サンウルブズのラグビーを80分通してできれば勝てる―ホーム初勝利へPR山下裕史 | ラグビージャパン365

サンウルブズのラグビーを80分通してできれば勝てる―ホーム初勝利へPR山下裕史

2019/05/24

文●斉藤健仁


スーパーラグビー・ヒトコムサンウルブズは24日、レベルズ戦に向けた前日練習を行った。ホーム初勝利をかけた大一番を前に、PR山下裕史が取材に応じた。

――レベルズの印象は


大きいFWが多くて、スクラムもしっかり組めるチームなので、ラインアウトモールも注意しないといけない。どのチームと対戦するときでもFWでしっかり勢いを殺すことが大事かなと思います。


――アウェーで2勝したが、その後、なかなか勝てていない。


まずは反則が多くてリズムが乗れず、相手にリズムを乗らしてしまったことが一番の原因。ボールキープして反則なして、サンウルブズのラグビーを80分通してできれば(勝てる)。相手がいることなので、絶対、流れは相手に傾くことがあるが、そこを修正できればいい戦いできると思います。完封負けはやっていてきついですね。ボールキープできていなかったり、もうひと頑張り、ですね

――難しい部分は?


僕は入れ替わっていない組。外国人も多いですが、日本人もいるのでどうにかできているんじゃないですかね。コミュニケーションさえ取れれば大丈夫です。


――暑さの影響は


今日やった感じはそこまで、湿度がなかったので、思っていたより大丈夫といっていました。試合をやるのとは違うと思いますが、もうちょっと後、ジメジメしたとこでやるより、今日くらいであれば。風があったので。風吹いていいこと悪いことある。吹かなかったらしんどい。

ウルフパックから選手が来るのは問題ない。

――そろそろ休みがほしい?


(疲れは)ない。大丈夫です。(まだ6月どうなるかの話は)ない。何がアピールかわからないですが、与えられたところでやるだけですね。今は、ワールドカップは見えないですね。(目の前の試合に)そうですね。とにかくホームの試合で勝ちたいですね。まだ勝っていないので。昨年までのサンウルブズメンバーは(勝利を)味わっているので、今年のメンバーまだ味わっていないので、どうにか味わいたいですね。


――スクラムに関して


選手が入れ替わっていても堀江が来たくらい。ウルフパックから選手が来るのは問題ない。コナン(・オドネル)は2週間前に入ったんですが、同じマインド、やり方にもっていくのは時間がかかる。組んでいかないとわからない。1番なので、三上、マヌが説明してくれていると思う。(コナン、スクラム)強いですよ!

――コナン・オドネルはアイルランドの選手


それは関係ない。同じチーム、同じフィールドなら関係ない。(アイルランド代表の)サイン教えてくれたらいいですね!


――スクラムは日本代表でやっている組み方を入れ込んでいる?


難しいな…。秘密ではないですが、そこまでグッとしたサンウルブズの形がないっちゃない。外国人のパワーだったりを使って、ベースは1,2,3番はサンウルブズと似ている組み方をする中、マヌと僕とで話してまとめている感じ。

斉藤健仁
スポーツライター。1975年4月27日生まれ、千葉県柏市育ち。印刷会社の営業を経て独立。サッカーやラグビー等フットボールを中心に執筆する。現在はタグラグビーを少しプレー。過去にトップリーグ2チームのWEBサイトの執筆を担当するなどトップリーグ、日本代表を中心に取材。

プロフィールページへ



 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ