2022関西大学春季トーナメント決勝レポート、京産大、天理の両校優勝! | ラグビージャパン365

2022関西大学春季トーナメント決勝レポート、京産大、天理の両校優勝!

2022/07/05

文●編集部


3日、奈良・天理親里ラグビー場では2022年度関西大学春季トーナメント戦の決勝が行われた。決勝に駒を進めたのは、昨年大学選手権で4強入りを果たした京都産業大学と天理大学。京産大は初戦・関学戦を33-22、準決勝の立命館大戦を78-19と大差で勝利。一方天理大も、初戦・関大戦を57-12、準決勝の近大戦を43-19と大差で勝利していた。

前半6分、京産大がCTBポルテレ・シオネ(1年・目黒学院)のトライで先制

前半6分、京産大がCTBポルテレ・シオネ(1年・目黒学院)のトライで先制


試合は序盤から点の取り合いとなる。前半6分、京産大が今季加入のCTBポルテレ・シオネ(1年・目黒学院)のトライで先制する。「まだどのポジションで使うか色々とためしている」(京産大・廣瀬佳司監督)ポルテレは破壊力満点のプレーで存在感を見せた。チームとして伸び伸びとプレーをさせるように上級生たちがハードワークしているところが印象的だった。これからの成長に注目したい。

前半12分天理NO8ヴァカタのトライで5-5の同点に.

前半12分天理NO8ヴァカタのトライで5-5の同点に.


前半12分、天理がスクラムターンオーバーからNO8パトリックヴァカタがトライを決め5-5の同点。SO福本優斗のゴールは決まらず。そこから試合は膠着状態となり、スコアが動いたのは22分、京産大が敵陣ゴール前でペナルティを獲得すると、ショットを選択。

SO福本優斗のゴールは決まらず

SO福本優斗のゴールは決まらず

蹴るのは昨シーズン選手権でも見事なキックを見せたFB竹下拓巳(4年)。ここは難なくきめて8-5とリード。

前半22分京産大はFB竹下拓巳のPGが決まって8-5

前半22分京産大はFB竹下拓巳のPGが決まって8-5

京産大SH土永旭(2年)

京産大SH土永旭(2年)


さらに前半28分、京産大はFWとBKが連携した連続アタックでゴールに迫ると、アウトサイドにできたスペースへCTB家村健太(4年)がキックパス。これをWTB高井良成(3年)がキャッチしそのままトライ。13-5とリードを広げた。

前半28分京産大はFW戦で優位にたって前進するとCTB家村健太が裏スペースへキックパス

前半28分京産大はFW戦で優位にたって前進するとCTB家村健太が裏スペースへキックパス

これがWTB高井良成につながりトライ。13-5とリードを広げた

これがWTB高井良成につながりトライ。13-5とリードを広げた

スタンドには地元天理のノンメンバーが応援に駆けつけた

スタンドには地元天理のノンメンバーが応援に駆けつけた



天理CTBマナセ・ハビリにハンドオフされながらも最後まで食らいつきスピードをとめた京産大WTB中村太一

天理CTBマナセ・ハビリにハンドオフされながらも最後まで食らいつきスピードをとめた京産大WTB中村太一

FB上ノ坊俊介(1年・石見智翠館卒)

FB上ノ坊俊介(1年・石見智翠館卒)

前半34分NO8パトリック・ヴァカタがタックルを交わしてライン際を突破しそのままトラ

前半34分NO8パトリック・ヴァカタがタックルを交わしてライン際を突破しそのままトラ


追いかける天理は、34分NO8パトリック・ヴァカタ(2年)がトライ。福本のゴールも決まって12-13の1点差に迫る。

角度のある位置から福本優斗がゴールキックを決めた12-13と1点差

角度のある位置から福本優斗がゴールキックを決めた12-13と1点差

すぐさま京産大は相手からボールを奪うと

すぐさま京産大は相手からボールを奪うと

直後の37分、京産大は中盤のエリアでラックサイドからボールを奪うとSH土永旭が左サイドに流れ、揺さぶりをかけてLOフナキ・ソロモネへパス。そのままタッチライン際をぬけてトライ。18-12と再びリードを広げた。

京産大LOフナキ・ソロモネが突破してトライ18-12と再びリード

京産大LOフナキ・ソロモネが突破してトライ18-12と再びリード

天理は前半41分ゴール前モールからNO8ヴァカタがトラ

天理は前半41分ゴール前モールからNO8ヴァカタがトラ


それでも前半終了間際の41分、天理は敵陣ゴール前のラインアウトからモールを押し込みNO8ヴァカタがトライ。難しい角度のコンバージョンを福本がしっかり決めて19-18と逆転して前半を終えた。

再び難しい角度のゴールを福本優斗がしっかりきめて19-18と天理が逆転して前半を終えた

再び難しい角度のゴールを福本優斗がしっかりきめて19-18と天理が逆転して前半を終えた

前半はシーソーゲーム。まさに五分の戦いだった

前半はシーソーゲーム。まさに五分の戦いだった

京産大FL井上康晴(3年)の突破

京産大FL井上康晴(3年)の突破


FWとBKが連動したフェイズを重ねた天理が後半6分CTB上野楓太のトライで後半最初のスコアをあげる

FWとBKが連動したフェイズを重ねた天理が後半6分CTB上野楓太のトライで後半最初のスコアをあげる



後半も互いに譲らない展開は続き、後半6分、天理CTB上野楓太(2年)のトライでリードを広げる。

後半組み方に変化を持たせて天理にプレッシャーをかけた京産大

後半組み方に変化を持たせて天理にプレッシャーをかけた京産大

追いかける京産大は前半押し込まれたスクラムに対して組み方を変えて流れを変えた。

後半16分LOラウシー・アサエリがブレイク

後半16分LOラウシー・アサエリがブレイク



後半16分、京産大はLOラウシー・アサエリ(4年)が突破、LOフナキが続き、最後はポルテレに繋がり、タッチライン際を走り抜けトライ。

LOフナキソロモネも続く

LOフナキソロモネも続く

最後はポルテレ・シオネが二人のディフェンダーからタックルを受けながらも走り抜けトライ23-24と再び1点差に縮めた

最後はポルテレ・シオネが二人のディフェンダーからタックルを受けながらも走り抜けトライ23-24と再び1点差に縮めた

後半26分PR松野楓舞(2年)がトライを決め天理が再び逆転

後半26分PR松野楓舞(2年)がトライを決め天理が再び逆転


後半21分、京産大はFB北山絢大(4年)のPGで26-24とリードするも天理も後半26分、PR松野楓舞(2年)のトライで再び逆転。盛り上がる天理メンバー。キャプテンの照井悠一郎(4年)、誰よりも早く戻り残り10分に備えた。

照井悠一郎キャプテン

照井悠一郎キャプテン

京産大は前半押されたスクラムを後半になって修正、それに対応しきれない天理はプレッシャーを受け自陣での時間帯を余儀なくされる。後半38分、スクラムペナルティーでゴール前ラインアウトのチャンスを迎えた京産大はフェイズを重ね、アウトサイドにスペースを作るとSO西仲隼(4年)がキックパス。

後半38分SO西仲隼のキックパス

後半38分SO西仲隼のキックパス

WTB高井良成にわたり、3人のディフェンスをかいくぐり同点のトライ

WTB高井良成にわたり、3人のディフェンスをかいくぐり同点のトライ


前半同様にWTB高井良成がキャッチしてトライ31-31の同点とした。コンバージョンが決まれば京産大が劇的な逆転勝利というところだったが、北山がけったボールはゴールをかすめ失敗。31-31の同点で両校優勝で大会は幕を閉じた。

天理・小松節夫監



春のトーナメントでの決勝ということで京都産業大学さんは今までの試合を見てると、かなり調子が上がってるなっていうことで、春のオープン戦で最初の試合では勝利することができたんですけど、その後考えたらまた今日ゲームはイーブンで、挑戦者という形で試合に臨みました。前半はもう少し反則が多くて、京都産業大学さんのペースでゲームを進められてしまって。

後半修正しようと言ったんですけれども、途中からまたスクラムの方がちょっと安定感欠くような形で、京都産業大学さんの良い形でゲームを進めてしまったと反省点です。しっかりと自分たちの形になるように練習して、シーズンには向かいたいと思います。


――この大会で優勝する意義はどのように考えていますか?


今6回目くらいですかね。回を重ねるたびにこの大会の重みというのは増えてきたのかなと思いますね。ですから春ですけれどもしっかりと優勝目指して練習してきましたし、それにふさわしいゲームになるように準備してきました。でも今日やってみて、お互いにいいところも悪いところも出てますけども、レベルとしてはそんなに低いレベルではなかったですし、一つシーズンを占うという意味では良い大会だなと思っています。

――この大会から天理にとってはシーズンいい方向へいきそうな感じですか?


今の時点で足りないところとか、まだまだこれから修正していかないといけないというところが見えたので、今日はそういう意味ではいい試合だった。

京産大はスクラムでペナルティを獲得し敵陣へ入る

京産大はスクラムでペナルティを獲得し敵陣へ入る




――春からやってきて手応えや課題


昨年シーズンで京都産業大学さんに負けて、全国大会で京都産業大学さんは帝京大学に肉薄するような試合をされて、その勢いで今されてると思います。

関西のレベルを考えてもやっぱり今日はいい勝負をしないといけないと思いましたし、そういう中では、今日のゲームに関してはちょっと春からやってきたようなところがあまり上手く出なかったなあっていう気もしますし、向こうの強いポイントっていうのもちょっと止めれてなかったので、内容的にはまだまだ課題が残りますけども、でも強い京都産業大学さんと考えたときに、悪くなった気はします。

――今シーズン重点的にやってきたことは


ボールの継続ですかね。ちょっとやっぱりディフェンスのところと、規律を持ってしっかりとアタック・ディフェンス共に戦うというのはちょっと前半、規律が乱れたなと思います。




――秋優勝するためには、京都産業大学を倒さないといけない。


現時点で天理大学と京都産業大学というのは優勝争いをするチームだと思いますので、秋には他のチームもまた上がってくると思います。関西のレベルはもう少しあがってくるのかなと思っていますので、うちとしてはどれだけ伸びるかということですかね。うちのレベルをしっかり上げていかないと。秋に京都産業大学さんに勝つためにはどうしたらいいか考えながら。


天理大学 FL照井悠一郎キャプテン



その自分たちがまずやろうとしていたことが、前半はペナルティ重ねたりしてなかなか出せなくて、そこで後半はしっかり修正していこうという話だったんですけど、なかなかうまくいかない時間もあって、相手の強いところでも天理は受けてしまって、そこで京都産業大学さんのペースになってしまったかなと思ったんで、天理もいいところあったんですけど、そこで、受けてしまうと、なかなかしんどい時間が多かったんで、そこは修正点だとと思います。

優勝して負けなかったことはプラスにとらえていいと思っていますけど、自分の弱いところ、修正点ははっきり見えたのでそこをもう1回、基本的なフィジカルのところだったり、細かいグループのスキルをもってあげていかないといけないと思います。チーム力はまだまだ足りないので、夏でチームとしてのいい形を作ってシーズンに向かいたい。

――前半良かったスクラムが後半変わってしまったのは


FWのトークの中では、相手が組み方を変えてきたところに対して、なかなかすぐに対応できなかったというと、組んで思ったのは、しんどいときにいつものスクラムを組めなかった。最後は全員気持ちも入って、ここしっかり取りに行くっていう気持ちで組んでたんで、そんなに圧倒されることもなかったんですけど、中盤しんどいときに気がが抜けたところで、ちょっとバラバラになってしまって、ああいう形になってしまったと思います。



――秋優勝するためには、京都産業大学を倒さないといけない。


春もすごく成長出来た時があったと思いますが、(周りと)同じ時間を過ごしたら、他の大学さんとの差はつけられないと思うんで、もっとしっかり自分たちにベクトルを向けて、厳しさをもって夏準備して、秋は差をつけて挑みたい。

京都産業大学 廣瀬佳司監督

京産大・廣瀬佳司監督

京産大・廣瀬佳司監督

ここまで今年強化していまして、一つ本日の試合がやってきたことのバロメーターになるんだろうなあと思って臨みs選手たちはベストを尽くしてくれましたので満足してますし、これから取り組むべき課題みたいなものが明確になってきたので、これをモチベーションにして、これからシーズンに向けて強化していきたいなと。に思うような試合をしてくれたと思います。


――この大会で優勝する意味


春シーズンなので、スコアとかの勝敗っていうのはあまり気にしないよっていう学生が言っていたものの春のタイトル取りたいなというところもあって、これが選手の自信にも繋がりますし、自分の自信に繋がるし、毎週毎週、厳しい練習をするモチベーションにもなるということで、そういう意味ではやっぱそのタイトル取れて、よかったなと。学生よくやってくれたなと思います。

――収穫と課題


収穫は、毎週試合をしているものですから、その試合を振り返りをして、毎週課題をもってチーム力を伸ばしていくことができた。関西リーグ、みんな強化が進んで厳しい試合がたくさんありましたけども我々もしっかりチームとして成長できているなと感じられたのは収穫ですね。あとはこれから夏でしっかり走り込んで、今日出た課題をしっかり修正して秋にむけて強いチームを作るということです。


――ポルテレ選手について


すごくポテンシャルポテンシャルが高くて、どこのポジションで使おうかなっていうのを迷っていたんですけども、チーム全体の中で最適な位置を探して今やってます。まだWTBに決めたわけではないですけれども。そうやってやってきた中で今日はうまくいったなと思います。彼はやっぱりすごくうちにいる留学生全員なんですけど、そうか勤勉で努力家でこちらも良い刺激をもらっているような感じです。ポルテレも上級生のアサエリとかソロモネとかと一緒にチームにいい影響を与えてくれています。彼は高校ではNO8でPRもやってたりとかしますし、うちの留学生のポジションとか考えたり、うちのチーム状態を鑑みて最適な位置を探していきたいと思って春やっていました。


京都産業大学 FL福西隼杜キャプテン

FL福西隼杜キャプテン

FL福西隼杜キャプテン


入り前半、結構いい入りできて、でも前半が終わってから後半もしっかりいい入りしようと行ったところで、確か先制取られてしまって、その入りのところをやっぱりずっと春やってきたんで、その後半入るところをいけたい行けたらと思います。全力を尽くせたので良かったと思います。


――気持ちとしてこの同点となって終えたことが、嬉しいのかそれとも勝ちたかったのか?


一番は勝ちきりたかったっていう気持ちが試合終わってからみんな言っていました。


――けが人も複数人いると思いますがチームとしてレベルがあがったなと感じる部分は


けが人も春先にいたんですけど、その選手らが戻ってきて、まだ出てない選手もいますけど、今いるベストプレーヤーが試合に出ているかなと。後半、セットプレーを修正できたというのが良かったと思いますし、アタック・ディフェンス共に、チームスローガンである「タフ」というところを心がけてプレーできたのが良かったと思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ