帝京が東海との激戦を制し決勝進出!9連覇へあと1勝 | Rugby Japan 365

帝京が東海との激戦を制し決勝進出!9連覇へあと1勝

2018/01/02

文●編集部


2018年、元日明けの2日、大学ラグビーの日本一を決める大学選手権準決勝2試合が行われた。2万人を超す大観衆が秩父宮ラグビー場に訪れ熱戦に声援を送った。第2試合は昨年決勝カード、帝京大学対東海大学が激突した。一部では、事実上の決勝戦といわれるほど両者の実力は拮抗。タイトな戦いが予想された。

SCOREBOARD

大学選手権 2017 2018/01/02(火) 14:10 準決勝-M2

  • TRY: 4 
  • CON: 4 
  • PG: 1 
  • TRY 前半9'' 12 ニコラス・マクカラン
  • CON 前半10'' 11 竹山晃暉
  • TRY 前半37'' 14 木村朋也
  • CON 前半38'' 11 竹山晃暉
  • TRY 後半14'' 12 ニコラス・マクカラン
  • CON 後半15'' 11 竹山晃暉
  • TRY 後半21'' 11 竹山晃暉
  • CON 後半22'' 11 竹山晃暉
  • PG 後半37'' 11 竹山晃暉
  •  
  • 後半 4'' 6 古田凌 → 20 菅原貴人
  • 後半 13'' 1 西和磨 → 17 岡本慎太郎
  • 後半 32'' 4 今村陽良 → 19 藤田達成
  • 後半 32'' 10 北村将大 → 22 奥村翔
  • 後半 33'' 3 垣本竜哉 → 18 淺岡俊亮
  • 後半 37'' 2 堀越康介 → 16 金廉
  • 後半 37'' 9 小畑健太郎 → 21 末拓実
  • 後半 37'' 13 岡田優輝 → 23 矢富洋則
  • TRY: 2 
  • CON: 1 
  • PG: 0 
  • TRY 前半1'' 14 小野木晃英
  • CON 前半2'' 15 野口竜司
  • TRY 後半40'' 9 山菅一史
  •  
  • 後半 21'' 3 春名宏一 → 18 中野幹
  • 後半 23'' 9 山菅一史 → 21 橋本法史
  • 後半 24'' 7 深見瑠希 → 20 西川壮一
  • 後半 28'' 4 川瀬大輝 → 19 永阪将哉
  • 後半 28'' 1 三浦昌悟 → 17 加藤竜聖
  • 後半 28'' 2 大塚憂也 → 16 津志田卓哉
  • 後半 29'' 15 野口竜司 → 23 河野大地
  • 後半 29'' 12 鹿尾貫太 → 22 伊藤龍之介
  • GALLARY

    キックオフを捕球した帝京大⑦マクカランに東海大⑪齋藤がタックル、ターンオーバーを勝ち取る

    キックオフを捕球した帝京大⑦マクカランに東海大⑪齋藤がタックル、ターンオーバーを勝ち取る

     

    東海大SO眞野のパスを受けたFB野口主将が帝京大⑫ニコラスのタックルを受けながらCTB鹿尾にオフロードパス

    東海大SO眞野のパスを受けたFB野口主将が帝京大⑫ニコラスのタックルを受けながらCTB鹿尾にオフロードパス

     

    鹿尾-池田とつないだパスを受けたWTB⑭小野木が右隅にトライ、キックオフからわずか22秒の瞬殺トライだった

    鹿尾-池田とつないだパスを受けたWTB⑭小野木が右隅にトライ、キックオフからわずか22秒の瞬殺トライだった

     

    FB野口が右隅からの難しいコンバージョンを決め、東海大が7点を先行した

    FB野口が右隅からの難しいコンバージョンを決め、東海大が7点を先行した

     

    帝京FB尾崎。スピードとパワーで何度もチャンスを作った

    帝京FB尾崎。スピードとパワーで何度もチャンスを作った

     

    HO堀越主将。真骨頂でもある縦への突破で楔をうった

    HO堀越主将。真骨頂でもある縦への突破で楔をうった

     

    帝京LO秋山大地が敵陣22m手前から相手ディフェンダー2人をなぎ倒し縦に前進。

    帝京LO秋山大地が敵陣22m手前から相手ディフェンダー2人をなぎ倒し縦に前進。

     

    秋山のサポートに入ったCTBニコラスがトライを決め、帝京が同点とする。

    秋山のサポートに入ったCTBニコラスがトライを決め、帝京が同点とする。

     

    膠着状態が続く前半、帝京がSH小畑、FB尾崎の仕掛けからスペースを作り、1年生WTB木村朋也がトライ

    膠着状態が続く前半、帝京がSH小畑、FB尾崎の仕掛けからスペースを作り、1年生WTB木村朋也がトライ

     

    帝京WTB竹山に対し、東海SO眞野がタックルで止めに入る。

    帝京WTB竹山に対し、東海SO眞野がタックルで止めに入る。

     

    東海は足を刈るタックルで帝京を止めた。

    東海は足を刈るタックルで帝京を止めた。

     

    東海No8アタアタは、何度か突破を試みるも帝京の分厚いディフェンスにあいビックゲインには繋がらず。

    東海No8アタアタは、何度か突破を試みるも帝京の分厚いディフェンスにあいビックゲインには繋がらず。

     

    この日も芝は次々とめくれた。試合中に修繕する帝京大FB尾崎副将

    この日も芝は次々とめくれた。試合中に修繕する帝京大FB尾崎副将

     

    後半14分、帝京大が相手ゴール前で攻撃を重ね、CTBニコラスが試合の流れを大きく引き寄せるトライ

    後半14分、帝京大が相手ゴール前で攻撃を重ね、CTBニコラスが試合の流れを大きく引き寄せるトライ

     

    ニコラスにかけより喜ぶ岡田、竹山、小畑、北村、尾崎、ブロディ

    ニコラスにかけより喜ぶ岡田、竹山、小畑、北村、尾崎、ブロディ

     

    後半22分、帝京大⑪竹山が東海大⑮野口主将のタックルをかわしてトライ。今年は間違いなし

    後半22分、帝京大⑪竹山が東海大⑮野口主将のタックルをかわしてトライ。今年は間違いなし

     

    東海大⑮野口主将にタックルする帝京大⑨小畑。1年生SO北村をリードしながら堅実なディフェンスとゲームコントロールをみせた

    東海大⑮野口主将にタックルする帝京大⑨小畑。1年生SO北村をリードしながら堅実なディフェンスとゲームコントロールをみせた

     

    アタアタがインゴール手前でボールをファンブルしトライにはならず。

    アタアタがインゴール手前でボールをファンブルしトライにはならず。

     

    ケガ人に代わり、LOに入ったテビタ。「ポジションは問題なかった。ただ、ボールキープが今日はできなかった。」

    ケガ人に代わり、LOに入ったテビタ。「ポジションは問題なかった。ただ、ボールキープが今日はできなかった。」

     

    帝京のプレッシャーを受けオフロードパスを試みる東海大CTB池田。ゴール前までボールを運ぶもトライを取りきる精度が足らなかった。

    帝京のプレッシャーを受けオフロードパスを試みる東海大CTB池田。ゴール前までボールを運ぶもトライを取りきる精度が足らなかった。

     

    点差が広がり追いつきたい東海大キャプテンの野口。一人で仕掛けるもスペースがなかった。

    点差が広がり追いつきたい東海大キャプテンの野口。一人で仕掛けるもスペースがなかった。

     

    野口主将を迎える東海大・木村監督

    野口主将を迎える東海大・木村監督

     

    COMMENT

    帝京大学 岩出雅之監督


    東海大さんと対戦が決まって 結果的に勝たせていただいた試合になりましたが、本当にこのゲームがあって我々が成長できたと思う。これが、このあと決勝戦の相手として東海大とやるのではなく、準決勝の相手としてやることが、選手たちの充実につながった

    (準備が)10日間ほどあったので、攻防ともに、しっかりともう一度自分たちのやるべきところ、やってきたことを、そして東海大さんの強みの部分を、しっかりとみんなに理解して、そのことをしっかり封じていく。学生がゲームプランをしっかりやりきってくれた。そういう意味では今季の一番の会心の試合になった。

    最初ノーホイッスルトライをとられましたが、逆にあれで選手たちの集中力が引き締まった。ミスから生まれたスイッチオンという感じです。その後は練習通り身体を張りました。

    東海大を分析しますと、今回はたっぷりと分析を久しぶりにしたのですが、とてもいいDF、タックル、そして留学生の3点。ゲームプランはキック&チェイス、タックル、留学生に集約できたと思います。その部分も全部我々はコントロールして厳しいゲームを乗り越えていこうとやってきたので、先ほどいった 結果になったと思う。

    この後すぐに明治大さんと試合があるので、あまり時間はないけれど、対抗戦の段階と我々も先方もどのように成長したか、いい試合ができるように準備したい。

    帝京大学 堀越康介主将


    まず東海大戦の前にDFを、しっかりとプレッシャーをかけよう、DFで自分たちのペースを作ろう。またその厳しさを楽しもうという意味を込めて、練習してきて、今日のゲームができたと思う。試合中は、決めていた通り、まずDFから自分たちのペース、我慢強いDFが80分できたと思うので、そこはまた、次の決勝に向けてつなげていきたいと思いますし、まだ少し、後半 立ち上がりの軽いミスやタックルミスなどあったので、しっかり修正して、今日はいい試合だったが今日以上の試合を決勝で見せることができるようにしたいと思う。


    東海大の強み、ウィークポイントをまず自分たちで理解して、そこは試合中は選手でやらないといけないので、そこはしっかり集中して試合中遂行していこうという話をしていたので、そこに関しては今日できたことはよかったと思います。いままでは決勝でやっていた東海大さんと準決勝で当たることに対して、もう一段階みんなでスイッチ入って、この1週間ちょっとの最高の準備を、メンバーだけでなく部員全員でできたので、その結果がこういう風に出せてすごく嬉しい。

    東海大学 木村季由監督


    試合を通して、我々が描いていた、準備していたプレーも含めて、コントロールしてできていた時間が非常に短いものになってしまった。

    そのなかで、結果的にスコアを重ねられ、自分たちの中で試合を支配できなかったところが、悔やまれるところですけれど、そういうプレーをさせくれなかった帝京大さんの強さであったり、圧力だったりが際だってしまった結果だと思います。

    最後までやろうとしていた自分たちのプレーを、東海大のラグビーを最後までやろうとしていたキャプテンはじめ、学生たちには本当に「お疲れさん」という言葉しかない。非常に悔しい気持ちありますが、結果がすべてなので、シーズンの最後をまたこういう形で迎えてしまったということだと思います。

    (テビタのLO起用について)
    前の天理との試合で、LO中村が肋骨の骨折をしたので、それにかわるLOとしてのの強みを持っているプレイヤーとして次あげられるのがテビタだったので、そういう意味でLOをやってもらった。

    ただ、やはり不慣れなポジションということもあるし、ちょっと彼の持ち味がゲームの中で出なかったかなということころもあったので、難しかったのかなと思います。

    東海大学 野口竜司主将


    自分たちは1年間日本一に向かって準備してきました。この一週間、決勝にむけてまず、準決勝に勝つためにイメージしながら練習に取り組んだが、結局試合の中でチャンスエリアに入って取りきれなかったり、ミスが続いてしまったのが自分たちの敗因だと思います。今年また、悔しい気持ちの中で終わったということで、次の後輩たちに思いを託して頑張ってもらいたいと思います。

    試合後、スタンドへのあいさつを終え、天を仰ぐ東海大・野口主将

    試合後、スタンドへのあいさつを終え、天を仰ぐ東海大・野口主将

    (主将としての1年間を振り返って)
    代表に行くことが多かったので、主将としてチームに参加することが少なくて、主将としての役目を務められたかといえば、務められていないんですけど、それにかわって、いろんな人が、仲間であったり、コーチ陣、スタッフ、いろんな人が自分を支えてくれたので 支えがあったので 自分としては色々やってこられたし、自分がどうということはあまり経験できたということはないけれど、いろんな人の支えを改めて感じることができました。

    MEMBER

  • 1 西和磨
  • 2 堀越康介
  • 3 垣本竜哉
  • 4 今村陽良
  • 5 秋山大地
  • 6 古田凌
  • 7 ブロディ・マクカラン
  • 8 吉田杏
  • 9 小畑健太郎
  • 10 北村将大
  • 11 竹山晃暉
  • 12 ニコラス・マクカラン
  • 13 岡田優輝
  • 14 木村朋也
  • 15 尾崎晟也
  • 16 金廉
  • 17 岡本慎太郎
  • 18 淺岡俊亮
  • 19 藤田達成
  • 20 菅原貴人
  • 21 末拓実
  • 22 奥村翔
  • 23 矢富洋則
  • 1 三浦昌悟
  • 2 大塚憂也
  • 3 春名宏一
  • 4 川瀬大輝
  • 5 テビタ・タタフ
  • 6 藤山裕太朗
  • 7 深見瑠希
  • 8 アタアタ・モエアキオラ
  • 9 山菅一史
  • 10 眞野泰地
  • 11 齋藤浩太
  • 12 鹿尾貫太
  • 13 池田悠希
  • 14 小野木晃英
  • 15 野口竜司
  • 16 津志田卓哉
  • 17 加藤竜聖
  • 18 中野幹
  • 19 永阪将哉
  • 20 西川壮一
  • 21 橋本法史
  • 22 伊藤龍之介
  • 23 河野大地
  • 記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ