「6月の最終戦でゼロに抑えられたことは最大の成果」PR稲垣啓太「セットピースはこの1ヶ月で大きく安定した」 | Rugby Japan 365

「6月の最終戦でゼロに抑えられたことは最大の成果」PR稲垣啓太「セットピースはこの1ヶ月で大きく安定した」

2018/06/24

文●斉藤健仁


目標の3連勝とはいかなったが、テストマッチ3連戦の最終戦でジョージア代表相手に無失点で勝利したジェイミージャパンことラグビー日本代表。その1列を務めるPR稲垣啓太は、このキャンペーンを含む1ヶ月でのチームの成長を確かなものして感じることができたと試合後話をした。

「以前より遥かに自分たちのスクラムが真価できたことに気づけた」

この試合のファーストスクラム。

この試合のファーストスクラム。

相手ボール(のスクラム)でプレッシャーかけられる場面が何度もありました。以前より遥かに自分たちのスクラムが進化できたことを気づくことができた。いかんせん、ペナルティー2個取られてしまった。押されたペナルティーより、レフリータイミングが合わなかった。コールが聞こえない状態で組みはじめた。そこはいいとして、あとはスクラムを落とした後でも彼らが押そうとしてくる。そこのイメージで(レフリーにペナルティー)吹かれた。そこは(駆け引きの部分で)反省したい。

――後半9分のトライの前のスクラム、思ったとおり?


あまりプレッシャーを感じなかったので、逆にプレッシャーかけられるんじゃないかと前半終わった後、話をしていて、後半入った後、陣地によってですが、やってみようと話していた。(狙ってやった?)はい。


――9分のトライの前のスクラム、少し押された?


そこがレフリーの声が聞こえなかった(スクラム)。頭が入っていない状態でスクラムはじまっていた。肩でやっていた。そこだけ、あとでビデオで見たい。(次はプレッシャーかけていこうと?)はい。


プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ