「全てがチャレンジでもあり、チャンスでもある」レベルズ戦キャプテンズラン―スコット・ハンセンDFコーチ | Rugby Japan 365

「全てがチャレンジでもあり、チャンスでもある」レベルズ戦キャプテンズラン―スコット・ハンセンDFコーチ

2018/03/02

文●斉藤健仁


明日(4日)の試合を前に、ヒトコムサンウルブズはキャプテンズラン(前日練習)を行った。サンウルブズのディフェンスコーチ、スコット・ハンセンが取材に応えた。

――この1週間、どのような準備をしましたか?


1週間、いい準備をしていこうと話をしていました。何人かの選手にとっては新たなチャンスを掴む機会になるので掴むようにと伝えました。ブランビーズ戦はいろいろなことを学ぶ良い機会だった。アタックもディフェンスでも習得できたものがあったので、今週、自分たちのプレーに落としていきたい。

――ブランビーズ戦では後半少しディフェンスが良くなかったですが。


改善しないといけないことはありますが、毎週同じようにいかないのがスーパーラグビーだと思っています。そんな中で、毎回相手が違うと課題も毎回変わることが、自分たちにとってはチャンスだと捉える考え方もあります。

オーストラリア、南アフリカ、ニュージーランドと、代わる代わると戦っていくことは、すべてがチャレンジでもあり、すべてがチャンスでもあると考えています。先週は収穫が多かったので、それを落とし込んで、レベルズ戦で学んだことを次の試合にまた落とし込んでいきたい。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ