大阪桐蔭が5大会ぶりにベスト4進出!流経大柏ノーシードからの躍進、歴史を変えるまであと一歩及ばず | ラグビージャパン365

大阪桐蔭が5大会ぶりにベスト4進出!流経大柏ノーシードからの躍進、歴史を変えるまであと一歩及ばず

2024/01/04

文●編集部


1月3日、第103回全国高校ラグビー大会は準々決勝4試合が行われた。大阪桐蔭(大阪第2)は、流経大柏(千葉)と対戦し、19-13で接戦を制し、奥井章仁(現・帝京)、江良楓(同)など現在大学選手権で日本一を目指している二人を擁し優勝した2018年度以来5大会ぶりにベスト4進出を果たした。

流経大柏はノーシードながら、Bシード・尾道(広島)、天理(奈良)に勝利しベスト4入りをかけたが、前半リードして折り返すも、後半2トライを奪われ逆転を許すと、後半ノートライに終わり敗退した。

前半3分流経大柏・SH三田村喜斗のPGで3-0

前半3分流経大柏・SH三田村喜斗のPGで3-0


空中戦

空中戦


流経大柏NO8佐藤椋介のゲインから

流経大柏NO8佐藤椋介のゲインから



前半31分流経大柏がFB丸岡大地斗のトライで13-7とリードして前半を終えた

前半31分流経大柏がFB丸岡大地斗のトライで13-7とリードして前半を終えた




大阪桐蔭は後半2分モールを押し込みインゴールへ

大阪桐蔭は後半2分モールを押し込みインゴールへ


HO西野陽がトライ

HO西野陽がトライ


大阪桐蔭が後半29分HO西野のハットトリックで試合を決めた

大阪桐蔭が後半29分HO西野のハットトリックで試合を決めた



大阪桐蔭 綾部正史監督

激闘を制した大阪桐蔭が5大会ぶりのベスト4進出

激闘を制した大阪桐蔭が5大会ぶりのベスト4進出



(ベスト4について)3年生は本当によくやっているなと思います。去年ここで結果がでなかったので、それを越えたかった。(準決勝は)粘り強くディフェンスするだけです。チャレンジャーなんで。

(選抜大会では28点差で敗れた。どのくらい縮まっている?)いやあ、やってみないとわからないですね。ただもううちはラストのゲームという位置づけでいけますし、本当にchレンジャーとして胸借りて、もうめいいっぱいやるだけですね。60分楽しみながら表現させたいと思います。


(相手もフィジカルが強い。ポイントとなるのは)当たった後のリアクションだったり当たった後にきちんとしたプレーができるかどうかというところだと思います。


(関西勢としては唯一残ったということについて)大阪のプライドを持って、60分の全国大会でどんな試合をするかということを考えながら、子どもたちとずっと時間を過ごしているので、当然チームの目標は2度目の全国制覇というところですけど、選抜で(負けた)とういこともあるんで、そういう部分が大きいです。近畿で考えた時に我々1校なので、しっかり高校ラグビーの楽しい、正しい時間を見せたいなと思います。


綾部正史監督

綾部正史監督



(スクラムについて)1.5メーターに対してでもこだわってやってきている部分あります。1.5メートルだからこそこの部分を8人がしっかり組んで、そこからいい球をBKに出せるか出せないかというのは、そのあとの連続攻撃に対して随分変わってくると思います。ですのでしつこいくらいスクラム練習しています。



(スクラムやモールは)僕自身が軽視したくないところですね。彼らは大学もありますし、社会人もその先もと見た時にやっぱりスクラムが強いフロントローじゃないといけないと思いますので、ハードじゃないといけない。モールの仕方一つ知らないFWを大学に(出すというふうには)おもっていないんで、やっぱり長い彼らのラグビー人生においてセットピースというのは、今練習しないと。こだわってますね。


(こだわりで一番重視しているのは)「低くバインド」です。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ