王者帝京に勝利した戦士たち―頂点へ。天理大SO松永・SH藤原・NO8マキシに訊く | Rugby Japan 365

王者帝京に勝利した戦士たち―頂点へ。天理大SO松永・SH藤原・NO8マキシに訊く

2019/01/03

文●編集部


2日に行われた第55回大学選手権準決勝・帝京の10連覇を阻んだ関西王者・天理大学。試合後にSH藤原忍、SO松永拓朗、そしてNO8ファウルア・マキシに、王者に勝利した思い、そして頂点まであと1勝とした思いを訊いた。



「2日前には緊張でミスもあった。前日練習でしっかり修正して自分たちの力をだせた」SH藤原忍

――今日の試合を振り返って


相手が帝京で、9連覇していて強いということはわかっていたんで、どんだけ前に出て、自分たちのディフェンスができるかということが大切でした。その中で、FWが前に出てくれてしっかり止めていてくれたので今日の試合はでかかった。

近場でどんどんやってくるんで、FWにボールが集中していたので、そこでSHがしっかり余裕をもって冷静に判断して、FWが少しでもやりやすくしてあげるというのが自分の決めていたので、ディフェンスからアタックに切り替わった時も、そのボールを大切に、FWが獲得してくれたボールをトライにつなげたかった。帝京さんのディフェンスのリアクションも良くて、簡単には取れませんでした。そこは課題かなと思います。

――あまり気負わず、緊張している雰囲気はなかったですね。


帝京戦の2日前は、ミスとか、結構多かった。緊張していたんだと思います。そのまま入っていたら、試合の入りでも同じようにミスをしていたと思います。昨日、朝練習して、ミスを少なくして今日に臨みました。

慣れというのもありますけれど、あそこで緊張したら自分のプレーができないので、みんなで勝ち負け関係なく、全員でジャージに誇りをもって楽しんでやる、ということが前日のミーティングでも決めていました。そんなに緊張はしなかったですね。

――タックルについてはタイミングもよくハマっていたように見えました。


大東大戦では、(前に)出るのはいいけど、出たあとのタックルを仕留めきれていないことが多かった。そこを修正して、声出して、ここで一発入ったら、こいつが行く、練習からそこは意識していました。帝京さんは一人ひとりが強いので、1対1で負けへんけど、2人目がすぐにいく、そういうコミュニーケーションをとっていました。


――ピッチ上のコミュニケーションについては


関西予選よりもよく出ていたと思います。(トライを)取られたあとも島根キャプテンが「落ち着いてやっていこう」と声をかけてくれたのでそんなに慌てなかったです。

――点差がついても、そこまで浮かれている雰囲気ではなかったですね


結構点数取れて、嬉しかったですけど、そこで緩んでしまうと帝京さんは隙狙ってアタックしてくるので、そこは気を引き締めていこうと声をかけあっていました。


――決勝にむけて修正したい部分

相手がバチバチあたってきた時に、ちょっとした隙があったり、フェイズの途中で、自分もそうですし、SOもそうですが、FWをうまく動かしたりしていかなあかんなと思います。


「足は大丈夫。明治はこれまで2回勝っている相手。ここで気を引き締めて、今日のようなタイトなディフェンスして自分たちのアタックをしたい」SO松永拓朗

(足のケガは)痛みは全然ひいているんで、大丈夫です。今日はタイトな試合になるというのは頭にありました。その中でエリアコントロールしていこうと考えていました。マネジメントできていたと思います。

点数重ねて、時間もなくなって、この時間なら勝てるという時になってもチームとしては「ここでもう一度気を引き締めろ」という声は常にかかっていました。自分もその声に助けられている部分がありました。

――今シーズン、チームとしては立ち上がりを意識してきたと思いますが、今日も先制点を取ることが出来ました。


FWがスクラム、セットピースという部分で圧倒してくれたのがありましたし、ディフェンスの部分で、とにかく頑張ろうといってきて、我慢してディフェンスしてペナルティーをとって敵陣、という自分たちのやりたいラグビーができました。

その中で、アタックは継続していれば絶対通用するというのがあって、ゲームプランどおりにいったと思います。

――あれだけFWが圧倒してくれるとハーフ団としてはやりやすかった


むちゃくちゃやりやすかったですね。


――明治、決勝にむけて

明治は、これまで2回勝っている相手ですが、ここで引き締めて、今日みたいにタイトなディフェンスをして自分たちのアタックをやっていけば勝てると思っているのでそこをもう一回徹底して、今週頑張って準備していきたいと思います。


「試合の出来はまだまだ。課題はディフェンス。」NO8ファウルア・マキシ

――ナイスゲームでした


勝ててよかった。内容はまだまだ。リロードの部分だとか。ディフェンスの部分はもう少しですね。


――相手を1トライに抑えました


準々決勝のあとの練習で、どれだけ相手から僕らのトライラインを守るか、そういうことを意識してディフェンスの練習をたくさんしました。

――アタックでもボールをたくさん持ってゲインしましたね


この試合、相手のフィジカルレベルは高いので、それをどれだけ自分たちがゲインしたりサポートするかということが大事。3人で一緒にいくとか、テンポのところで相手がついてこれないアタックをするということを意識していました。

 

3人の話からも感じ取れるように、王者を倒したという現実は、偶然ではなく、必然の結果だった。春から一つずつ経験を重ね成長してきたチームはいよいよ集大成を迎える。

決勝は、1月12日(土)14:15キックオフだ。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ