東北&クライストチャーチ復興祈念チャリティーイベント2018を開催!伊藤剛臣さん・大野均さん・アンドリューマコーミックさんが登壇 | Rugby Japan 365

東北&クライストチャーチ復興祈念チャリティーイベント2018を開催!伊藤剛臣さん・大野均さん・アンドリューマコーミックさんが登壇

2018/02/07

文●編集部


今回で7回目となる「東北&クライストチャーチ復興祈念チャリティーイベント2018」を3月10日(土)16:30から東京・丸ビルで開催することが決定し、申込開始となりました。前回同様、お早目のご予約を。

釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)

釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)

《定員に達したため、申し込み受付を終了いたしました。多数のお申し込みありがとうございました》

釜石が世界と出会う! ラグビーワールドカップ開催まであと1年半と迫りました。

試合日程も決まり、日本各地で大会への準備が進められています。人口3万人台、国内開催12都市で最も小さな町である釜石市でも、スタジアム建設を含め準備が進んでいます。

世界3大スポーツイベントのひとつ、ラグビーワールドカップの釜石開催は、きっと東北に元気と活気と、経済効果をもたらしてくれるでしょう。そして、釜石でのワールドカップ開催は岩手だけ、東北だけ、日本だけのイベントではありません。

東日本大震災のわずか17日前、ラグビー王国ニュージーランドでは南島のクライストチャーチが震災に襲われ、半年後に開かれたワールドカップでは予定されていた試合がすべて他会場に移されました。オールブラックスが第1回大会以来の優勝を飾った大会ながら、NZで最もラグビー熱の高い都市クライストチャーチで試合は行われなかったのです。そんな経験があったからこそ、同じ時期に震災に見舞われた釜石市のワールドカップ開催そして成功は、クライストチャーチの方々にもきっと喜んでもらえるでしょう。


第1部は伊藤剛臣さん、大野均さん、アンドリュー・マコーミックさんによるトークセッション

私たちNPO法人スクラム釜石は、震災から1年が経過した2012年から毎年、この時期に「東北&クライストチャーチ復興祈念チャリティーイベント」を開いてきました。

7回目となる今回は、震災翌年の2012年に釜石シーウェイブスに移籍し、46歳の今季まで被災地に勇気を与え続けた伊藤剛臣さん、2015年ワールドカップで日本代表最年長で南アフリカ撃破の一員となり、40歳を迎える来季も現役続行する福島県出身の大野均さん、そしてクライストチャーチ出身で釜石シーウェイブスでもプレーしたラグビー元日本代表主将のアンドリュー・マコーミックさんをお招きし、被災地同士の連帯と復興祈念の思いを込めつつ、釜石ワールドカップへの期待を語り合いたいと考えています。

 

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ