帝京大学9連覇!チームを率いたHO堀越康介キャプテン「苦しい時間帯を楽しむことができた」 | Rugby Japan 365

帝京大学9連覇!チームを率いたHO堀越康介キャプテン「苦しい時間帯を楽しむことができた」

2018/01/07

文●編集部


1月7日、秩父宮ラグビー場ではラグビー大学選手権決勝が行われ、帝京大学が21−20で明治大学に勝利し、選手権9連覇を達成した。キャプテンとしてチームをまとめたHO堀越康介の喜びのコメントを紹介。

後半残り10分を切り、敵陣ゴール前で今年1年こだわってきたスクラムで勝負

後半残り10分を切り、敵陣ゴール前で今年1年こだわってきたスクラムで勝負

一年間、今日のこの日をターゲットにしてチーム一丸となって積み重ねてきたことが日本一という結果につながったことをキャプテンとしても嬉しく思いますし、ここまで支えていただけた方々をはじめ、部員全員を笑顔にすることができ、キャプテンとして本当に嬉しく思います。

80分間、明治大学さんが100%、ぶつかって、お互いにいいファイトを本当にいい試合になったと思います。我慢の時間帯が多く続きましたが、その時間を楽しもうという話を試合前も試合中もずっと声をあげてきました。

あの苦しい時間を楽しむことができたから勝利に繋がったと確信しています。今年一年間やってきたこと、全て出しきったことは良かった。

 

逆転トライは「帝京らしいな」と思いました。1年間やってきたことを出し切っているなと嬉しかった

自陣からボールを繋いで決めたCTB岡田の逆転トライ!

自陣からボールを繋いで決めたCTB岡田の逆転トライ!

(14-20からのCTB岡田が決めた逆転トライについて)

帝京らしいなと思います。他のチームなら止めてキックだと思いますが、常にアタックメンタリティーで、ターンオーバー後、どこにスペースがあるかコミュニケーションして突いていく。負傷して少し外から見ていたのですが、行ったなと思いました。

去年、一昨年くらいから帝京大はトランジッションからのアタックが強みだと思っていた。今年度も速いバックスリーいるので、その選手たちに速くボールを渡そうとやっていました。(トライのシーンを見て)この1年間やってきたことを出し切っているなと嬉しく思います。やっぱり仲間を信じて、やってきたこと信じてこのゲームできた部分でもこのゲームよかったなと思います。

(最後、優勝の瞬間、シンビンで、グラウンド外で見ていました。)


グラウンド内で優勝したかったが、「あとは任せろ」と言ってくれたので、仲間信じて見ていました。守る時間が長かったが、厳しいところを楽しめました。80分、楽しいゲームだった。


(キャプテンシーについて)

このチームでこの仲間とやれて、キャプテンとして、メンバーもメンバー外も笑顔にできたので嬉しい。キャプテンは姿で見せるのは簡単ですが、周りを見て、この時どういう声がけするか、しないかが難しい。自分で上手くいったときは手応えありますし、言わなくていいと思ったときも反省も毎日ありました。昨年や一昨年のキャプテンに相談したこともありました。

キャプテンは他の人と違って、プレッシャーや責任があり、視野が広がりましたし成長しました。常にどう改善するか常に考えなくてはいけないですし、チームを優勝させたい、みんなを成長させたいという気持ちがエネルギーとなると思うのでで、次キャプテンになる人にもそうしてほしいと思います。

 

帝京のクラブ文化は「楽しもうということを深い意味で捉えること」

楽しむというところ。エンジョイの意味を深くしよう、それが楽しみにつながる。どんなに苦しいときでも、自分なりにポジティブに考えてできるか。今年度、甘い部分もあるので、文化作りの発端はできたと思うので、それは後輩につなげていきたい。
(決勝戦は)楽しめました 絶対クロスゲームになると予想していた。相手も疲れていたので、ここ我慢していたら、後半、『楽しい』時間が来ると思っていた。ここ絶対楽しい時間だぞと声を掛けていました。優勝できて、本当に楽しめました。上手くいかない部分もありましたが、今日優勝できて嬉しく思います。

(日本選手権でトップリーグと大学の対戦がなくなりましたが、パナソニックやサントリーと対戦したかった?)


やりたかったですね! 正直、過去、(日本選手権で)パナソニック、サントリーと対戦して、そこで成長できている実感がありました。残念ではありますが、トップリーグのステージで思いっきりやっていきたい。


(4月からはサントリーでプレーします。)

ポジション争いから始まると思うのでそこで勝つ。勝って日本代表に絡めるようになりたい。

 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ