日本初、アジア初のラグビーワールドカップ杯を盛り上げる公式マスコット決定!親子の「レンジー」 | Rugby Japan 365

日本初、アジア初のラグビーワールドカップ杯を盛り上げる公式マスコット決定!親子の「レンジー」

2018/01/26

文●斉藤健仁


1月26日(金)、東京・明治記念館でラグビーワールドカップ2019日本大会を盛り上げる、公式マスコットの「レンジー」(Ren-G)が発表された。

「レンジー」は古来より幸福を招き邪悪を退けるとされてきた想像上の「獅子」から発想を得て、外見は連獅子や獅子舞に似たものになった。ラグビーボールの形をした顔が特徴の、白い髪で親の「レン」(Ren)と、子の赤い髪の「ジー」(G)の2体からなる。

日本、そしてアジアで初めてのワールドカップ開催をきっかけに、ラグビーの持つ5つのコアバリュー((品位/INTEGRITY、情熱/PASSION、結束/SOLIDARITY、規律/DISCIPLINE、尊重/RESPECT)と出会って、日本のどこかで生まれたという。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ