【PR】丸の内15丁目プロジェクト・女子ラグビー3選手デザイン、オリジナルマスク&トートバックプレゼント | ラグビージャパン365

【PR】丸の内15丁目プロジェクト・女子ラグビー3選手デザイン、オリジナルマスク&トートバックプレゼント

2021/07/04

文●編集部


「にわか」ファンよ女子ラグビーへ! 2019年のラグビーW杯で初心者ファン向けのイベントを次々と仕掛け「にわか」ブームを巻き起こしたラグビー応援企業・三菱地所の「丸の内15丁目プロジェクト」が今度は女子ラグビーをプッシュ。

女子ラグビーの第一線で活躍しながらSNSなどで発信を続ける3選手のオリジナルデザインによるトートバッグ&マスクを製作しました。

プロデュースを担当したのは、女子ラグビーのオピニオンリーダーとしてYoutubeなどSNSで発信を続ける青木蘭選手(横河武蔵野アルテミスターズ)、2017年W杯サクラフィフティーンのラベマイまこと選手(横河武蔵野アルテミスターズ)、福島わさな選手(前東京山九フェニックス)の3人。デザインモチーフは、それぞれラベマイ選手が「共生」、福島選手が「歓声」、青木選手が「絆」。本人たちがコンセプトを語ります。

A 「絆」 青木蘭

ラグビーは性別、国籍、人種関係なく人と人を繋げてくれるスポーツです。グラウンドに行けば大好きなラグビーと仲間が待っている。
この1年、そんな当たり前が難しくなった日が何日もありました。でも今だからこそ生まれた新たな「つながり」に救われた1年でもありました。


1人じゃない、ラグビーで繋がっていけるそんな「つながり」を感じていただけると嬉しいです。

7枚の花びらをセブンズの選手たちを意識して紗綾型の中に。


B 「共生」 まことラベマイ

人種、性別、体型、価値観。さまざまな人が同じ世界に生きている中で、それぞれがお互いに認め合い尊重し合って、自分らしく生きられる社会がもっともっと広がればという思いをテーマに市松模様の素敵な柄を作っていただきました。

色んな国籍、性別、体形の選手が1つのグラウンドに立って一緒に戦うラグビーに通じるテーマです!

C 「歓声」 福島わさな

新型コロナウイルスの流行により、ラグビーの大会が次々となくなりました。ぶつかる音、ボールの音、選手の声、歓声が消え、選手もファンも沢山我慢をしないといけない日々が続きました。

このマスクには、少しでも早くみんなで大きな声を出してラグビーを楽しめる日々が来ますように、という願いが込められています。


今回は各10セットをRJ365読者にプレゼントします。
ご希望のデザイン(A、B、C)を明記の上、以下のフォームよりご応募ください。

応募期限:2021年7月13日(火)まで



たくさんのご応募ありがとうございました!

「丸の内15丁目プロジェクト」からのお知らせ

引き続き、東京五輪のセブンズと来年の男女ワールドカップセブンズ、女子15人制のワールドカップ2021NZ大会(PLAYING2022)、そして男子15人制のワールドカップ2023に向け、ニワカのみなさんをさらに巻き込んで盛り上げていきます。どうぞ「住民登録」をお願いします!


https://marunouchi15.com/

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ