「ハングリーに」久々の先発LO真壁伸弥、出場すれば初キャップのFL西川征克 | Rugby Japan 365

「ハングリーに」久々の先発LO真壁伸弥、出場すれば初キャップのFL西川征克

2018/06/23

文●斉藤健仁


6月23日に行われる「リポビタンDチャレンジカップ2018」ジョージア代表戦の試合登録メンバーが発表され、ケガ人などの影響もあり、先週のイタリア戦から7人メンバーが入れ替わった。2019年のワールドカップスコッドをかけて、新らたなメンバーが生き残りをかける。ケガから復帰したLO真壁伸弥、NDS、ジャパンAのNZ遠征で素晴らしいパフォーマンスを見せ、代表初招集となったノンキャップFL西川征克に試合への意気込みを聞いた。

「今年の出来が良くなかったので、やっとここまで来たので緊張している」真壁伸弥

――今年初めて、そして半年ぶりのテストマッチです。


今年の出来が良くなかったので、やっとここまで来たので緊張しています。準備はしてきました。


――ジョージア代表はFWに強みがあります。


スクラムとモールが相手の強みですが、BKやサインプレーで(日本代表の)上回っている。FWとして仕事したい。(ジェイミー・ジョセフHCの)期待に応えたい。


――スクラムについて


スクラム自体は今までとやっていることは変わらない。相手がずらしてくるので、前3人が対応して、後の5人は変わらない。重しを伝える、エンジンの役割をする。エンジン(の一人)に選ばれたのでしっかりトライしていきたい。

サンウルブズではチームメイトのブレグバゼ

サンウルブズではチームメイトのブレグバゼ

――ジョージア代表はサンウルブズのHOジャバ・ブレグバゼが先発します。


(ジャバは名古屋から豊田まで)バスに1時間乗るとふくらはぎが張るので、勝機があると思っています(笑)。(ジャバと一緒のチームになって)今まで以上に(ジョージアの選手は)スクラムに対してのプライドがすごいなと感じました。エディー(・ジョーンズHC)さんの時にも、「(ジョージア代表は)プライドがあるぞ」と言っていました。(ジョージア代表のセットプレーに)勝つための準備はしました。そこを崩せばいけると思う。(ジャバは)スクラム練習の態度、姿勢が全然違います。スイッチが入ると僕も入るので、すごくいいチームメイトですね。

2016年の試合ではモールで押し込まれるシーンが見られた

2016年の試合ではモールで押し込まれるシーンが見られた

――ジョージア代表とは2012年から5回目の対戦です。


フィジカルが強いので、そこでモメンタム持って行かれたらなかなか引き返せなくなる。スタートの20分が大事かなと思います。自分としては(逆に)勢い作るようなプレーをしたいので、近場でいいのでゲインラインを切っていくのが大事かなと思います。


――相手のモールディフェンスの対策は。モールはジョセフHCが指導しています。


もちろん対策しています。ディスカッションしながらやっています。(ジョセフHCが)すごく調べてくれているので、それに対して、現場で経験をプラスしていい方向に向かっていると思います。


2015年、ワールドカップ直前のテストマッチでジャパンはジョージアからモールでトライを奪い大きな自信につなげた。

2015年、ワールドカップ直前のテストマッチでジャパンはジョージアからモールでトライを奪い大きな自信につなげた。

――前の試合から7人先発が変わりました


僕も含めて久しぶりのメンバーが多いのでハングリーなところが出ると思っているので、その部分ではいいかなと思います。立川、山田さんと悔しい思いをしているメンバーがどれだけ爆発するか。僕もそれに応じていきたい


――2015年W杯時は、直前にジョージア代表に勝利して勢いに乗りました。


セットプレーとモールでなかなか勝てなかった相手に、W杯前に勝って自信になった。今回も同じだと思います。セットプレーで(ジョージア代表に)勝つことが2019年W杯に向けての自信につながる。

――LOの真壁選手としてはセットプレーにフォーカスしている?


セットプレーと言われているが、セットプレーがいいLOはたくさんいます。(僕は)フィールドプレーもやっていかないと2019年W杯に残れないと思います。ウヴェのような(自分と)同じような選手もいます。体を張って、チームが元気になるようなプレーをして、チームが元気になれば勝てると思うので、そういうプレーを目指したい。


「『急に来た』という感じ。チャレンジしたい」FL西川征克

――出場すれば日本代表初キャップとなります


ようやくこの日本代表というジャージーを着られました。誇りを持ってやることと、明日に向けていい準備ができているので、体調面も含め100%で試合に挑めるようにしたい。

(ベンチからのスタートで)状況はどうなるかわかりませんが、やるべきことをやることとチャレンジすること、相手にプレッシャーをかけることを大事にしたい。


――こんなにメディアに囲まれたことはありますか?


こんなに囲まれたことは(今まで)ないのですが、今のところ緊張はありません。明日はどういう状況になるかわかりませんがチャレンジしたい。(今まで日本代表と)無縁でしたが、正直、ここに来て「急に来た」という感じです。


――選手とコミュニケーションは取れていますか?


サンゴリアスの選手とは普段からコミュニ-ケーション取れていますし、チームディナーなどで話すことはできています。


――ご家族に連絡しましたか?


親と家族には連絡しました。父と母は「おめでとう」くらいでしたが、嫁は喜んでくれて、明日会場に来てくれるのでいいパフォーマンスしたい。


――あらためて明日に向けて意気込みを


出るチャンスがあるかわかりませんが、出たときにチャレンジできるように頑張ります!


斉藤健仁
スポーツライター。1975年4月27日生まれ、千葉県柏市育ち。印刷会社の営業を経て独立。サッカーやラグビー等フットボールを中心に執筆する。現在はタグラグビーを少しプレー。過去にトップリーグ2チームのWEBサイトの執筆を担当するなどトップリーグ、日本代表を中心に取材。

プロフィールページへ



 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ