帝京が明治に完勝して2年連続11度目の対抗戦優勝 | ラグビージャパン365

帝京が明治に完勝して2年連続11度目の対抗戦優勝

2022/11/21

文●編集部


11月20日(日)、東京・秩父宮ラグビー場で関東大学ラグビー対抗戦の帝京大対明治大が行われた。帝京大、明治大ともに開幕から5戦全勝で、帝京大は勝点25、明治大は24と1差での激突となった。帝京大は3トライ差以上で勝利すれば優勝が決まる大一番となった。

前半2分、明治大がPGで先制したものの、すぐに4分、ラインアウトを起点にWTB小村真也(2年)がトライを挙げて7-3と逆転に成功。その後、帝京大は8人一体となるスクラムでプレッシャーをかけてペースをつかみ、21分にはゲームキャプテンSO高本幹也がトライを挙げて12-3とした。


前半の後半は明治大が攻める時間が続いたが、帝京大はPG1本しか許さず12-6で前半を折り返した。

後半3分、帝京大はWTB小村がインターセプトからトライ、11分はFL奥井章仁(3年)がトライを挙げて26-6とリードを広げた。

17分には相手にインターセプトからトライを許し26-13となったが、その後は激しいディフェンスで相手に得点を許さず、終わってみれば29-13で勝利した。POM(プレイヤーオブザマッチ)は帝京大のSO高本が選ばれた。



結局、3トライ差の勝利を収めた帝京大は勝点を30に伸ばし、12月3日の最終戦(慶應義塾大戦)を残して2年連続11度目の対抗戦優勝を決めた。帝京大は、大学選手権には対抗戦1位での出場が決まり、初戦は12月25日となった。

帝京大 相馬朋和監督

緊迫した、まるで大学選手権みたいな試合を秩父宮ででき、勝利することができ喜んでおります。

ゲームキャプテンSO高本幹也

春、明治に負けてそこから僕たちはハードワークして、しっかり勝てて良かった。

――今日はスクラム、序盤が良かった


相馬監督 いつもゲームの勝敗に直結するようなスクラムを組んでほしいと学生の成長をサポートしているつもりです。大きな影響を与えていたのでいいスクラムだったと思います。


――冷静にゲームを組み立てていたが


高本 2年生の頃から、試合に出させていただいて、3年間のいろんな経験があり普段の試合で冷静に臨むことができているかなと思います。


――組織ディフェンスが良かった


高本 ディフェンス、アタックともに細かいことにこだわってきている。今日はディフェンスで良い形がだせました。


――強いFWの中でのプレーは楽しい?


高本 強いFWに限らずですが、ラグビー自体がとても楽しい。帝京大でできていて楽しい。FWが強い弱いに限らず楽しめるが、FWが前に出てスクラム、セットプレーでも頑張ってくれるので組みたてやすい。


――春から成長できた点は


高本 判断のところは普段の練習からこだわっていて、プレッシャーかかるのは想定内。その中でどのくらいできるかは練習中からこだわってやっているので、試合で成長できている部分かなと思います。視野を広くしようと普段から心がけている。試合中でも練習中と同じようなところが見えています。


――PR上杉、FL青木の評価を


相馬監督 特にFWは8人で組んでこそのスクラム。上杉は真面目に毎日全力で取り組む子だと思います。一回り体を大きくしてフィールドで存在感のある選手と育ってきた。青木も同じで帝京大のプログラムの中で、自分と向き合いながら心と体も成長させてパフォーマンスが良くなってきたと思います。(青木はラインアウトコールも?)メンバー交替の関係で、そういう役割を担うこともあり、ミーティングでもリードしてもらうことを経験してもらっている。


――前半の後半、守っている時間は


高本 とくに何かを伝えたかということはなく、普段から一人一人でやっていこうとやっている。ディフェンスの時間帯という認識があったのでいいディフェンスができていたと思います。


――20次攻撃をシャットアウトした


高本 しっかり一人一人でディフェンスするのではなくチームでディフェンスすること。ハードに激しく、1年間やってきたコンタクトを前面に出していこうと話していた。
試合中、外に立っているので内の光景が見えるので、上手くいっていないところをアドバイスしたりしています。


――13点差でPGを狙ったが


高本 試合前からショット狙えるところは狙おうと思っていた。(PGを)決めたら3点で、2トライ&2ゴールで追いつかない場面だったので、そこは練習しないといけないと蹴った。(失敗したのは)練習不足でした。


――PGではなく、優勝決めるにはもっとトライでも良かった?


高本 優勝というのもあるが、一戦、一戦勝つことが自信にもなるし、力にもなる。この試合だけを見るのではなく、大学選手権準決勝、決勝を考えると勝ちきることも大事なので、この試合に勝つことを考えていた。


帝京・相馬監督

帝京・相馬監督


――今季、就任して1年目で、対抗戦で優勝した


相馬監督 4年生にとっては大切な1年。人生の中で一度しかない。一つ一つ勝ってきた成果として、区切りの試合で勝つことは心から嬉しい。一戦一戦、勝てば嬉しい。もちろん先は見ています。日本一を目標にして、今までもこれからもやっていきます。1年目のことはこれからも思い出すと思います。


――優勝が決まる試合。試合前に選手たちに声をかけた?


相馬監督 いつも通り、全力でやること。それだけです。


――胴上げする予定はなかった?


相馬監督 まだ体重減っていないので(苦笑)。たぶん決勝には間に合わないと思います。選手の安全のために胴上げしないかもしれません(笑)。


――松山主将が不在だったが

相馬監督 準備の段階でチームとともに行動していた。今日もロッカーにいましたし、そういう意味では彼もいっしょに戦っていた。今日出た五島(源)くんも同じようにプレーしてくれた。

高本 今年になって15人だけでなく、2列目、3列目も試合に出たとき試合に勝負できるようにコミュニケーションとってきた。その分、五島が入っても不安ではなかった。ケガして他の選手が入ってきても戦える。そこに関してはいい準備ができてきた。

――ピックアップからのトライは?


高本 その場の判断と、レフリーさんにしっかり「いっていいですか」と聞いてからいきました。あのときは行けるかなと思い切っちゃいました。


――監督変わって、最初のシーズンです


高本 去年よりチームワークは一人一人意識している。23人だけでなく、帝京大の全員がチームワークを意識していてそれが試合に出ているかなと感じています。ちょっとしたことだが、試合だったら1人がトライしたら全員で喜ぶ、1人がミスしたら全員で励ましあったり、小さいことを見逃さず、全員で笑ったり喜んだりは普段からやっている。上級生が取り組んでやっている。

試合中に暗くなってしまう時間帯がどうしてもあるので、そういうのがあったら、隙ができてしまう。隙を作らないためにも、どんな状況でもみんな元気でいられるようにチームワークを大事にしています。


相馬監督 4年生がそう行動してくれている。

POMに選ばれた高本幹也

POMに選ばれた高本幹也


――SO高本の成長はどこに感じていますか?


相馬監督 この2試合、POMを受賞していますが、チームメイトからブーイングが出ている。っていうのが実際のところかな。もっとチームメイトがいい判断する、ゴールを決める(と思っている)。まだまだ成長する余地がある。チームで一番練習する選手なので、ゴールをもっと練習すると言っているのでどう止めようか考えている。(信頼は)持っていますが、この2試合はもっとできる。試合に勝っているし、POMに選ばれているがもっと成長してほしい。


高本 僕自身、この2試合POMもらっていますが、自分でも納得いかない部分がある。もっとできると思っているので、慶應戦、大学選手権があるので精度高く臨みたい。

明治大 神鳥裕之監督

初めての秩父宮で、帝京大というチャンピオンチームに対してチャレンジしたい気持ちがあったが、結果は残念。帝京のフィジカルが力強く素晴らしかった。悔しい思いをしたが、大学選手権で(再び)チャレンジできることを信じてやりたい。

明治大 石田吉平主将


僕たちのラグビーができず、帝京さんと点差以上に力の差を感じた。自分たちのミスで特に後半、何もさせてもらえなかった。まだ時間あるので修正して次に臨みたい。


――後半、少しスクラムを修正した


神鳥監督 ハーフタイムを挟んでというより前半の後半からアジャストしてきた。選手たちが組んでいる中で調整していった。修正力は良かった。

――帝京のディフェンスを崩せなかった


石田 自分たちがやってきた、準備してきたものを出せずにパニックになっちゃって、自分たちのラグビーができなかった。秩父宮で試合をやるのが初めてで、そういうところで差があって、飲み込まれて自分たちのアタックができなかった。そこは反省したい。



帝京のプレッシャーもあったが、自分たちで自分たちの首を絞めた。気合いも入っていたが逆に空回りしてしまった。

(初めての秩父宮は緊張?)緊張はしていたと思いますし、みんな、緊張して自分たちのプレーができなかったので修正したい。


――FWのメンバー交替をあまりしなかったが


神鳥監督 スクラムのところに関しては相手の強みでもあったので、今の自信のあるパックは先発なので、できるところまでチャレンジしようとした。残り1~2本、最後1本、経験あるいいスクラムを組んでくれたので収穫はあった。


石田吉平

石田吉平



――前半の後半はボールを保持してアタックしたが


石田 フィジカルでは負けていなかった。そこをしっかり出していこうと話していた。自分たちとしてはどこに攻めるか共有できていなかった。そこの責任はキャプテンの仕事だと思いますし、もっとチームの方向性を決めるのがキャプテンの仕事だと思います。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ