「フィジカルでは絶対に負けない」テストマッチ3連勝へ!HO堀江翔太 | ラグビージャパン365

「フィジカルでは絶対に負けない」テストマッチ3連勝へ!HO堀江翔太

2019/08/09

文●斉藤健仁


10日にアメリカ代表と対戦するラグビー日本代表。3試合先発のHO堀江翔太。フィジー、トンガ戦で得た自信と、課題。さらにワールドカップに向けて自分自身が試合にむけてどう取り組んでいるのか。出場すれば3大会連続となる。その調整方法は…。

アメリカもフィジカル中心。運動量で勝りたい。

痛みもなく大丈夫です。流石にテーピングは巻いていますけど。不安をかかえて試合を迎えるということはないですね。(体力面)大丈夫ですよ。試合に出ている選手、出ていない選手でメニューを変えながらやってもらっているので。ラストの試合に徐々に上げていくような感じです。一週間目、二週間目、三週間目で練習の強度もガラッと違うので。疲れた中でやるという感覚はあまりないです。

多少(移動等で)疲労はある選手もあるかもしれません。三試合目ですし。疲労があるから試合でいいパフォーマンス出せないというのはね、それは個人のコンディショニングの持っていき方に間違いがあると思います。理由にならないと思います。このPNC最後の試合をいい形で終わりたいと思っています。

スタッフの方は(ワールドカップのスケジュールに合わせて)準備をしているんじゃないですか。僕らは目の前の試合でどれだけいいパフォーマンスを出せるかということをやっているので、どの大会でも同じという感覚があります。しっかりと最後の週の試合にいいパフォーマンスを出すために何をしなければならないのかというのは言わんでも皆出来ている感じがするので、大丈夫かなと思います。

アメリカもフィジカル中心にくると思うので、モールでも来ますし、フィジカルを主にだしてくるのでそこは負けないでおこうというのはFWのキーポイントとして上がっています。運動量で勝りたい。

一週間してきたことを出したいですね。この試合で終わりではないですし、ワールドカップもありますし。僕らはこの試合をどれだけ貪欲に勝ちにこだわっていいくかが大切だと思います。ハングリーに勝ちに行きたい。

スクラム、試合中に修正しなければならない

――フィジーとトンガ戦やってみてスクラムの手応え


手応えはありますよ。ただ、新ルールに対して、レフェリーが全く対応しきれていない。試合中で判断が変わっていくので。そこの対応を試合中にせなあかんかなと思います。言われていることと違うことがグラウンドで起こっています。そこの対応をしなければならないとこの2試合で感じました。

僕中心に試合中、ああしようこうしようと話をしています。距離とかバインドだったり、僕らが反則と思っていることが試合中ではそのままOKだったりするんで。そうすると、僕らが反則と思っていることをやられたら、僕らにとって不利になるんですよ。それを試合中にオッケーな部分まであげないといけない。それを話しながら。もう少しこちらも反則ギリギリまでいってというような話です。組みながらですね。ここまでというのはレフェリーのコールとか一個一個組みながらですね。レフェリーも最後のスクラムは良かったとか言ってくれるんで。
スクラムについて(レフェリーから)ナイーブになりましたね。メンバーが変わっても練習中に色々と話しているのでこの一週間、ガッキー(稲垣)、アサ(ヴァルアサエリ愛)、木津、(山本)幸輝とかと話をしています。違う選手が来ても大丈夫です。

――慎さんが「日本が悪いのかどうかわからない状態でスクラムでの反則を取れることがあった」と言われていましたがそれを2試合やってみて感じたということ


感じますよ。慎さんがいうなら、そうっすね。こっちちゃうやろと思っていても、体の大きさや体重、見た目でレフェリーは判断するので。それで向こうが反則やのにというものは結構ありました。反則をされていても押せるようなスクラムを組むというのが目標ですね。アメリカもスクラム強いんで。スクラムがキーになってくるなと思います。


選手たちの中でも「絶対フィジカルでは負けないでおこう」という話をしている

――ここまで2試合で、すごいいい内容で勝っている


自信にはなったと思います。フィジーとトンガに得点をとることができた。変にこう、過信していないのはこの一週間の練習でわかりましたし。良かったです。選手、一人ひとりから、もっとああせなあかん。こうせなあかんというのは。リーダー中心に色々と話してくれているので。僕はトンガ戦よりもこのアメリカ戦がよくなるようにいい試合をしたいかなと思います。


――アメリカ戦のテーマ。


メンタル的にも、一試合一試合、気持ちはガラッと変わるので。過去に引きずることはあんまりないですね。アメリカ戦にどうするかということだけですね。とりあえずフィジカルでガンガンくる相手に負けて、前に出されるとアメリカは個人の能力が高いから食い込まれると外には速い選手もいて面倒。そこのフィジカルの部分でどれだけ勝てるか、ということだと思いますし、選手たちの中でも「絶対フィジカルでは負けないでおこう」という話をしています。3試合同じようなイメージだと思います。

――ご自身では3回目のワールドカップ。準備の仕方とか、変わっています。


変わってきています。昔はもうちょっと、真面目だったと思います(笑)。切り詰めてやっていました。目標とかわざわざ決めてルーティンが多かったですね。ああせなあかん、こうせなというのが多くて。それが年取るにつれて減って。オンとオフが激しくなったという感じです。集中する時は、ギュッと集中します。試合前のリラックスというのは強くなってきたので。昔は試合前日から、なんかこう、明日の試合のためにイメージして、とか切り詰めて。紙に目標書いて、朝起きてあれしてこれして。ってありましたね。それでもうまく行かないときはいかないので。

今は多少は試合に向けてどうするかは考えますが、なんか常にやっていることは考えますけど、そんなにガッツリ考えませんね。試合前日はしっかりリラックスして当日、考えて。試合に出てグラウンドに出る時はリラックスした状態で望めています。どれだけフィジカルで戦って、(相手に)痛い思いどれだけさせてやろうかということを考えています。一週間も、覚えること、結構やっているんで。試合になると、勝手に体が動くような感じです。

斉藤健仁
スポーツライター。1975年4月27日生まれ、千葉県柏市育ち。印刷会社の営業を経て独立。サッカーやラグビー等フットボールを中心に執筆する。現在はタグラグビーを少しプレー。過去にトップリーグ2チームのWEBサイトの執筆を担当するなどトップリーグ、日本代表を中心に取材。

プロフィールページへ



 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ