山沢拓也・松田力也、若き才能が確実に成長―新たなジャパンの可能性 | Rugby Japan 365

山沢拓也・松田力也、若き才能が確実に成長―新たなジャパンの可能性

2018/09/20

解説●斉藤健仁 構成●編集部


9月15日に東京・秩父宮ラグビー場で行われたトップリーグ第3節、王者奪還を狙うパナソニック ワイルドナイツとフィジカルに強みを持つ東芝ブレイブルーパスの一戦。MOMに選ばれたのはパナソニックのSO山沢拓也選手だった。高校時代からその才能に注目され、筑波大学4年時から野武士軍団に入団しトップレベルの中で成長を続けてきた逸材だ。

MOMに選出された・山沢拓也

MOMに選出された・山沢拓也

2019年の日本代表ワールドカップトレーニングスコッドには選ばれていないが、この試合では、アンストラクチャーの状況からアタックをしかけるジェイミー・ジョセフHCが目指すジャパンのスタイルにマッチするのではと誰もが思ってしまうプレーを随所に見せた。

ルーキー1年目から野武士軍団の12番を背負う松田力也

ルーキー1年目から野武士軍団の12番を背負う松田力也

もうひとり、山沢選手と同じく非凡な才能をプレーで見せた選手がいた。CTB松田力也だ。昨シーズン、ルーキーながらトップチームの中で12番の背番号を背負いレギュラーとして試合に出場し「ベスト15」を獲得。サンウルブズやジャパンでは10番も務め、今季からパナソニックでは山沢が下がるとSOとしてもプレーしている。

SO山沢がトライに絡んだ3つのプレーを振り返りたい。

山沢が絡んだ3つのトライを振り返る―前半23分

福岡(11)のランから山沢への連携。瞬時の判断が光った。

福岡(11)のランから山沢への連携。瞬時の判断が光った。

まずは前半23分のトライを振り返る。

ハイタックルのアドバンテージをもらいながらもさらに前進を試みるWTB福岡

ハイタックルのアドバンテージをもらいながらもさらに前進を試みるWTB福岡

福岡が左サイドでゲインして前に出たことで、右サイドにパナソニックに優位なアタックラインができていた。しかも、アドバンテージが出ていたということで、裏のスペースがあったことを見逃さず、ゴロパンというオプションを選択した。

裏のスペースへゴロパンする山沢

裏のスペースへゴロパンする山沢

そのボールに反応した山田がゴールライン直前で体を入れて、ルーズボールになったところを山沢が押さえてトライにつないだ。

ルーズボールとなったところを山沢がおさえてトライ

ルーズボールとなったところを山沢がおさえてトライ

山沢が絡んだ3つのトライを振り返る―前半34分

次に34分、山田のトライ。パナソニックが東芝のゴール前モールから、なんとか防いでラックにし、隙を見逃さずWTB福岡がターンオーバー。普通であれば、タッチに蹴るところが、今年、ロビー・ディーンズ監督(パナソニック)は特にアタックの部分ではトランジション(攻守の切り替え)の部分のところに重点をおいて準備してきたと言っていたが、それが、実際にこの場面でも発揮された。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ