「試合開始からゲームのスピードをあげていく」フランス戦前日練習レポート・先発起用のSH流大 | Rugby Japan 365

「試合開始からゲームのスピードをあげていく」フランス戦前日練習レポート・先発起用のSH流大

2017/11/25

文●大友信彦


JJことジェイミージョセフHC率いるラグビー日本代表は、今年最後のテストマッチとなる25日のフランス戦に向け、24日午後、試合会場となるパリ郊外ナンテール市にあるUアリーナでキャプテンズラン(試合前日練習)を行った。

日本代表の練習は冒頭の10分間が報道陣に公開された。短い公開時間だったが、リーチ主将が人工芝の感触、堅さを手で叩いて確認するなど、選手がそれぞれの視点でピッチの状態を確認していた姿が印象的だった。

練習後、ジョセフHC、リーチ主将、SH流、HO堀江、WTB福岡が報道陣の会見に臨んだ。

(先発抜擢について)


「試合開始からゲームのスピードをあげていくことが期待されて起用されたと思うし、実際にジェイミーからもそう言われている。そこを意識してやっていきたい」


(人工芝の状態)


「ちょっと滑りますけど、慣れれば問題ない。トゥールーズでも人工芝で練習してきたので影響はないと思います。ピッチの堅さは、FWには少し影響があるかもしれないけど、僕はそこまで気になりません」

(フランスのSHセランについて)


「落ち着いてゲームをコントロールするSHだな、パスさばきがいいな、という印象を持っています」


(HB団を組むSO田村優とのコンビネーションについて)


「優さんとはオフザフィールドでもミーティングをよくしていて、どういう展開に持って行くのがいいか、ゲームプランもクリアになっている。すごく声を出してくれるSOなので、僕はやりやすいです」

(片方のゴール裏は大型スクリーンになっている)


「そっちに攻めるときは目に入ってしまうかもしれないので、目に入っても気にしないよう、雰囲気に飲まれないように気をつけたい。いつも通りにやることが大事」


(天井が案外低い。ハイパンが天井に当たるのでは?)


「いや、僕のキックはそこまでは(笑)」


大友信彦
(おおとものぶひこ)

1962年宮城県気仙沼市生まれ。気仙沼高校から早稲田大学第二文学部卒業。1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』(文藝春秋)で活動。’87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

プロフィールページへ


 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ