「ハングリーに」久々の先発LO真壁伸弥、出場すれば初キャップのFL西川征克 | Rugby Japan 365

「ハングリーに」久々の先発LO真壁伸弥、出場すれば初キャップのFL西川征克

2018/06/23

文●斉藤健仁


6月23日に行われる「リポビタンDチャレンジカップ2018」ジョージア代表戦の試合登録メンバーが発表され、ケガ人などの影響もあり、先週のイタリア戦から7人メンバーが入れ替わった。2019年のワールドカップスコッドをかけて、新らたなメンバーが生き残りをかける。ケガから復帰したLO真壁伸弥、NDS、ジャパンAのNZ遠征で素晴らしいパフォーマンスを見せ、代表初招集となったノンキャップFL西川征克に試合への意気込みを聞いた。

「今年の出来が良くなかったので、やっとここまで来たので緊張している」真壁伸弥

――今年初めて、そして半年ぶりのテストマッチです。


今年の出来が良くなかったので、やっとここまで来たので緊張しています。準備はしてきました。


――ジョージア代表はFWに強みがあります。


スクラムとモールが相手の強みですが、BKやサインプレーで(日本代表の)上回っている。FWとして仕事したい。(ジェイミー・ジョセフHCの)期待に応えたい。


――スクラムについて


スクラム自体は今までとやっていることは変わらない。相手がずらしてくるので、前3人が対応して、後の5人は変わらない。重しを伝える、エンジンの役割をする。エンジン(の一人)に選ばれたのでしっかりトライしていきたい。

サンウルブズではチームメイトのブレグバゼ

サンウルブズではチームメイトのブレグバゼ

――ジョージア代表はサンウルブズのHOジャバ・ブレグバゼが先発します。


(ジャバは名古屋から豊田まで)バスに1時間乗るとふくらはぎが張るので、勝機があると思っています(笑)。(ジャバと一緒のチームになって)今まで以上に(ジョージアの選手は)スクラムに対してのプライドがすごいなと感じました。エディー(・ジョーンズHC)さんの時にも、「(ジョージア代表は)プライドがあるぞ」と言っていました。(ジョージア代表のセットプレーに)勝つための準備はしました。そこを崩せばいけると思う。(ジャバは)スクラム練習の態度、姿勢が全然違います。スイッチが入ると僕も入るので、すごくいいチームメイトですね。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ