張りたい。


チームが選ぶMOM FL木戸大士朗(1年)

チームが選ぶMOMに選ばれた明治大1年FL木戸

チームが選ぶMOMに選ばれた明治大1年FL木戸

(東海大の)セットプレーが予想以上に強くて苦労しましたが、試合中改善してできたのが良かった。(MOMに選ばれて)正直、驚いています。選ばれたことに自信を持ってこれからも頑張っていきたい



東海大 木村季由監督

スクラムでプレッシャーをかける東海大

スクラムでプレッシャーをかける東海大

序盤、しっかり強みであるFWが機能して前に出て、試合の流れをつかんだが、後半、受けに回ってミス、反則の負の連鎖を断ち切れなかった。チームとしてゲームを最後までコントロールしていかないといけないところで、規律の部分でペナルティーが多すぎるのは改善していかないといけない。明治さんは最後まで自分たち形をやり抜いて最後に逆転された。(明治さんは)アタックもボールを動かそうと1試合やり続ける強さを感じられた。そういうところにちょっと差があったかなと思います。原因は自分たちにあるので、修正していく。しっかり練習していきたい。


キャプテンFLジョーンズリチャード剛(4年)

後半、最後、自分たちが修正しないといけない部分があらわになってので、今後の試合につなげていきたい。(明治大さんは)自分たちのラグビーを突き通して、我慢強く攻めてきたので歴史のあるチームだと思いました。


チームが選ぶMOM PR土一海人(4年)

後半、モールからトライを挙げたPR土一

後半、モールからトライを挙げたPR土一

前半、自分たちの思うように試合を運べたが、後半、相手の速いテンポに後手を踏んでしまった。すごくはやいテンポのアタッキングなラグビーという印象を受けました。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ