藤田慶和「自分の殻を破れる」大会にする! | ラグビージャパン365

藤田慶和「自分の殻を破れる」大会にする!

2015/09/17

文●斉藤健仁


ラグビーワールドカップ開幕まであと1日。日本代表は初戦の南ア戦にむけて最終調整をおこなっている。16日、WTB藤田慶和(早稲田大学・3年)が取材に応じ、初めてのワールドカップに対する思いを語った。

(南アフリカ戦が近づいてきて)チームの雰囲気もグッと引き締まっています。ワールドカップに向けてチームとしても自分としても良い準備ができています。今はあまり緊張とかなくて、ワクワク感、どんなものなのか楽しみがあります。

ワールドカップだからといって特別なものはなくて、いつもどおり、自分がやってきたことしか出来ないと思うので、やってきたことをどれだけ出せるかということにフォーカスしています。120%を出すというのは難しいと思うので、100%を出せば、それが結果として現れてくると思っています。

 

「相手のキープレーヤーにプレッシャーをかけ続けゲームを作らせない」

−−「南アフリカの弱み」とは何ですか?

藤田 核になる選手が何人かいますが、そうしたプレーヤーにプレッシャーをかけることでちょっと狂ってくると思うので、相手のキープレーヤーにどれだけ自分たちがプレッシャーをかけられるか。イライラさせることができるか、が大切だと思っています。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ