1年間積み上げてきたことをぶつけた―明治大・福田健太キャプテン | Rugby Japan 365

1年間積み上げてきたことをぶつけた―明治大・福田健太キャプテン

2019/01/13

文●編集部


22年ぶりの大学日本一となった明治大学。福田健太キャプテンは昨年の経験から「本気で日本一を目指さなければならない集団だ」と思ったという。今シーズン春から勝利を積み重ねてきたが、対抗戦では早稲田、慶應に敗れ4位。すべての経験はチームが強くなるために必要なものだった。

「決勝戦に至るまでの道のりは決して楽なものではなかった」

本当に明治に高校のとき選んだのは、帝京を破って日本一になると決めて明治に入りました。昨年は決勝まで行けたが、1点差で帝京に敗れてしまった。その悔しさは1年間、残ったままプレーしました。

帝京との決勝戦、福田は先発出場。これまではイメージできなかった「日本一」という目標がより現実的なものになった


今日の決勝戦に至るまで、道のりというのは決して楽ではなかった。対抗戦では慶應、早稲田にいい課題を教えていただき、そこであの負けがあったからチームがレベルアップできた。

大学選手権はトーナメントで、チームとして成長し続けているなとキャプテンとしても感じた。決勝は天理ということで、春、夏、両方負けていた。気持ちの余裕はまったくなかったです。1年間積み上げてきたことをぶつけて、日本一になれて嬉しく思います。これだけ応援してもらうチームでプレーできて誇りに思います。

早稲田に負けた経験、決勝ではストラクチャーを意識しすぎず、コミュニケーションをしてベストな選択ができた。

早明戦、試合後「ただボール動かしてからトライとれたので、もうすこし早いうちからボールを動かせばよかった。」と敗戦を振り返った。


――アタック、ディフェンスでどう分析して、どのように選手たちが体現しましたか?


スタッフが入念の準備してくれていましたが、あくまでもストラクチャーは攻撃の一つとしてオプションとしてプレーしていました。それは、対抗戦の早稲田戦でストラクチャー、型にこだわりすぎてしまって早稲田のプレッシャーやスペースを考えず、早稲田のディフェンスにはまってしまい、明治のアタック力を生かし切れず負けてしまったからです。

今日は試合中にWTBやいろんな選手とどこが空いているかコミュニケーションを取りました。そうすることによってストラクチャーが効いて、いい選択ができたと思います。その結果、準備していたプレーでトライが取れました。そこが対抗戦からの成長かなと思います。また、ディフェンスは成長し続けました。対抗戦と違うのはコミュニケーションです。タックルしたらすぐに立ち上がって次の仕事をする。成長し続けて良かったと思います。

――最後、少しピンチになった場面について


残り1分で、こちらのミスで相手にボールを奪われたが、そこのスクラムになったとき、天理はスクラムを強みにしていましたが、僕らとしてはネガティブにならず、もう一度、ディフェンスでボールを取り返してやろうと強い気持ちで、15人全員が同じ気持ちでプレーできました。

結果的に相手のノックオンで終わりましたが、あの場面だけでなく、80分プレッシャーをかけ続けた結果、相手がプレッシャーを感じてのノックオンだったと思います。80分、ディフェンスが鍵だと思っていたので、ディフェンスでプレッシャーを与え続けることができたのが勝因だと思います。ノックオンになって、ノーサイドになって本当に嬉しかった。

 

「優勝。まだ実感はないです」

――22年ぶりの優勝です。選手たちの思いは?


正直、優勝したという実感はまずそこまでないです(笑)。22年は、僕らとしてもまったく未知なものでした。そういう状況の中で、頭の中では「大学選手権優勝」がありました。昨年、決勝までいけて、一つ明治の殻が破れました。本気で日本一を目指さないといけない集団だと思いました。また。決勝まで行けたことは自信になりました。実感は、徐々に湧いてくるのかなと思います。

 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ