94分の激闘!大東文化大が逃げ切り勝利―関東学院大はスクラムで圧倒するもあと一歩及ばず | ラグビージャパン365

94分の激闘!大東文化大が逃げ切り勝利―関東学院大はスクラムで圧倒するもあと一歩及ばず

2020/11/03

文●編集部


11月3日、ラグビー関東大学リーグ戦、大東文化大と関東学院大が対戦。大東文化大が先制2分で先制するも、関東学院大もWTB福士萌起がトライを返す。互いにミスから決定機を逸し膠着状態。前半35分に大東文化大はFL泉壮典のトライで14-5リードして後半を迎える。

後半入りで大東文化大はFB鈴木匠の連続トライで大東文化がペースをつかんだかと思われたが、後半23分、大東文化大はNO8ヴニランギがハイタックルで一発レッドカード。前半からスクラムで優位にたつ関東学院大は一人多い状態で、スクラムを完全に制圧。後半25分、HO岡輝剛のトライを皮切りにWTB福士が2本目のトライ。さらに37分にも福士がハットトリックを決め26-31の1トライ差と猛追。

さらも後半ロスタイム、関東学院大は自陣からスクラムで連続ペナルティーで徐々に敵陣へ攻め込む。それまで6人で組んでいた大東文化大はBKを入れて7人で組み、なんとか関東学院大の猛攻をしのぎ試合終了。大東文化大が今季初勝利を果たした。

関東大学リーグ戦 2020.11.03 駒沢

  • TRY(4)
  • G(4)
  • PG(1)
  •  
  • 前半2分 T 8.サイモニ・ヴニランギ
  • 前半3分 G 12.ペニエリ・ジュニア・ラトゥ
  • 前半17分 PGx 12.ペニエリ・ジュニア・ラトゥ
  • 前半35分 T 7.泉壮典
  • 前半36分 G 12.ペニエリ・ジュニア・ラトゥ
  • 後半6分 T 15.鈴木匠
  • 後半7分 G 12.ペニエリ・ジュニア・ラトゥ
  • 後半11分 T 15.鈴木匠
  • 後半12分 G 12.ペニエリ・ジュニア・ラトゥ
  • 後半32分 PG 12.ペニエリ・ジュニア・ラトゥ
  •  
  • PENALTY
  • PK(12)
  • FK(0)
  • TRY(4)
  • G(3)
  • PG(0)
  •  
  • 前半13分 T 11.福士萌起
  • 前半14分 Gx 10.芳崎風太
  • 後半25分 T 2.岡輝剛
  • 後半26分 G 10.芳崎風太
  • 後半27分 T 11.福士萌起
  • 後半27分 G 22.立川大輝
  • 後半37分 T 11.福士萌起
  • 後半38分 G 10.芳崎風太
  •  
  •  
  •  
  • PENALTY
  • PK(8)
  • FK(1)
  • GALLERY

    前半13分、関東学院大WTB福士のトライで7-5とする

    前半13分、関東学院大WTB福士のトライで7-5とする

     

    前半の中盤、試合は膠着状態に。

    前半の中盤、試合は膠着状態に。

     

    ボールは大東文化大が支配するも、関東学院大も粘り強いディフェンスで攻撃をしのいだ

    ボールは大東文化大が支配するも、関東学院大も粘り強いディフェンスで攻撃をしのいだ

     

     

    前半終了間際、1人少ない関東学院は相手ボールスクラムを逆に押し込みペナルティーを獲得。1本とって後半を迎えたいところ、フィニッシャーであるWTB福士にボールを託すもゴール直前で外に押し出されトライならず。

    前半終了間際、1人少ない関東学院は相手ボールスクラムを逆に押し込みペナルティーを獲得。1本とって後半を迎えたいところ、フィニッシャーであるWTB福士にボールを託すもゴール直前で外に押し出されトライならず。

     

    関東学院のスクラムは前半から大東文化大を圧倒していた(HO岡)

    関東学院のスクラムは前半から大東文化大を圧倒していた(HO岡)

     

    後半6分、大東文化大はFB鈴木が相手ディフェンスの隙を見逃さず抜け出しトライ。

    後半6分、大東文化大はFB鈴木が相手ディフェンスの隙を見逃さず抜け出しトライ。

     

     

    CTBラトゥのコンバージョンも決まって21-5とする。

    CTBラトゥのコンバージョンも決まって21-5とする。

     

    更に直後の11分、再び鈴木が2本目のトライを決めリードを広げる

    更に直後の11分、再び鈴木が2本目のトライを決めリードを広げる

     

    喜ぶ大東文化大フィフティーン

    喜ぶ大東文化大フィフティーン

     

    後半25分、一人少なくなった大東文化大に対し、関東学院大はHO岡のトライから猛追

    後半25分、一人少なくなった大東文化大に対し、関東学院大はHO岡のトライから猛追

     

    後半27分、関東学院はWTB福士がこの日2本目となるトライ

    後半27分、関東学院はWTB福士がこの日2本目となるトライ

     

    後半32分、大東文化大はペナルティーを獲得しショットを選択。ラトゥが難なく決めてリードを9点差にする。

    後半32分、大東文化大はペナルティーを獲得しショットを選択。ラトゥが難なく決めてリードを9点差にする。

     

    関東学院大は自陣から試合を通じて圧倒していたスクラムで連続ペナルティーを獲得。次第に相手ゴールが近づいてきた。

    関東学院大は自陣から試合を通じて圧倒していたスクラムで連続ペナルティーを獲得。次第に相手ゴールが近づいてきた。

     

     

    5点差、1トライ1ゴールで逆転されてしまう大東文化大はなんとか相手の攻撃をしのぎきり試合終了

    5点差、1トライ1ゴールで逆転されてしまう大東文化大はなんとか相手の攻撃をしのぎきり試合終了

     

    試合終了のホイッスルがなった時、電光掲示板は54分を回っていた。

    試合終了のホイッスルがなった時、電光掲示板は54分を回っていた。

     

    COMMENT

    大東文化大学 日下唯志監督


    過去3試合なかなか思うような結果は出せなかったですが、アタックでいいかたちはできていた。取り切れない要因としてサポートの遅さを課題としてこの2週間取り組んでいました。今日のゲーム、比較的、セットプレーが安定した中でトライすることできていい流れでゲームをすすめることができたかなと思いました。


    退場者を出してから 相手のペースになってしまい、なかなかこちらのペースに戻すことができなかった。最後のスクラムでディフェンスで踏ん張ってくれた。学生に感謝したいと思います。次の試合にむけて今週末、関東学院と練習試合をします。Aチームは結果を出しましたので、Bチームも結果を出して、チーム一丸となって次の東海大戦に挑みたい。

    大東文化大学 LO呉山聖道ゲームキャプテン


    自分たち、前半の入りのスタートがいつもぬるいので、開始10分で相手の心を折ろうということで臨みました。開始のキックオフからのワンパスをシャットダウンできてそこからトライにつなげることができたのは課題としていたところが克服できたかなと思います。
    フォワードのセットプレーでも、いつも乱れている部分があったのでラインアウト、スクラムなんとか安定させて、BKにつないでいくことを心がけていました。南キャプテンも、鈴木バイスキャプテンも2試合いないかったんですけれど、鈴木が帰ってきてくれて心強く、試合でも2トライをとってくれて勝利に繋げられたこと感謝しています。


    大東文化大学 FB鈴木匠バイスキャプテン


    大東文化大としては、1回のラインブレイクでしっかり取り切るということを目標にこの2週間練習してきて、それができた部分もあり、そこは評価したいと思います。後半に入って退場者がでて苦しい場面もありましたが、勝ちたいという気持ち、交代したメンバーも走ってくれて、勝利につながった。次からはフォワードのセットプレーの修正とBKのエリアの意識を変えて次の試合も勝利していきたい。

    関東学院大学 板井良太監督

    流経大の敗戦から一週間体を張り続けることを学生たちと一緒にやってきましたが、まだ本物の域になっていなかったなと思います。この敗戦を、まだ終わったわけではないですので学生たちともう一度やりなおしたいと思います。

    ――メンバーのチェンジについて


    監督 キャプテンとの交代については川﨑の可能性にかけていた。練習中からああいうメンバーチェンジはやっていました。5番にしても1年生を出場させて、もともと山﨑をLOにもどして、機動力のあるFLをというのも練習でやっていました。


    ――選手のポジションや起用について


    板井 去年からぬけた穴埋めからはじめました。8番、9番、15番と縦のラインが卒業していましたので、(昨年は)彼らが得点の大半をとってくれていました。NO8の福士の可能性、突破力。そうしているうちに夏合宿でNO8尾崎も夏月蝕以降成長してくれました。川崎については、もう少し痛い思いをしてもう一度這い上がってきてほしい。

    関東学院大学 WTB萬田開人キャプテン

    課題であった試合の入りで大東文化大さんにやられてしまった。課題は見えているので、今日の敗戦を糧に、まだリーグ戦は終わっていないので次に活かして残りの試合勝てるようにしたいです。

    ――後半、相手にラインブレイクされてしまった部分


    萬田 下に入るタックルを徹底していたんですけれど、相手にボールを振られた時にファーストタックルが高く甘くいって、ハンドオフされてしまったミスだと思います。

    関東学院大学 WTB福士萌起

    ひさしぶりの1部ということで先週、流経大さんに大敗を喫してしまいました。この2週間やってきたこと全面に出して、悔いの残るところもありましたが、自分的は最大限のパフォーマンスができたと思います。

    ――後半最後の場面、相手の人数が少ない状況でスクラムペナルティーを連続して獲得していました。バックスとしてはどのくらい予想していたのか。またその時どのような攻め方を考えていましたか?


    福士 フォワードはスクラムペナルティーもらう、バックスはボールをもらったら裏に蹴ろうという話はしていて、BK全員でボールを追うという意思統一はできていました。FWはスクラムにこだわっていましたし、BKはうまく動けていなかったと思います。FWに少し任せてしまった。

    記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ