早稲田、日体大に快勝「通常ではないシーズンに対応できるようスキル、フィジカルだけでなく適応力も」 | ラグビージャパン365

早稲田、日体大に快勝「通常ではないシーズンに対応できるようスキル、フィジカルだけでなく適応力も」

2020/10/19

文●編集部


18日、関東大学対抗戦は3週目に入った。熊谷ラグビー場では、早稲田大学が日本体育大学と対戦し、前半、後半にそれぞれ5トライづつ合計10トライを決めた早稲田が70-5と快勝。開幕から3連勝として前半節を終えた。

HIGHLIGHT

「今日の試合は及第点。掲げたテーマに関しては80点くらい」早稲田大学 相良南海夫監督

今日は熊谷で今年始めて人を入れて試合をすると聞いて、ワールドカップをやった会場で、観客がいる中で試合ができたことはよかった。その中で、過去の2戦よりは自分たちでテーマに掲げたことはある程度表現できたゲームだった。及第点かな。

ただ、やっぱり、取り切るところでまだ取り切れないとか、ゴール前、トライを許してしまった部分は今後を見据えるとまだまだ課題が残ります。練習して改善していきたい。

――3戦やってみてハーフ団について仕上がり


今年はコロナ禍のなかでゲームができずに本来ならば、春と夏がありましたが。ぶっつけてこの3試合となりましたが仕上がりは全然まだまだ。ただ3試合経験積める中で悪くなっているわけではなくて、彼らなりに課題を感じながら一つ一つクリアしてくれている。

9番、10番だけに限らず、本番で経験してどれだけ引き出し作ってだと思うので点数とか仕上がり具合は評価しづらい。1戦目より2戦目、2戦目より3戦目の方が少し良くなってきている。この先どう影響するかどう相手とみてどうかやってみないとわからないですね。

――ディフェンスについて


ディフェンスについて接点を前にもつ。できたブレイクダウンで圧力かけて最低でもスローボールにさせる。その辺は課題としてでましたけど、その辺はだいぶステップアップしていると思いますが、まだまだ改善の余地ある。

アタックのところはなかなかモメンタムを生むようなアタックできていなかったので、今日はポッドのリンクをそこのところテーマにしてやりましたが、今日は少しいい形ができてきていた。今日かかげたテーマに関しては80点くらいできていた。

――ケガ人も多いが、怪我の状況


ケガを含めて、コロナの状況でどうしてもトレーニングが通常通りできていない。通常通りの強度を出せない。春ゲームなかったことや合宿できずゲームできなかった。ちょっと通常の年では考えられない状況で大なり小なりケガが出ている実態として思っています。

とはいえ、ケガのところは想定外。このコロナの状況で発熱したら1週間、2週間休まないと 常識的にそういうオペレーションにならざるを得ない。それはどう部内にコロナを蔓延させないか、春からきめていました。ある程度、試合直前にメンバーを思い通りに組めないことが必ず出てくるとは想定していました。

ある意味、メンバー思い通りに組めない、急なケガなど対応すべき準備をしています。選手にもいろんな組み合わせあると常日頃いっています。誰が入っても同じプレーができるようにこころがけよう言ってはいますが、それができるかどうかは練習でつくりあげていく。これからも試合が続きますので動じない、対応できるよう、スキル、フィジカルだけでなく適応力をつけていきたい。



――帝京戦までの2週間の使い方


しっかりここまで出た課題を整理して、次の先の4試合に向けて何をしていくか確認して。コンディションも大事だがしっかり強度を保ったまま上げた練習をしていきたい。選手たちには覚悟してもらうように。

早稲田大学 NO8 丸尾崇真キャプテン

無事に迎えられて嬉しく思います。対抗戦、一戦一戦成長していき日本一を目指しています。まだまだアタック・ディフェンスの仕留めの部分に課題がありますので修正して次の帝京戦に臨みたいと思います。


――ディフェンスについて

今シーズンは一戦一戦、間合いと2戦目よりもよくなってきましたがまだ課題がある。アタックに関しては仕留めきるところは仕留めきる。そのチャンスを逃さないところをこだわっていきたい。

早稲田大学 PR横山太一(MOM) 

チームとしても個人としても、自ら仕掛けるというところが前の試合よりもできたかなと思います。ただ課題はたくさんあるそこを修正して次の試合に臨んでいきたい。


――スクラムについてと途中出場から2トライ取った


個人としてはリザーブ出場するにあたりフロントロー3人ですぐに対応できるように話をしていました。対応できない部分もあり、試合の中でも修正できなかったのでそこはスクラムの課題として対応していきたい。自分たちから仕掛けるがテーマなので、そこはリザーブもスタメンも共通かなと思います。


――アタック・ディフェンスでの課題

アタックに関しては、ユニット間でのコミュニケーションができていないところがあったのでそこを修正していkたいい。ディフェンスは後半、日体大さんに1本取られてしまったところ。あそこは我慢してボール取り替えすようなディフェンスをチームでつくりたい

日本体育大 田沼広之監督

我々としましては観客のいる試合ということで、過去2戦は持ち味を出すことができなくてこの試合にむけて一週間、修正して臨んだのですが、早稲田さんが強いこともありますし、我々の至らないところがあり、なかなか力を出しきれず今日は負けてしまいました。

ただ、希望がもてる、いい時間帯もありましたので、その時間帯をより長く伸ばすことができるように。スコアの仕方もディフェンスで我慢して、反則を誘ってそこからのトライをとれました。そのかたちを学生たちと作り直してここからの戦いをまたしていきたい。


日本体育大 LO玉置将也キャプテン


日体大としては、早稲田大学さんの個々の、一対一の強さ、日体大のペナルティーの多さ、敵陣でプレーしたいという思いが届かず、自陣でプレーするかたちが多く、それがトライにつながってしまいました。

帝京大さん、慶應大さん、大差で負けてから修正して臨んだんですが、このような結果になりました。このあと1週空いて、また試合があるので、完成度高めて挑みたい。

日本体育大 SH本堂杏虎(BKリーダー)


今日の試合では、キャプテンが悪いところ言っていたんですが、今回収穫がありました。フェイズを重ねれば1トライとれた。いいタイミングで(トライが)とれたということで、そこからあげていこうと思っていたんですが、空振りしてしまいました。逆にトライされてしまった。ディフェンスの固さ、一週間あくので、次の試合で、そこでブレイクダウン強い明治さんにいかに戦うかということを考えて、裏取られても最後まで諦めない、というところ意識してやっていきたい。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ