帝京の背中が見えてきた。関東大学対抗戦、全勝対決は慶應が3点差で帝京に敗れる | Rugby Japan 365

帝京の背中が見えてきた。関東大学対抗戦、全勝対決は慶應が3点差で帝京に敗れる

2017/11/06

文●編集部


関東大学対抗戦A・ここまで全勝の2校による直接対決。帝京大学が慶應義塾大学が対戦した。

SCOREBOARD

関東大学対抗戦A 第7週 相模原ギオンス

  • TRY:4 
  • CON:4 
  • PG:1 
  •  
  • TRY 前半11'' 14 元田翔太
  • CON 前半11'' 11 竹山晃暉
  • TRY 前半23'' 14 元田翔太
  • CON 前半23'' 11 竹山晃暉
  • TRY 前半31'' 10 北村将大
  • CON 前半31'' 11 竹山晃暉
  • PG 前半38'' 11 竹山晃暉
  • TRY 後半26'' 7 ジョセファ・ロガヴァトゥ
  • CON 後半26'' 11 竹山晃暉
  •  
  • 後半 0'' 1 西和磨 → 17 岡本慎太郎
  • 後半 14'' 3 垣本竜哉 → 18 淺岡俊亮
  • 後半 14'' 8 ブロディ・マクカラン → 20 安田司
  • 後半 19'' 10 北村将大 → 21 末拓実
  • 後半 31'' 13 岡田優輝 → 23 ニコラス・マクカラン
  • 後半 38'' 4 今村陽良 → 19 菅原貴人
  • TRY:4 
  • CON:4 
  • PG:0 
  •  
  • TRY 6'' 12 堀越貴晴
  • CON 7'' 10 古田京
  • TRY 11'' 14 安西浩昭
  • CON 12'' 10 古田京
  • TRY 24'' 2 細田隼都
  • CON 25'' 10 古田京
  • TRY 34'' 13 栗原由太
  • CON 35'' 10 古田京
  • TRY 42'' 13 栗原由太
  • CON 43'' 10 古田京
  •  
  • 前半 32'' 1 渡邊悠貴 → 16 安田裕貴
  • 後半 25'' 6 中村京介 → 20 川合秀和
  • 後半 28'' 11 宮本瑛介 → 22 今成哲
  • 後半 31'' 7 永末千加良 → 19 相部開哉
  • 後半 37'' 9 江嵜真悟 → 21 小宮山大地
  • REVIEW

    ここまで全勝同士の直接対決。前週で明治大学に勝利し、勢いにのっている慶應義塾と王者帝京。80分、最後までわからないタイトな戦いとなった。


    帝京がWTB元田翔太の連続トライでリードするも、慶應もオフロードパスを繋いでゲイン。WTB 宮本瑛介の2トライで返す。7点差で迎えた前半38分、帝京は敵陣22m付近でPKを獲得するとショットを選択。

    ケガの丹治にかわりFBで出場の豊田。「今日のパフォーマンスは良かった。このパフォーマンスを見ると丹治も簡単に戻れない状況」(金澤HCも・慶應)

    ケガの丹治にかわりFBで出場の豊田。「今日のパフォーマンスは良かった。このパフォーマンスを見ると丹治も簡単に戻れない状況」(金澤HCも・慶應)

    今季公式戦では初めてPGだ。この判断について「モールも組めていたので、少し迷う局面でしたが、ここ(PGを)しっかりと決めることで、10点差となって、後半響いてくるだろうなと感じていました。今後を考えると、こういう竸った試合は増えてくると思います。いい意味での練習を想定してみんなで(PGを)選択しました」(堀越康介キャプテン)WTB竹山晃暉がしっかりと決めて24−14までリードを広げた。突き放したのもつかの間、慶應はCTB栗原由太のトライで3点差として後半を迎える。

    互いにスコアをすることができないまま迎えた後半26分、帝京は敵陣22でドライビングモールで押し込むとFLジョセファ・ロガヴァトゥがボールをグラウディングしトライ。竹山のコンバージョンも決まって31−21と10点差にして残り10分。慶應が猛攻を見せる。

    後半35分、慶應のアタック。敵陣22m手前のラックからSH江嵜真悟が帝京ディフェンスの裏スペースをつくグラバーキック。このボールに反応したCTB栗原由太がキャッチそのままインゴールへ。帝京FB尾﨑晟也がボールを叩き落とし、ノックオン。決定的なチャンスを逸してしまう。それでも38分、慶應は、敵陣22手前でCTB堀越貴晴が帝京のディフェンスラインのギャップをついて突破。そのままトライを決め26−31。SO古田京のコンバージョンも決まって28−31と再び3点差とする。

    場内にはロスタイム3分というアナウンスがされた。後半の慶應の勢いをもってすると十分な時間。慶應は自陣から脱出を試みるが、この場面で帝京はギアをあげ、ディフェンスの出足がこれまで以上に速くなり、慶應のボールキャリーに対して次々と突き刺さり、前進を許さない。迎えた10フェイズ目、慶應がボールをキープし続けることができずノーサイド。

    これで帝京大学が今季5勝。慶應は4勝1敗。帝京は、18日明治と対戦。慶應は23日に早慶戦を迎える。

    COMMENT

    慶應・金澤篤ヘッドコーチ

    慶應・金澤篤ヘッドコーチ

    慶應義塾大学 金澤篤監督


    今日の試合は、最終的に3点差でしたけど、最初取られた2つのトライが自分たちで準備をしてたことができずに取られてしまった。最後までずっとリードされてしまってそれが厳しかった。ボールを持てば、自分たちが思っているようなアタックができていたので、いい勉強だと思って次のステップに向かっていきたい。

    佐藤大樹キャプテン

    今日の試合は、レッグタックルとトランジションを意識して試合に臨みました。その部分は意識ができて悪くないかなと思います。前半とか、後半の最後の方、ディフェンスする時間が多く、帝京さんはミスがなくボールをキープし続けることができるので、簡単にボールを渡してしまったらなかなか取り戻すことができない状況でした。敵陣に入れば、得点することができていたのですが、簡単なキックで相手にボールを渡してしまったり、少し消極的なプレーがありました。もう少し自陣からでもボールを継続することができたかなと思います。

    帝京大学 岩出雅之監督


    なかなか今日のような最後までわからないタイトな試合は意図的にできるものではない。今日は試合前から、クロスゲームを想定していこうと話をしていましたが、本当にそうなるとは思っていなかったですが。しっかりと厳しいゲームを、試合の中で修正して勝ち切ることができたのはよかった。

    堀越康介キャプテン

    アタックでは、相手のディフェンスが前に上がってくることは分かっていたので、フィジカルで勝負しようと思っていました。ディフェンスは、相手のアタックに対して、自分たちが前に出続けようと話をしていました。そこを練習でもポイントとしてやってきました。前に出て相手を止めることができた点は今後の試合にもつながると思います。このクロスゲームを勝ちきれたことが明治戦の糧になる。

    MEMBER

  • 1 西和磨
  • 2 堀越康介
  • 3 垣本竜哉
  • 4 今村陽良
  • 5 藤田達成
  • 6 吉田杏
  • 7 ジョセファ・ロガヴァトゥ
  • 8 ブロディ・マクカラン
  • 9 小畑健太郎
  • 10 北村将大
  • 11 竹山晃暉
  • 12 矢富洋則
  • 13 岡田優輝
  • 14 元田翔太
  • 15 尾﨑晟也
  • 16 金廉
  • 17 岡本慎太郎
  • 18 淺岡俊亮
  • 19 菅原貴人
  • 20 安田司
  • 21 末拓実
  • 22 矢澤蒼
  • 23 ニコラス・マクカラン
  • 1 渡邊悠貴
  • 2 細田隼都
  • 3 大山祥平
  • 4 辻雄康
  • 5 佐藤大樹
  • 6 中村京介
  • 7 永末千加良
  • 8 松村凜太郎
  • 9 江嵜真悟
  • 10 古田京
  • 11 宮本瑛介
  • 12 堀越貴晴
  • 13 栗原由太
  • 14 安西浩昭
  • 15 豊田康平
  • 16 安田裕貴
  • 17 町田裕史
  • 18 菅公平
  • 19 相部開哉
  • 20 川合秀和
  • 21 小宮山大地
  • 22 今成哲
  • 23 權正拓也
  • GALLARY

    2トライを決めたWTB宮本瑛介

    2トライを決めたWTB宮本瑛介

     

    CTB栗原由太が相手ディフェンスに絡まれながらもボールをキープ

    CTB栗原由太が相手ディフェンスに絡まれながらもボールをキープ

    帝京のディフェンスラインを崩した慶應の連携を連続写真で振り返る。

    倒れながらもオフロードパス

    倒れながらもオフロードパス

     

    FB豊田康平がキャッチ。

    FB豊田康平がキャッチ。

     

    豊田がさらにパス。

    豊田がさらにパス。

     

    SH江嵜真悟がキャッチしWTB安西浩昭へとつなぐ。

    SH江嵜真悟がキャッチしWTB安西浩昭へとつなぐ。

     

    慶應・LO辻雄康

    慶應・LO辻雄康

     

    帝京・HO堀越康介キャプテン

    帝京・HO堀越康介キャプテン

     

    帝京が今季初めて選択した「ショット」。WTB竹山晃暉は落ち着いてPGを決めた

    帝京が今季初めて選択した「ショット」。WTB竹山晃暉は落ち着いてPGを決めた

     

    記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ