明治が東海の追撃も冷静に対応し準決勝進出 | ラグビージャパン365

明治が東海の追撃も冷静に対応し準決勝進出

2018/12/22

文●編集部


第55回全国大学ラグビーフットボール選手権は22日、準々決勝4試合が行われた。大阪・キンチョウスタジアムの第1試合は、明治大学対東海大学という関東勢同士が対戦した。東海のミスに乗じて、少ないチャンスを確実にものにする明治は後半、東海のモールに苦しみ同点とされるも、終盤、勝負どころで15人全員が1段階ギアをあげると敵陣ゴール前でペナルティーキックを獲得。これをFB山沢京平がしっかりと決めて18−15で勝利し準決勝進出を決めた。

SCOREBOARD

大学選手権2018 準々決勝 12.22 12:05 キンチョウ

  • TRY: (2)  
  • G: (1)  
  • PG: (1)  
  •  
  • SCORE
  • PG 前半11' 11 杉山祐太
  • T 後半24' 8 テビタ・タタフ
  • G 後半25' 11 杉山祐太
  • T 後半30' 2 加藤竜聖
  • Gx 後半32' 11 杉山祐太
  •  
  • SUBSTITUTION
  • 後半25' 1 小野広大 → 16 今津紳吾
  • 後半39' 6 山田生真 → 20 深見瑠希
  • TRY: (2)  
  • G: (1)  
  • PG: (2)  
  •  
  • SCORE
  • T 前半20' 1 安昌豪
  • G 前半21' 10 松尾将太郎
  • PGx 前半33' 10 松尾将太郎
  • T 前半33' 14 山崎洋之
  • Gx 前半34' 10 松尾将太郎
  • PG 後半9' 15 山沢京平
  • PG 後半40' 15 山沢京平
  •  
  • SUBSTITUTION
  • 後半21' 1 安昌豪 → 17 齊藤剣
  • 後半21' 10 松尾将太郎 → 21 忽那鐘太
  • 後半25' 2 武井日向 → 16 松岡賢太
  • 後半32' 3 祝原涼介 → 18 笹川大五
  • 後半32' 12 射場大輔 → 22 児玉樹
  • 後半40' 5 箸本龍雅 → 19 小宮カズミ
  • LINEUPS

  • 1 小野広大
  • 2 加藤竜聖
  • 3 中野幹
  • 4 中村匡汰
  • 5 横井隼
  • 6 山田生真
  • 7 西川壮一
  • 8 テビタ・タタフ
  • 9 山菅一史
  • 10 丸山凜太朗
  • 11 杉山祐太
  • 12 眞野泰地
  • 13 アタアタ・モエアキオラ
  • 14 望月裕貴
  • 15 酒井亮治
  • 16 今津紳吾
  • 17 新井望友
  • 18 古瀬凜之佑
  • 19 王野尚希
  • 20 深見瑠希
  • 21 中村友哉
  • 22 杉浦拓実
  • 23 モリキ・リード
  • 1 安昌豪
  • 2 武井日向
  • 3 祝原涼介
  • 4 片倉康瑛
  • 5 箸本龍雅
  • 6 石井洋介
  • 7 井上遼
  • 8 坂和樹
  • 9 福田健太
  • 10 松尾将太郎
  • 11 高橋汰地
  • 12 射場大輔
  • 13 森勇登
  • 14 山崎洋之
  • 15 山沢京平
  • 16 松岡賢太
  • 17 齊藤剣
  • 18 笹川大五
  • 19 小宮カズミ
  • 20 朝長駿
  • 21 忽那鐘太
  • 22 児玉樹
  • 23 雲山弘貴
  • GALLARY

    東海大・アタアタ・モエアキオラキャプテンを先頭に入場

    東海大・アタアタ・モエアキオラキャプテンを先頭に入場

     

    明治大円陣

    明治大円陣

     

    東海大円陣

    東海大円陣

     

    東海大WTB杉山のキックオフでゲームがスタート

    東海大WTB杉山のキックオフでゲームがスタート

     

    東海大・ルーキーWTB望月がいきなり見せる

    東海大・ルーキーWTB望月がいきなり見せる

     

    前半11分、東海大が杉山のPGで先制。

    前半11分、東海大が杉山のPGで先制。

     

    何度も縦の攻撃で突破したNO8坂

    何度も縦の攻撃で突破したNO8坂

     

    明治LO箸本がボールに絡む

    明治LO箸本がボールに絡む

     

    東海大SH山菅

    東海大SH山菅

     

    明治が攻め込む東海陣内ゴール前での攻防

    明治が攻め込む東海陣内ゴール前での攻防

     

    前半20分、明治PR安のトライで明治が逆転

    前半20分、明治PR安のトライで明治が逆転

     

    SO松尾のコンバージョンも成功

    SO松尾のコンバージョンも成功

     

    ハイボールの競り合いは東海大・NO8タタフがキャッチ。

    ハイボールの競り合いは東海大・NO8タタフがキャッチ。

     

    明治CTB森が横にスライドしながらポイントを作る

    明治CTB森が横にスライドしながらポイントを作る

     

    LO箸本が縦の突破。その後東海大はPKを与えてしまう。

    LO箸本が縦の突破。その後東海大はPKを与えてしまう。

     

    バイスキャプテンの加藤を中心に東海大FW陣がもう一度ディフェンスについて確認をする

    バイスキャプテンの加藤を中心に東海大FW陣がもう一度ディフェンスについて確認をする

     

    東海大のクリアキックがミスキックとなり、明治FB山沢がスペースをついて大きくゲイン

    東海大のクリアキックがミスキックとなり、明治FB山沢がスペースをついて大きくゲイン

     

    一瞬、東海の足が止まったところ、山沢からパスを受けた山﨑がトライ

    一瞬、東海の足が止まったところ、山沢からパスを受けた山﨑がトライ

     

    後半9分、明治が山沢のPGでリードを広げる

    後半9分、明治が山沢のPGでリードを広げる

     

    後半24分、東海大は強みであるモールにこだわり、押し込むとNO8タタフがトライを決め追撃を開始

    後半24分、東海大は強みであるモールにこだわり、押し込むとNO8タタフがトライを決め追撃を開始

     

    SO杉山のトライも決まり10−15とする

    SO杉山のトライも決まり10−15とする

     

    さらに後半30分、東海大はラインアウトからドライビングモールでHO加藤がトライを決め同点に。

    さらに後半30分、東海大はラインアウトからドライビングモールでHO加藤がトライを決め同点に。

     

    杉山のコンバージョンは決まらず、15−15のままで残り5分あまり。

    杉山のコンバージョンは決まらず、15−15のままで残り5分あまり。

     

    追いつかれた明治だったが、しっかりとキックオフ後のプレーについてピッチではコミュニケーションがとれていた。ディフェンスラインをあげてプレッシャーをかけ敵陣深くからのラインアウトもしっかりキープ。

    追いつかれた明治だったが、しっかりとキックオフ後のプレーについてピッチではコミュニケーションがとれていた。ディフェンスラインをあげてプレッシャーをかけ敵陣深くからのラインアウトもしっかりキープ。

     

    明治FL石井がスペースを抜けゲイン

    明治FL石井がスペースを抜けゲイン

     

    後半39分、東海大は自陣ゴール前でプレッシャーを受けノットロールアウェイの反則。明治はショットを選択。山沢がしっかりと決め、明治が18−15と逆転

    後半39分、東海大は自陣ゴール前でプレッシャーを受けノットロールアウェイの反則。明治はショットを選択。山沢がしっかりと決め、明治が18−15と逆転

     

    残り時間は30秒足らず…。

    残り時間は30秒足らず…。

     

    明治がマイボールをキープして、最後は山沢がボールを蹴り出しノーサイド。明治が苦しみながらも勝負どころでの強さをみせ東海大に勝利した。

    明治がマイボールをキープして、最後は山沢がボールを蹴り出しノーサイド。明治が苦しみながらも勝負どころでの強さをみせ東海大に勝利した。

     

    呆然と立ち尽くすNO8タタフ

    呆然と立ち尽くすNO8タタフ

     

    COMMENT

    明治大学 田中澄憲監督


    天候的に難しいコンディションでした。リーグ戦チャンピオンチームの東海大学さんということで非常にタフになることは想定していました。今週、このゲームに向けて「フィジカルファイト」というテーマをもっていましたが、選手みんなが体現してくれてよく勝ちきってくれたと思います。こういう厳しいゲームをかつことができましたのでまたさらに成長できたと思いますし、次の準決勝にむけてしっかりと準備をしていきたい。


    ――東海大のモールについてどういう対策をしてきたか?


    ラインアウトでプレッシャーモールを組ませないということと、(プレッシャーを)かけるところとかけないところ。東海大学さんのモールは強かった。勝負どころで止めることができたので対策はできたと思っています。1本2本取られても仕方ないと思っていたので。勝負どころで止められたことが、今日の試合を左右するものになったと思います。


    ――マイボールのブレイクダウン、ほとんどターンオーバーされることがなかったと思いますが、今日はどんな点がよかった?


    東海大学さんは非常にジャッカルが強いチームなので、そこはチームで気をつけていました。2人目の速さ、リアクションを速くして、そこでボール保持する。その部分は比較的全員意識が高かったと思います。


    ――次回準決勝は早稲田になりました。


    どこであれ、チャレンジャーとして準決勝に向かっていきます。対抗戦で一度負けているので気持ちを全面に出るような試合にしていきたい。


    明治・福田健太キャプテン

    明治・福田健太キャプテン

    明治大学 福田健太キャプテン


    トーナメントで負けたら終わりという戦いの中で次の準決勝に出場権を得るために勝てたことを嬉しく思います。ただ、内容については自分たちが80分感満足いくものではなかった。自分たちのミスから、いらない失点をしてしまいました。そういった点も準決勝にむけて修正をしていきたい。本当に今日は勝ててよかったです。


    ――予想以上に苦戦したというのは


    前半は相手に3点を取られてしまって、最初は少し硬かったです。この雨という難しいコンディションの中で東海大学さんのラインアウトモールに警戒しすぎてしまって自陣に釘付けになってしまうことがあった。そこから先制点を取られてからは、エリアを取りに行くようシフトチェンジできたのでよかった。試合中に相手のディフェンス状況や天候やグラウンドに対して順応できるのは良かった。


    ――残り10分となった時に、敵陣でプレーできたということで気持ち的には余裕があったのでは


    同点になったところで、キックオフオフサイドで戻りきれないということがありました。2回注意されていたにもかかわらず。そこでスコアされてから、今まで、パニックになってしまったと思うのですが、今日は、自分たちがその後のキックオフからどうプレッシャーをかけていこうかと(忽那)鐘太と明確に話すことができた。FWにきいたらいけるということだったのでFW信じて奥に蹴りました。

    コンバージョンが入っていたらキックオフボールを前にキックしてボールを獲得するという選択肢もありましたが、そこまで具体的な話でした。コンバージョンが外れたら奥に蹴って、相手もプレッシャーをかければミスをすることもあるので。


    ――準決勝の早稲田にむけて


    対抗戦負けているので、チャレンジャーの気持ちを忘れずに。リベンジするには最高の環境が整っている。もう一回しっかり準備できるようにリカバリーして、前半のキックオフのホイッスルがなってからプレッシャーをかけ続けたい。

    東海大 木村監督

    東海大 木村監督

    東海大学 木村季由監督


    最後、結果的にはペナルティーの差ということで残念ながら準々決勝で敗れてしまいました。結果が全てですけれども、苦労する中に自分たちのラグビーというものが80分間あったかなと思います。本当に我慢することを覚えて、粘り強く、自分たちの時間になるまでプレーをしつづけた学生に対しては、成長したなと感じました。

    次に進めないことだけが残念ですけれども、このチームが目指していたことは間違いなかったのかなと思います。ただ、このチームでもっとプレーさせたかったなというところが正直な思いです。

    チームからの信頼も厚いアタアタ・モエアキオラキャプテン

    チームからの信頼も厚いアタアタ・モエアキオラキャプテン

    アタアタ・モエアキオラキャプテン


    今日の試合については、アタック、ディフェンスでも我慢して我慢して自分たちのラグビーをしようと望みました。最後ペナルティーで勝利をすることができませんでした。本当にこのチームは成長したと思います。

    アタとともにチームを牽引してきた加藤バイスキャプテン

    アタとともにチームを牽引してきた加藤バイスキャプテン

     

    敗れた東海大は、最後キャプテンを中心に円陣を組み、グラウンドを去った。

    敗れた東海大は、最後キャプテンを中心に円陣を組み、グラウンドを去った。

     

     

    記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ