「4年生がブレずに1年間継続できた。新しいメイジの文化、少しかもしないけれど残すことができた」1点差で敗れた明治・CTB梶村祐介 | Rugby Japan 365

「4年生がブレずに1年間継続できた。新しいメイジの文化、少しかもしないけれど残すことができた」1点差で敗れた明治・CTB梶村祐介

2018/01/08

文●編集部


「悔しさよりも、やりきったという気持ちが強いです。」1点差で帝京大学に敗れた明治大学副将・CTB梶村祐介は、少し清々しい表情を見せた。

悔しいですけど、前半、思うどおりに終えることにできて、後半も前半同様の展開に持ち込みたかったんですけど、要所要所の場面、ゴール前のピックアンドゴーのところだったり、スクラムだったり、帝京さんは僕らの反則を奪ってきたんで。たらればになってしまいますが、ああいったところで最低でも3点をとれたら結果は変わってきたのかなと思います。でも、やりきれたので、悔しさよりはやりきったなと言う感じです。

(足の痛みは?)
試合が始まったら、足の痛みは感じなかった。自分のプレーに集中して、ファーストコンタクトもこだわって相手のニコくん(ニコラス・マクカラン)にしっかり入ったんで、パフォーマンスに影響はなかったです。


(今は?)
今はちょっと痛いですけど。最初乗らしてしまうと帝京は乗ってくると思ったので、ファーストコンタクトはアドミレートの状態で入りました。


(チーム全体として前半の入りは良かった)
FWにこだわりすぎず、BKでもスコアできたシチュエーションがあったので、今年明治が目指していたラグビーが前半はうまくできたと思います。


プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ