釜石の新たな船出に、レジェンドたちが集結!新日鐵釜石対神戸製鋼・リポビタンDレジェンドマッチ | Rugby Japan 365

釜石の新たな船出に、レジェンドたちが集結!新日鐵釜石対神戸製鋼・リポビタンDレジェンドマッチ

2018/08/20

文●編集部


2018年8月19日、ラグビーワールドカップ2019年のために新設された釜石鵜住居復興スタジアムの完成を記念しておこなわれたイベントで、日本選手権7連覇を果たした伝説の2チームが集結した。試合を終え、新日鐵釜石OB・松尾雄治さん、神戸製鋼OB・林敏之さんに話をきいた。

「ラグビー日和に尽きるよね。」松尾雄治さん

やっぱり(皆)昔のプレーと一緒だね。迫力がないだけで。平尾(誠二)さんいたらもっと楽しかっただろうけど。やるもんじゃないね。これから、本物(ヤマハと釜石SWの試合)を見るとその違いがわかると思いますよ。

入場前に部歌を歌う新日鐵釜石OB

入場前に部歌を歌う新日鐵釜石OB

ぼくは、考えたこともなかった。みんなそうだったと思います。ここにこんな凄いスタジアムができるなんて。だからラグビー冥利に尽きるよね。小さい頃からラグビーしかやってこなかった。勉強なんかしないで。そんな男が釜石に来て、9年間、ラグビーをやらせてもらって。ラグビーやっていて本当に良かったなと思いますし、こうやって応援してくれる一人一人の方々に感謝したい。

観客にプレゼントするボールを持つ、林敏之キャプテン(左)と松尾雄治さん

観客にプレゼントするボールを持つ、林敏之キャプテン(左)と松尾雄治さん

そういう方々がいてくれたからこそ、『釜石でラグビーワールドカップやろうよ』という声がどこからか上がったと思う。なにより力ある人に頼んだわけでもないし、日本中のどこでラグビーワールドカップをやろうか、ということをラグビー協会が公平平等に考えてくれて、釜石ということを言ってくれたんだと僕は信じています。

両チームが入場。冨岡剛(WTB/FB)さん

両チームが入場。冨岡剛(WTB/FB)さん

今スポーツ界いろいろとありますけれども、ラグビー界はまだまだ、公平平等があるよね。それがあったからこそ、このスタジアムがあって、ラグビーワールドカップが釜石にやってくるんだと思うよ。

泉秀仁(FL/WTB)さん

泉秀仁(FL/WTB)さん

 

釜石招致を始め本スタジアムの建設スクラム釜石代表、石山次郎(PR)

釜石招致を始め本スタジアムの建設スクラム釜石代表、石山次郎(PR)

 

「まるで夢みたいな話だよ」

キックオフを前に記念撮影:新日鐵釜石OB

キックオフを前に記念撮影:新日鐵釜石OB

まるで夢みたいな話ですよ。グラウンドに行ったら、本当に凄いグラウンドなんだもの。ピッチが。本当に素晴らしい。土を踏んでみて。開放感も。一生の思い出がまた一つできました。東京では味わえない、全部が山に囲まれて。

キックオフを前に記念撮影:神戸製鋼OB

キックオフを前に記念撮影:神戸製鋼OB

 

神戸製鋼・綾城高志さん(WTB/FB)のキックオフでレジェンドマッチが始まった

神戸製鋼・綾城高志さん(WTB/FB)のキックオフでレジェンドマッチが始まった

ラグビーは皆さん見てわかるように、一人ではなんにもできないスポーツなんですよ。ボール持って一人でなんとかしろ、と言ったって何にもできやしない。平尾だろうが、松尾だろうが、大畑(大介)だろうが。みんなでボールをつないで、みんなで助け合って、ボールというみんなの心というか気持ちがいっぱい詰まったものを、大事につないでトライをとろうとする、そういうスポーツですから。そういう意味では、良いスポーツだなと思うし、社会の縮図だと思う。

 

神戸製鋼No8大西一平さんからWTB冨岡剛さんにパス

神戸製鋼No8大西一平さんからWTB冨岡剛さんにパス

 

泉さんのトライで新日鐵釜石OBが先制。

泉さんのトライで新日鐵釜石OBが先制。

――来年、この釜石でラグビーワールドカップが開催されます。


松尾さん 今はまだ、そこまで想像が出来ないですけど、たくさんの方々に来てもらいたい。釜石の土地に来て、我々の『新日鐵釜石』というチームがあったんだということ、それを世界の人たちに知ってもらうことは我々にとって誇りです。


キッカーは!? 結局泉さんがコンバージョンキック。

キッカーは!? 結局泉さんがコンバージョンキック。

 

――多くの釜石の方々が来場して、大漁旗がふられていました。


みんなに応援されていたことを改めて感じましたし、国立競技場で大漁旗が舞ったときのことを思い出します。それありきでやってきたわけもなかったし、一つひとつコツコツと当時我々のチームは東北、地元の高校を卒業した選手がほとんどでした。

新日鐵釜石OB松尾雄治さん(SO)

新日鐵釜石OB松尾雄治さん(SO)

 

日本ラグビーフットボール協会広報部長を務める、藪木宏之さん

日本ラグビーフットボール協会広報部長を務める、藪木宏之さん

我々のときは大学生は4人しかいませんでした。30人くらい高校生ですよ。その中に『一級品(の選手)』なんて桜庭(和彦・現釜石シーウェイブス監督)くんと泉(秀仁)くんかな。それくらいですよ。それ以外は高校の2軍みたいな選手ばっかり。それが釜石でラグビーすると、あっという間に凄い選手になってしまう。そりゃ、僕の力ですね(笑)。うそうそ。

神戸製鋼OB大八木淳史さんがステップを切る

神戸製鋼OB大八木淳史さんがステップを切る

 

神戸製鋼OBの冨岡剛さんがトライを決める。サポートに着くのは広瀬良治さん

神戸製鋼OBの冨岡剛さんがトライを決める。サポートに着くのは広瀬良治さん

 

神戸製鋼OB・福本正幸さん(PR)

神戸製鋼OB・福本正幸さん(PR)

 

神戸製鋼OB・杉本慎治さん(FL)

神戸製鋼OB・杉本慎治さん(FL)

 

綾城さんが、松尾さんのタックルをかわしトライ!

綾城さんが、松尾さんのタックルをかわしトライ!

 

 

「僕にとって釜石は『第二の故郷』」

松尾さんのキックでゲームが再開。今でも現役当時と変わらないフォーム。

松尾さんのキックでゲームが再開。今でも現役当時と変わらないフォーム。

 

レフェリーは、往年の試合も何度も吹いた真下昇さん

レフェリーは、往年の試合も何度も吹いた真下昇さん

――松尾さんにとって『釜石』とは。


僕の第二の故郷ですよ。僕を育ててくれて、色々な物の考え方から全て、僕に教えてくれた土地ですから。


釜石No8小笠原常雄さんからSH坂下功正さんへの「ハチキュウ」

釜石No8小笠原常雄さんからSH坂下功正さんへの「ハチキュウ」

 

釜石SO松尾雄治さん、絶妙のパスダミー

釜石SO松尾雄治さん、絶妙のパスダミー

 

釜石FB谷藤尚之さん、本当に67歳ですか?

釜石FB谷藤尚之さん、本当に67歳ですか?

 

OBマッチとはいえやはりコンタクトはしっかり

OBマッチとはいえやはりコンタクトはしっかり

 

ノーサイド。両チーム健闘をたたえて握手

ノーサイド。両チーム健闘をたたえて握手

 

 

――東日本大震災の被災地である釜石がここまで復興できたということについて


僕は、スポーツ選手だから。被災ということはスポーツ選手にとってみれば、『重傷』ですよ。スポーツ選手は『重傷』を負っても、ケガが治るまで辞めないで、他を鍛えて、この『重傷』が治ったときにはもっと強い選手になるんだという思いをもってるんですよ。釜石も(スポーツ選手と同じように)やってきたと思うんですよ。

これからもこの被災は忘れないけれども、この被災があったからこそ、郷土愛だとか、一致団結して一つのことをやっていこうという気持ちは芽生えてきていると思います。それを続けてほしいですし、こんなこと言うと怒られてしまうかもしれませんが「この被災があったから、釜石は強くなったんだ」とような、マイナスをプラスに変えていく気持ちを持っているのが釜石だと思うし、ぜひ、亡くなられた方もいるし、僕の先輩も亡くなられたし、言葉に言い表せないくらい苦しいですけど、だけどそれを乗り越えて強くなっていこう、それが人の生きる道なんじゃないかな。

 

「日本全体で盛り上げていかないと」林敏之さん

鵜住居復興スタジアム、完成おめでとうございます!新日鐵釜石さんは我々、神戸製鋼が目標にしていたチームです。本当に我々の青春そのもの。熱い青春時代を送ることが出来ました。同じ、港町、鉄の会社、震災もありました。いろんな意味で深いつながりを感じています。

この記念すべき日に、試合をさせてもらうことを本当に嬉しく思っています。ラグビーの絆が今もつながっています。ラグビーやっていて本当に良かったなと感じています。私も河川敷のグラウンドを走ってからラグビーをはじめましたけど、子どもたちがいっぱい、このグラウンドから世の中に出ていて、いろいろな人材が生まれていくことを本当に願っています。


――ワールドカップまで、あと1年です。


日本全体で盛り上げていかないといけないと思います。もちろん日本代表にも頑張ってほしいと思いますが、それだけでなくて、(他の国同士の)一つ一つの試合で物語が生まれてほしいですね。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ