関西王者・天理が大東大に勝利し2シーズンぶりの準決勝進出 | ラグビージャパン365

関西王者・天理が大東大に勝利し2シーズンぶりの準決勝進出

2018/12/22

文●編集部


第55回大学選手権は準々決勝、大阪・キンチョウスタジアムの第2試合は、関西リーグを圧倒的な強さで制した天理大学が大東文化大学と対戦。前半10分までに2トライを決めた天理が試合の流れを掴むと前半を22−7とリードして後半を迎える。後半13分、大東文化大がFB鈴木がトライ。その時に接触した天理大の司令塔SO松永が負傷退場すると、アタックのバランスが崩れ、敵陣に攻め込んだボールを奪われると再び、大東文化大学FB鈴木にトライを決められ、5点差まで追い上げられる。31分、PGで8点差とすると39分、天理はNO8マキシが勝負を決めるとトライ。30−17で天理が勝利し2シーズンぶりの準決勝進出を決めた。


SCOREBOARD

大学選手権2018 準々決勝 12.22 14:05 キンチョウ

  • TRY: (3)  
  • G: (1)  
  •  
  • SCORE
  • T 前半15' 2 平田快笙
  • G 前半16' 10 大矢雄太
  • T 後半13' 15 鈴木匠
  • Gx 後半14' 10 大矢雄太
  • T 後半16' 15 鈴木匠
  • Gx 後半17' 10 大矢雄太
  •  
  • SUBSTITUTION
  • 前半37’ 5 タラウ・ファカタヴァ → 19 呉山聖道
  • 後半33' 4 服部鋼亮 → 20 浅沼樹羅
  • TRY: (4)  
  • G: (2)  
  • PG: (2)  
  •  
  • SCORE
  • T 前半5' 5 アシペリ・モアラ
  • G 前半6' 10 松永拓朗
  • T 前半8' 14 久保直人
  • Gx 前半10' 10 松永拓朗
  • T 前半30' 13 シオサイア・フィフィタ
  • G 前半31' 10 松永拓朗
  • PG 前半40' 10 松永拓朗
  • PG 後半31' 22 林田拓朗
  • T 後半39' 8 ファウルア・マキシ
  • Gx 後半40' 22 林田拓朗
  •  
  • SUBSTITUTION
  • 後半14' 10 松永拓朗 → 22 林田拓朗
  • 後半33' 1 加藤滉紫 → 17 谷口祐一郎
  • 後半36' 3 小鍛治悠太 → 18 山川力優
  • 後半37' 12 池永玄太郎 → 23 野田涼太
  • 後半40' 8 ファウルア・マキシ → 20 松岡大和
  • 後半40' 9 藤原忍 → 21 小畑拓也
  • LINEUPS

  • 1 古畑翔
  • 2 平田快笙
  • 3 藤井大喜
  • 4 服部鋼亮
  • 5 タラウ・ファカタヴァ
  • 6 湯川純平
  • 7 佐々木剛
  • 8 アマト・ファカタヴァ
  • 9 南昂伸
  • 10 大矢雄太
  • 11 土橋永卓
  • 12 シオペ・ロロ・タヴォ
  • 13 畠中豪士
  • 14 朝倉健裕
  • 15 鈴木匠
  • 16 渋谷圭
  • 17 酒木凜平
  • 18 塩田蔵人
  • 19 呉山聖道
  • 20 浅沼樹羅
  • 21 村上寛介
  • 22 星野大紀
  • 23 杉野晃輔
  • 1 加藤滉紫
  • 2 島根一磨
  • 3 小鍛治悠太
  • 4 由良祥一
  • 5 アシペリ・モアラ
  • 6 岡山仙治
  • 7 佐藤慶
  • 8 ファウルア・マキシ
  • 9 藤原忍
  • 10 松永拓朗
  • 11 中野豪
  • 12 池永玄太郎
  • 13 シオサイア・フィフィタ
  • 14 久保直人
  • 15 立見聡明
  • 16 内山友貴
  • 17 谷口祐一郎
  • 18 山川力優
  • 19 奥長凌太
  • 20 松岡大和
  • 21 小畑拓也
  • 22 林田拓朗
  • 23 野田涼太
  • GALLARY

    前半10分までに2トライを決めた天理は、30分CTBフィフィタのトライでリードを広げた

    前半10分までに2トライを決めた天理は、30分CTBフィフィタのトライでリードを広げた

     

    天理SO松永のコンバージョンも決まって

    天理SO松永のコンバージョンも決まって

     

    見事な切れ味鋭いステップを見せたWTB中野「前にスペースがあるのが見えたのでそこに向かって走るラインを決めていた」

    見事な切れ味鋭いステップを見せたWTB中野「前にスペースがあるのが見えたのでそこに向かって走るラインを決めていた」

     

    互いに自信をもっているスクラム。レフェリーへのアピールも一つの勝敗を分けるポイントとなった。

    互いに自信をもっているスクラム。レフェリーへのアピールも一つの勝敗を分けるポイントとなった。

     

    前半終了間際、SO松永がPGを決め、22-7と天理リードで後半を迎える。

    前半終了間際、SO松永がPGを決め、22-7と天理リードで後半を迎える。

     

    大東大ディフェンスも出足よく、天理の攻撃にしっかり対応していた。

    大東大ディフェンスも出足よく、天理の攻撃にしっかり対応していた。

     

    天理も負けじとダブルタックルでしっかり止めていた

    天理も負けじとダブルタックルでしっかり止めていた

     

    後半13分、大東大はFB鈴木がトライ

    後半13分、大東大はFB鈴木がトライ

     

    コンバージョンを蹴る・大東大SO大矢雄太

    コンバージョンを蹴る・大東大SO大矢雄太

     

    さらに16分にも鈴木がトライを決め5点差

    さらに16分にも鈴木がトライを決め5点差

     

    後半、勝負を決めるマキシのトライ

    後半、勝負を決めるマキシのトライ

     

    天理大が2シーズンぶりに4強へ

    天理大が2シーズンぶりに4強へ

     

    天理大・小松節夫監督

    天理大・小松節夫監督

    天理大 小松節夫監督


    天理大学 小松節夫監督


    強い大東文化大学に対してチャレンジして、スクラムの部分は向こうもうちも自信を持っている部分ですが、そこで優位に立てたことが大きかった。簡単に立て続けにトライを取られてしまった部分もありました。後半5点差までされましたが、なんとか(勝利することができた)という感じです。今日の試合の課題をしっかりと確認して準決勝に望みたいと思います。


    ――前回の準決勝進出した時と今回のチームではFWに安定感があるように見えます。


    あの時のチームと比べると、体もそれなりに大きくなっています。セットプレー、スクラムは安定感あると思います。



    天理大学 島根一磨キャプテン


    本日の試合は、もちろん大東文化大学さんのスクラムに対して勝負できたことが一つ良かったところです。入りの部分でも、ファーストプレーにはこだわっていたので、それが得点につながったと思います。しかし、こちらのミスもあり、アタックをしているところでボールを失ってしまったりがありました。そういった課題を修正して、次の帝京大学戦にむけていい準備をして頑張りたいと思います。

    ――スクラムについて


    スクラムに関して毎回、自分たちのコールを決めてやっていたので一つにまとまることができていたと思います。


    ――スクラムでPGをとるまでなかなか取れそうで取れない時間帯もありました。これからの試合にむけてどう修正していきますか?


    自分たちのエリアに入られた時に、簡単にトライをとられてしまっていたので、まずは敵陣に入ってプレーするということを意識したい。

    膝を強打して途中退場となった天理大SO松永。司令塔としてチームに欠かせない存在だけに帝京大までに復帰が望まれる。

    膝を強打して途中退場となった天理大SO松永。司令塔としてチームに欠かせない存在だけに帝京大までに復帰が望まれる。

     

    大東文化大学 青柳勝彦監督


    今日は大東としましては、勢いあるラグビーを前半からやっていこうとしたんですけども、最初、立て続けに2本トライを取られてしまって、逆に天理さんに勢いをつけさせてしまったことが残念です。後半、5点差まで追い上げて、いけるかなと思っていたんですけれど、うちの強みであるスクラムの部分がなかなかうまいこといかず、そこも敗因の一つかなと思います。結果的に、天理さんのほうが強かった。


    大東文化大学 平田快笙キャプテン


    今日の試合は、FW戦で圧倒しなければ勝てないと思っていました。しっかりとセットプレーとフィールドプレーでFWが勝とうと前々から話をしていました。天理さんの8人がまとまったスクラムに自分たちのスクラムがいつもどおり組めなかった。レフェリーとのコミュニケーションも修正しようと思っていましたが、最後までズルズルいってしまいセットプレーで食い込まれて弱気になってしまった。

    それでも天理大学さんの鋭いアタックに対しても、自分たちのディフェンスが通用する場面もあったので、来年この経験を活かしてこれを超えてほしいと思います。

    大東文化大・SO大矢雄太

    大東文化大・SO大矢雄太

     

    ファカタヴァ兄弟が卒業し、CTBシオペ・ロロ・タヴォが外国人選手の中では一番の年上となる

    ファカタヴァ兄弟が卒業し、CTBシオペ・ロロ・タヴォが外国人選手の中では一番の年上となる

     

    記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ