ラウンド18・ワラターズ戦スコアボード | Rugby Japan 365

ラウンド18・ワラターズ戦スコアボード

2018/07/08

構成●編集部


ブルズに勝利し、歴史的3勝を果たしたサンウルブズ。今シーズン最後のオーストラリアツアー2連戦の初戦ワラターズとの試合。前半、WTB山田章仁、FLリーチ マイケルのトライで接戦の展開も、前半終了間際にFBセミシ・マシレワが危険なタックルで一発退場となり、苦しい展開。1人少ない状況でアウトサイドを完全に攻略されワラターズに連続トライを許し25−77と大差をつけられ敗れた。

SCOREBOARD

スーパーラグビー2018 2018.07.07

  • POINTS:5(44) 
  • TRY:12 
  • CON:7 
  • PG:1 
  •  
  • TRY 11'' 3 セコペ・ケプ
  • TRY 25'' 39'' 15 イズラエル・フォラウ
  • TRY 34'' 12 カートリー・ビール
  • TRY 44'' 6 ネド・ハニガン
  • TRY 47'' 9 ニック・フィップス
  • TRY 52'' 73'' 11 タンゲレ・ナイヤラヴォロ
  • TRY 61'' 13 カーティス・ロナ
  • TRY 65'' 8 マイケル・ウェルズ
  • TRY 75'' 80'' 22 アレックス・ニューサム
  • CON 13'' 36'' 48'' 54'' 63'' 67'' 74'' 10 ◎バーナード・フォーリー
  • PG 42'' 10 ◎バーナード・フォーリー
  •  
  • 46'' 12 カートリー・ビール → 23 ブライス・へガティー
  • 51'' 8 マイケル・ウェルズ → 20 ブラッド・ウィルキン
  • 54'' 9 ニック・フィップス → 21 ジェイク・ゴードン
  • 54'' 2 ダミアン・フィッツパトリック → 16 トル・ラトゥ
  • 54'' 3 セコペ・ケプ → 18 パディー・ライアン
  • 56'' 15 イズラエル・フォラウ → 22 アレックス・ニューサム
  • 63'' 1 トム・ロバートソン → 17 ハリー・ジョンソンホームズ
  • 63'' 4 ジェド・ホローウェイ → 19 トム・スタニフォース
  • POINTS:0(14) 
  • TRY:3 
  • CON:2 
  • PG:2 
  •  
  • TRY 22'', 55'' 11 山田 章仁
  • TRY 28'' 6 リーチ マイケル
  • CON 23'' 56'' 10 ヘイデン・パーカー
  • PG 10'' 20'' 10 ヘイデン・パーカー
  •  
  • 46'' 12 マイケル・リトル → 23 中村 亮土
  • 51'' 8 姫野 和樹 → 20 ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ
  • 54'' 9 ◎流 大 → 21 田中 史朗
  • 54'' 2 ジャバ・ブレグバゼ → 16 庭井 祐輔
  • 54'' 3 浅原 拓真 → 18 ヘンカス・ファン・ヴィック
  • 56'' 15 野口 竜司 → 22 松田 力也
  • 63'' 1 クレイグ・ミラー → 17 稲垣 啓太
  • 63'' 4 ジェームス・ムーア → 19 ヴィンピー・ファンデルヴァルト
  • 1 トム・ロバートソン
  • 2 ダミアン・フィッツパトリック
  • 3 セコペ・ケプ
  • 4 ジェド・ホローウェイ
  • 5 ロブ・シモンズ
  • 6 ネド・ハニガン
  • 7 ウィル・ミラー
  • 8 マイケル・ウェルズ
  • 9 ニック・フィップス
  • 10 ◎バーナード・フォーリー
  • 11 タンゲレ・ナイヤラヴォロ
  • 12 カートリー・ビール
  • 13 カーティス・ロナ
  • 14 キャメロン・クラーク
  • 15 イズラエル・フォラウ
  • 16 トル・ラトゥ
  • 17 ハリー・ジョンソンホームズ
  • 18 パディー・ライアン
  • 19 トム・スタニフォース
  • 20 ブラッド・ウィルキン
  • 21 ジェイク・ゴードン
  • 22 アレックス・ニューサム
  • 23 ブライス・へガティー
  • 1 クレイグ・ミラー
  • 2 ジャバ・ブレグバゼ
  • 3 浅原 拓真
  • 4 ジェームス・ムーア
  • 5 グラント・ハッティング
  • 6 リーチ マイケル
  • 7 エドワード・カーク
  • 8 姫野 和樹
  • 9 ◎流 大
  • 10 ヘイデン・パーカー
  • 11 山田 章仁
  • 12 マイケル・リトル
  • 13 ジェイソン・エメリー
  • 14 セミシ・マシレワ
  • 15 野口 竜司
  • 16 庭井 祐輔
  • 17 稲垣 啓太
  • 18 ヘンカス・ファン・ヴィック
  • 19 ヴィンピー・ファンデルヴァルト
  • 20 ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ
  • 21 田中 史朗
  • 22 松田 力也
  • 23 中村 亮土
  • DIGEST

    「14人で戦うにはまだ力不足。自分たちの戦い方を確立してSRで戦えるところまで成長した」トニー・ブラウンヘッドコーチ代行

    レッドカードという残念な結果となり、強豪相手にサンウルブズは14人、最後は13人になってしまい、今日は厳しい試合となりました。前半はワラターズ相手に十分にプラッシャーをかけることができていたと思います。

    カードが出なければ、後半で自分たちのスピードとエナジーでプレッシャーをかけ続けることができたと思いますが、14人で戦うには我々はまだ力不足です。しかし、シーズンを通して見ると、チーム内での競争率、結束力は高まりチームは非常に成長したと思います。

    今日は厳しい試合でしたが、自分たちのやり方を確立してスーパーラグビーで戦えるところまでになりました。決勝まで戦えるチームを目指したい。

    Embed from Getty Images

    「アウトサイドを攻略され、1人少ない状況でのディフェンスが難しかった。来週アウェイで勝利して歴史をつくる」流大ゲームキャプテン

    Embed from Getty Images

    前半は自分たちのラグビーができてクロスゲームに持ち込むことができましたが、前半のレッドカードで一人失ってしまいました。アンストラクチャーなラグビーをして、ボールを動かしてトライをとりたかったのですが、相手のアタックが優れていたこともありますし、アウトサイドを攻略されて一人少ない時のディフェンスが難しく、非常にタフなゲームとなりました。

    試合終了後、チームには、今まで自分たちが積み重ねてきたことは間違いではない、今日のことはもう過ぎた事であり、来週の試合に向けて最高の準備をして、今季4勝目をアウェイで挙げて新しい歴史を作ろうと声をかけました。今日の試合を自分たちの成長につなげて、最終戦である次のレッズ戦にかけたいと思います。

     

    「来週は勝っていいかたちでシーズンを終えたい」リーチマイケル

    久しぶりのサンウルブズの試合を楽しみにしていました。スタートはよかったのですが、レッドカードで一人失ってからは大変でした。それでもその後もアタックプランは変えずにいこうと話して、相手はディフェンス、キックモーションが遅いと分析していたので、いけるかなと思っていました。来週は勝っていいかたちでシーズンを終えたい。

     

    「トライは皆がつないでくれた結果」 山田章仁

    今夜の試合では、皆が繋いでくれたボールをトライに持ち込むことができ嬉しく思います。前半にレッドカードが出てしまいましたが、少ない人数の中で一人一人少しずつワークレート(仕事量)を上げようとコミュニケーションをとっていたのですが、結果うまく機能することができませんでした。勢いに乗れなかった部分は来週に向けて修正し、次の試合レッズ戦では勝って、今季最後いいかたちでシーズンを締めくくりたいと思います。

     

    記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ